エマフラシンシロップの効能・用量・副作用など

エマフラシンシロップの基本情報

エマフラシンシロップ

エマフラシンシロップ

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 ビタミンB2B6主薬製剤
形状 液剤
製造販売会社 牛津製薬
販売会社 日邦薬品工業
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

エマフラシンシロップの特徴

エマフラシンシロップは,リボフラビンリン酸エステルナトリウム(ビタミンB2)・ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)をはじめとするビタミン群にヨクイニンエキスを配合した口内炎,皮膚炎等の治療内服薬です。

エマフラシンシロップの効能効果

次の諸症状※の緩和:口内炎,皮膚炎,舌炎,口角炎,口唇炎,湿疹,かぶれ,ただれ,にきび,肌あれ。
次の場合のビタミンB2B6の補給:肉体疲労時,妊娠・授乳期,病中病後の体力低下時

エマフラシンシロップの用法用量

次の量を服用してください。
[年齢:1回量:1日服用回数]
大人(15才以上):10mL:1回
11才以上15才未満:8mL:1回
7才以上11才未満:6mL:1回
3才以上7才未満:4mL:1回
1才以上3才未満:3mL:1回
6ヵ月以上1才未満:2mL:1回
6ヵ月未満:服用しないこと
※添付の計量コップをご使用ください。
(用法関連注意)
(1)用法・用量を厳守すること。
(2)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させること。
(3)ビンに直接口をつけて飲まないこと。
(4)計量コップに注いだ薬液をビンに戻さないこと。
(5)開栓後,味・においに明らかな変化があり異常を感じた場合には,直ちに服用を中止すること。

エマフラシンシロップの成分分量

10mL中
リボフラビンリン酸エステルナトリウム 20mg
ピリドキシン塩酸塩 50mg
パントテン酸カルシウム 25mg
ニコチン酸アミド 50mg
ヨクイニン流エキス 1mL (よく苡仁1000mg)
(添加物)
白糖,D-ソルビトール,クエン酸水和物,カラメル,酒石酸,安息香酸ナトリウム,メタリン酸ナトリウム,ポリリン酸ナトリウム,パラベン,エタノール

エマフラシンシロップの使用上の注意と副作用

■相談すること
1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること

エマフラシンシロップの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと。(誤用の原因になったり品質が変わる。)
(4)使用期限を過ぎた製品は服用しないこと。また,使用期限内であっても,開栓後は,品質を保持するため用法・用量を守りなるべく早く服用すること。
(5)薬液を添付の計量コップに注いだ後は,ビンの口をよく拭いて清潔にすること。また,使用した計量コップは,その都度,水でよく洗うこと。
(6)水およびその他の異物が混入しないように注意すること。

エマフラシンシロップに効果効能が似た薬

エマフラシンシロップが気になる人向けのコラム

ビタミンミネラルたっぷりの緑豆ダイエット

緑豆
緑豆と言ったら緑豆春雨をイメージする人が多いと思いますが、ダイエットのためにそのままの状態で食べるのもオススメです。
緑豆には体に嬉しい栄養がたっぷり含まれています。
老廃物の排出を助けてくれる食物繊維や、体組織を作ってくれる... 続きを読む

サプリで摂りたいビタミン・ミネラル【目的別サプリえらび】

あなたが毎日飲んでいるそのサプリ、ホントに効いてますか? 「サプリメントの効用をうたい、根づかせた人間として、今のブームに責任を感じます」と反省の弁を述べるのは、神戸大学で栄養化学を教える金沢和樹先生。30年も前に食べ物の「発がん抑制... 続きを読む

今が始めどき!「舌下減感作療法」で来年の花粉症がラクになる

今年の春も多くの人が悩まされた花粉症。スギ花粉のシーズンが過ぎ、やっと楽になったと胸をなで下ろしている人が少なくないと思いますが、来年の春のために今からはじめる花粉症治療があります。 一般的な花粉症薬のような対症療法とは違い、花粉症の... 続きを読む

口内炎は「疲れ」のサイン?-口内炎の原因4つと改善・予防法

気がつくと口の中にできている厄介者“口内炎”。放っておいても治るものがほとんどですが、食事のたびにしみて痛いし、気になっていやなものですよね。なかにはひんぱんにできて「また口内炎か!」と憂うつになる人もいるのでは?
口内炎は、口の中の... 続きを読む

舌の色や形で健康状態が分かる-色・形・舌苔で健康チェック!

鏡に向かって、あ~んと口を開き、自分の舌を見てみましょう。どんな色、形をしていますか?
舌はからだの情報の宝庫。舌には血液がたくさん集まっているために、血液や体液の質およびその過不足が見てとれ、体調などがよくわかります。東洋医学でも、患者... 続きを読む