マムシグロン内服液の効能・用量・副作用など

マムシグロン内服液の基本情報

マムシグロン内服液

マムシグロン内服液

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 ビタミン含有保健薬(ビタミン剤等)
形状 液剤
製造販売会社 阪本漢法製薬
医薬品区分 一般配置兼用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

マムシグロン内服液の効能効果

滋養強壮,虚弱体質,肉体疲労・病後の体力低下・胃腸障害・発熱性消耗性疾患・産前産後などの場合の栄養補給

マムシグロン内服液の用法用量

大人1日1回1瓶(100mL)を内服してください。
(用法関連注意)
◆15歳未満は内服しないこと。
◆定められた用法・用量を厳守すること。

マムシグロン内服液の成分分量

100mL中
チアミン塩化物塩酸塩 10mg
リボフラビンリン酸エステルナトリウム 2mg
ピリドキシン塩酸塩 5mg
ニコチン酸アミド 25mg
カフェイン水和物 50mg
グルクロノラクトン 100mg
イノシトール 30mg
パンテノール 5mg
アミノエチルスルホン酸(タウリン) 500mg
ニンジンエキス 86mg (人参602mg)
マムシ抽出液 1000mg (マムシ100mg)
マムシ胆乾燥末 0.1mg
ゴオウ抽出液 40mg (牛黄2mg)
(添加物)
クエン酸水和物,dl-リンゴ酸,ハチミツ,D-ソルビトール液,白糖,エタノール,安息香酸ナトリウム,パラベン,香料,エタノール0.7mL以下

マムシグロン内服液の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この容器を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
関係部位:症状
皮膚:発疹
消化器:下痢
2.しばらく服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この容器を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること

マムシグロン内服液の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない涼しい所に保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと(誤用の原因になったり品質が変わる。)。

マムシグロン内服液が気になる人向けのコラム

わたしは入れる?甲状性疾患の場合

バセドウ病の治療期間と治療費
バセドウ病は投薬治療を中心に行い、状態に合わせてアイソトープ治療や手術が行われます。治療は健康保険の対象となり、投薬治療であればそれほど高額になることはないでしょう。しかしアイソトープ治療や手術を行う場合は... 続きを読む

ヘルシーで栄養もとれるもやし炒めダイエット

もやし炒め
もやしは独特のシャキシャキとした食感が食欲を誘う、炒めものでは定番の食材です。他の野菜と比べて安価で入手しやすいことで人気です。そんなもやしは、実は栄養豊富かつ低カロリーなとても魅力的な野菜でもあるのです。高カロリーな肉をも... 続きを読む

アーモンドミルクで栄養補給しながらダイエット

アーモンドミルク
ダイエット中に低脂肪の牛乳や豆乳を飲む事は必要な栄養素を補う上で良い方法の一つですが、牛乳を飲む場合には牛乳に含まれている乳糖による乳糖不耐症による下痢、豆乳を飲む場合には豆乳に含まれるマグネシウムによる下痢などを引... 続きを読む

肉体をあるべき姿に整える奇数チベット体操

奇数チベット体操
奇数チベット体操ダイエットは、ヒマラヤの奥地で編み出された神秘の健康術「チベット体操」によるダイエットです。
チベット体操は体を巡るチャクラのバランスを整え、乱れたエネルギーを正常な状態に戻すことで肉体本来の力を引... 続きを読む

子宮頸がん検診でそのほかの婦人科疾患もチェックできる

誰もがかかるリスクを持っている「子宮頸がん」年に1度の検診をしておけば、そのほかの子宮の病気も防ぐことができます。小さなことでも相談できる、かかりつけの婦人科を見つけましょう。 30歳以上は「細胞診」と「HPV検査」の併用を 「がん... 続きを読む