ハイアップ内服液の効能・用量・副作用など

ハイアップ内服液の基本情報

ハイアップ内服液

ハイアップ内服液

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 ビタミン含有保健薬(ビタミン剤等)
形状 液剤
製造販売会社 日東薬品工業
販売会社 第一三共ヘルスケア
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

ハイアップ内服液の特徴

発熱性消耗性疾患・病中病後の栄養補給に

ハイアップ内服液の効能効果

発熱性消耗性疾患・病中病後・食欲不振・肉体疲労・栄養障害・妊娠授乳期などの場合の栄養補給
滋養強壮、虚弱体質

ハイアップ内服液の用法用量

成人1回1瓶(30mL)を1日2回服用して下さい。
(用法関連注意)
本剤は生薬成分により濁りがあります。まれに沈殿することがありますのでよく振って服用して下さい

ハイアップ内服液の成分分量

1瓶(30mL)中
バクモンドウ流エキス 0.7mL (麦門冬700mg)
タイソウ流エキス 0.5mL (大棗500mg)
カンゾウ流エキス 0.3mL (甘草300mg)
ケイヒチンキ 0.15mL (桂皮45mg)
クコシ流エキス 0.12mL (枸杞子120mg)
アミノエチルスルホン酸(タウリン) 500mg
リボフラビンリン酸エステルナトリウム 5mg
ピリドキシン塩酸塩 5mg
ニコチン酸アミド 20mg
(添加物)
白糖、D-ソルビトール、ハチミツ、DL-リンゴ酸、クエン酸水和物、クエン酸ナトリウム水和物、パラベン、安息香酸ナトリウム、エタノール、香料、バニリン、エチルバニリン、プロピレングリコール、アルコール0.5mL以下

ハイアップ内服液の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに服用を中止し、この外箱を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤、かゆみ
2.しばらく服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この外箱を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。

ハイアップ内服液の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない涼しい所に保管して下さい。
(2)小児の手の届かない所に保管して下さい。
(3)他の容器に入れ替えないで下さい。(誤用の原因になったり品質が変わります)
(4)表示の使用期限を過ぎた製品は使用しないで下さい。

ハイアップ内服液に効果効能が似た薬

ハイアップ内服液が気になる人向けのコラム

代謝のいい体とは? 心と体の代謝のセルフチェックして健康管理

私たちは普段の生活のなかで、「代謝」とか「新陳代謝」という言葉をときどき目にしたり使ったりすることがあります。どちらも一般的な意味では「古いものが新しいものに入れ替わること」と説明されます。健康や体の働きをテーマとするときは、もう少し絞り... 続きを読む

夏バテはの原因は暑さだけではない?自律神経の乱れが原因かも

まだまだ暑い日が続きます。この時期、食欲がない、疲れやすくだるい、眠れない、胃腸の調子が悪いといった夏バテの症状に見舞われている人が少なくないのでは?
昔は夏バテといえば、高温多湿による「暑さ負け」でしたが、現代型の夏バテはこれに加え、過... 続きを読む

食事の食べ合わせで栄養価UP-真似したい7つの食べ合わせ

昔から、「ウナギと梅干」「スイカと天ぷら」「シイタケとカニ」など、食べ合わせについては諸説論じられています。このような言い伝えは、一般的に、あまり科学的な根拠がないとされていました。
しかし最近では、複数の食品を組み合わせる食べ合わせ... 続きを読む

野菜や果物の栄養素フィトケミカル-1日どれぐらい食べるといい?

「野菜は体によい」ことは誰でも知っているでしょう。その理由は、野菜を食べればビタミンやミネラル、食物繊維がとれるからだということも、すっかり定着しています。ビタミンやミネラルは、炭水化物、たんぱく質、脂質とともに五大栄養素といわれ、食物繊... 続きを読む

【医者が教える】高齢者の在宅医療‐被災地で感じた心のケアの必要性

今年の4月下旬に東日本大震災の被災地を訪れた私は、在宅医療が必要とされている現状を目の当たりにしました。それから4カ月後の9月、甚大な被害を受けた宮城県石巻市に、在宅医療専門診療所「祐ホームクリニック石巻」を開設、地元で被災した方々をスタ... 続きを読む