ビタミンC末「クニヒロ」の効能・用量・副作用など

ビタミンC末「クニヒロ」の基本情報

ビタミンC末「クニヒロ」

ビタミンC末「クニヒロ」

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 ビタミンC主薬製剤
形状 散剤
製造販売会社 皇漢堂製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

ビタミンC末「クニヒロ」の特徴

ビタミンC(アスコルビン酸)は,生理的に重要なビタミンの1つで新鮮な野菜,果物,緑茶などに多く含まれ,人の体内ではつくることができないため,医薬品やこれらの食品から摂取することが必要です。
肉体疲労時,妊娠・授乳期,病中病後の体力低下時,老年期のビタミンCの補給に必要であり,また,ビタミンCは,しみ,そばかすの原因となるメラニン色素の生成を抑制して皮膚の色素沈着を緩和します。さらに,細胞と細胞をつなぐタンパク質であるコラーゲンの生成に役立ち,毛細血管を強化し,歯ぐきからの出血や鼻出血を予防します。

ビタミンC末「クニヒロ」の効能効果

次の場合のビタミンCの補給:肉体疲労時,妊娠・授乳期,病中病後の体力低下時,老年期。
次の諸症状※の緩和:しみ,そばかす,日焼け・かぶれによる色素沈着。
次の場合※の出血予防:歯ぐきからの出血,鼻出血

ビタミンC末「クニヒロ」の用法用量

次の1回量を水またはお湯で服用してください。
ただし,服用間隔は4時間以上おいてください。
[年齢:1回量:1日服用回数]
成人(15歳以上):1g:1?2回
15歳未満の小児:服用しないこと
(用法関連注意)
[用法・用量に関連する注意]
(1)定められた用法・用量を厳守してください。
(2)添付のスプーン軽く山盛り1杯が本品約1gです。
[成分に関連する注意]
本剤の服用により、尿および大便の検査値に影響を与えることがあります。医師の治療を受ける場合は、ビタミンCを含有する製剤を服用していることを医師に知らせてください。

ビタミンC末「クニヒロ」の成分分量

2g中
アスコルビン酸 2000mg
(添加物)
なし

ビタミンC末「クニヒロ」の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この添付文書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談してください。
[関係部位:症状]
消化器:吐き気・嘔吐
2.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続または増強が見られた場合には,服用を中止し,医師,薬剤師または登録販売者に相談してください。
下痢
3.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この添付文書を持って医師,歯科医師,薬剤師または登録販売者に相談してください。

ビタミンC末「クニヒロ」の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。なお,本剤は特に吸湿しやすい製剤ですから,服用のつどビンのフタをよくしめてください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)誤用をさけ,品質を保持するために他の容器に入れかえないでください。
(4)容器内に乾燥剤を入れておりますので,服用の際にはご注意ください。
(5)箱およびビンの「開封年月日」記入欄に,開封した日付を記入し,ビンをこの文書とともに箱に入れたまま保管してください。
(6)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。

ビタミンC末「クニヒロ」に効果効能が似た薬

ビタミンC末「クニヒロ」が気になる人向けのコラム

シミ、肝斑、そばかすをセルフケアで無くそう

シミにも種類がある
女性にとって老けて見えたり、不健康に見えたりする「シミ」は本当に無くなってほしいですし、できるだけ作りたくないものですよね。ただ、単にシミと言っても、様々な種類があるのをご存知でしょうか。大きく分けて「肝斑」と「そば... 続きを読む

「シミ・そばかす」はもう隠さなくて大丈夫! L-システインの効果とは?

最近、シミやそばかすが気になるという人に。美容ライターの間でも人気の高い、エスエス製薬の「ハイチオール」シリーズから、飲んで内側からシミ・そばかすを治療する医薬品「ハイチオールCホワイティア」が新発売になりました。 ハイチオールCホワイ... 続きを読む

緑茶の6つの健康効果-茶葉から淹れたお茶の方が栄養分は豊富

古くは中国から伝わったものですが、食後の一服や「ホッ」と一息というとき、また気分をしゃんとさせたいときにも、緑茶は私たち日本人にとって欠かせない飲みものとなっています。
緑茶は、かつては薬として貴族たちの間で珍重されていました。ビタミン... 続きを読む

美肌をつくるコラーゲン-ビタミンCと一緒に摂ると効果的な理由

コラーゲンといえば美肌!?
コラーゲンを主成分に「お肌のハリを保ちしわを防ぐ」とうたった化粧品や健康食品が数多く市販されていますから、みなさんよくご存じですね。でも、その効果は美肌づくりだけではなく、骨や目の老化も防ぐことを知っていました... 続きを読む

あなたは大丈夫?歯周病が分かる10個のチェックポイント

歯周病は、歯ぐき(歯肉)など歯を支える歯周組織が歯周病菌による炎症で徐々に破壊されていく病気の総称で、成人の抜歯原因の第1位です。虫歯と違って痛みなどの自覚症状がほとんどなく、見た目でも進行がわかりにくいため、気がつかないうちに抜歯が必要... 続きを読む