ビタタイムBB錠の効能・用量・副作用など

ビタタイムBB錠の基本情報

ビタタイムBB錠

ビタタイムBB錠

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 ビタミンB2主薬製剤
形状 錠剤
製造販売会社 米田薬品
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

ビタタイムBB錠の特徴

ビタタイムBB錠は,にきび,肌あれ,口内炎など皮膚・粘膜のトラブルの改善と,疲れたとき,病気のとき,脂肪分の多い食事をとったときなどのビタミンB群補給に適しています。
主成分に持続型のビタミンB2を使用し,さらにビタミンB6・ビタミンB1・ニコチン酸アミド・パントテン酸カルシウムなどのビタミンB群5種を含有している,小型で飲みやすい錠剤です。

ビタタイムBB錠の効能効果

●次の諸症状※の緩和:
にきび,肌あれ,口内炎,口角炎,口唇炎,舌炎,湿疹,皮膚炎,かぶれ,ただれ,赤鼻,目の充血,目のかゆみ
●次の場合のビタミンB2の補給:
肉体疲労時,妊娠・授乳期,病中病後の体力低下時

ビタタイムBB錠の用法用量

次の1回量を朝夕食後,水またはお湯でかまずに服用してください。
[年齢:1回量:服用回数]
15才以上:1錠:1日2回
15才未満:服用しないでください
(用法関連注意)
(1)定められた用法・用量を厳守してください。
(2)錠剤の取り出し方
錠剤の入っているPTPシートの凸部を指先で強く押して裏面のアルミ箔を破り,取り出してください。
(誤ってそのまま飲み込んだりすると食道粘膜に突き刺さる等思わぬ事故につながります。)

ビタタイムBB錠の成分分量

2錠中
リボフラビン酪酸エステル(ビタミンB2) 20mg
ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6) 50mg
チアミン硝化物(ビタミンB1) 20mg
ニコチン酸アミド 60mg
パントテン酸カルシウム 30mg
(添加物)
乳糖水和物,タルク,ヒドロキシプロピルセルロース,乳酸カルシウム水和物,ステアリン酸マグネシウム,セルロース,ケイ酸アルミニウム,カルメロースカルシウム(CMC-Ca)

ビタタイムBB錠の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この説明文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹
消化器:胃部不快感,胃部膨満感,食欲不振,吐き気・嘔吐
2.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,この説明文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
下痢
3.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この説明文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください

ビタタイムBB錠の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わります。)
(4)本品はシュガーフリーの裸錠です。湿気や光により影響をうけやすいので,品質を保持するために,必ずアルミ袋に入れて,袋の口を折り返して保管してください。
(5)使用期限を過ぎた製品は,服用しないでください。

ビタタイムBB錠が気になる人向けのコラム

今が始めどき!「舌下減感作療法」で来年の花粉症がラクになる

今年の春も多くの人が悩まされた花粉症。スギ花粉のシーズンが過ぎ、やっと楽になったと胸をなで下ろしている人が少なくないと思いますが、来年の春のために今からはじめる花粉症治療があります。 一般的な花粉症薬のような対症療法とは違い、花粉症の... 続きを読む

口内炎は「疲れ」のサイン?-口内炎の原因4つと改善・予防法

気がつくと口の中にできている厄介者“口内炎”。放っておいても治るものがほとんどですが、食事のたびにしみて痛いし、気になっていやなものですよね。なかにはひんぱんにできて「また口内炎か!」と憂うつになる人もいるのでは?
口内炎は、口の中の... 続きを読む

舌の色や形で健康状態が分かる-色・形・舌苔で健康チェック!

鏡に向かって、あ~んと口を開き、自分の舌を見てみましょう。どんな色、形をしていますか?
舌はからだの情報の宝庫。舌には血液がたくさん集まっているために、血液や体液の質およびその過不足が見てとれ、体調などがよくわかります。東洋医学でも、患者... 続きを読む

飲む点滴「甘酒」で夏バテ防止‐甘酒はダイエットや美肌効果も抜群

塩麹(こうじ)に醤油麹と麹ブームが続いていますが、この季節に注目したいのが麹を使ってつくる発酵飲料「甘酒」です。甘酒というと、寒い季節に飲む体を温める飲み物というイメージが強いかもしれませんが、実は甘酒は夏の季語。
江戸時代には、冷た... 続きを読む

過活動膀胱(OAB)の診断法-まずは7つのセルフチェックから

2002年国際禁制学会(ICS)により、新たな疾患として認められた過活動膀胱(OAB)。その症状は、急に強い尿意が起こり、もれそうな感じになる「尿意切迫感」を中心として、トイレが近くなる「頻尿」や、我慢できずにもらしてしまう「尿失禁」など... 続きを読む