リコリス「ゼンヤク」小児用の効能・用量・副作用など

リコリス「ゼンヤク」小児用の基本情報

リコリス「ゼンヤク」小児用

リコリス「ゼンヤク」小児用

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 ビタミン含有保健薬(ビタミン剤等)
形状 液剤
製造販売会社 全薬工業
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

リコリス「ゼンヤク」小児用の特徴

リコリス「ゼンヤク」小児用は,甘い生薬・カンゾウ(甘草)エキスを配合した、のみやすい味のお子さま用内服液剤です。
かぜなどの発熱性消耗性疾患や胃腸障害・病中病後などの栄養補給に適しています。
カフェインは配合しておりませんので、お休み前でも服用いただけます。

リコリス「ゼンヤク」小児用の効能効果

幼小児の発育期・偏食児・発熱性消耗性疾患・病中病後・胃腸障害・栄養障害などの栄養補給、虚弱体質、滋養強壮。

リコリス「ゼンヤク」小児用の用法用量

次の量を服用してください。
[年齢:1回量:1日服用回数]
3才以上15才未満:1びん(20mL):3回
3才未満:服用しないこと
(用法関連注意)
(1)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。
(2)食前・食後、いずれの服用でも構いません。

リコリス「ゼンヤク」小児用の成分分量

1瓶(20mL)中
カンゾウエキス 100mg (甘草500mg)
グルコン酸カルシウム水和物 100mg
リボフラビン 0.67mg
オロチン酸コリン 25mg
アミノエチルスルホン酸(アミノエチルスルホン酸(タウリン)) 100mg
パンテノール 3.33mg
(添加物)
安息香酸ナトリウム,パラベン,カラメル,チンピチンキ,白糖,水アメ,dl-リンゴ酸ナトリウム,アルコール

リコリス「ゼンヤク」小児用の使用上の注意と副作用

*本剤は小児用ですが,滋養強壮保健薬として定められた一般的な注意事項を記載しています。
■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなる。)
長期連用しないでください。
■相談すること
1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること。
(1)医師の治療を受けている人。
(2)高齢者。
(3)次の症状のある人。
むくみ
(4)次の診断を受けた人。
心臓病,高血圧,腎臓病
2.服用後、まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。その場合は副作用の可能性があるので、
直ちに服用を中止し、この製品を持って医師の診療を受けること。
[症状の名称:症状]
偽アルドステロン症、ミオパチー:
手足のだるさ、しびれ、つっぱり感やこわばりに加えて、脱力感、筋肉痛があらわれ、徐々に強くなる。
3.5?6日間服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この製品を持って医師、
薬剤師又は登録販売者に相談すること。

リコリス「ゼンヤク」小児用の保管上の注意

(1)直射日光のあたらない涼しい所に保管すること。
(2)小児の手のとどかない所に保管すること。
(3)使用期限を過ぎた製品は,服用しないこと。
(4)キャップの切り口で手指等を切らないように注意すること

リコリス「ゼンヤク」小児用が気になる人向けのコラム

ヘルシーで栄養もとれるもやし炒めダイエット

もやし炒め
もやしは独特のシャキシャキとした食感が食欲を誘う、炒めものでは定番の食材です。他の野菜と比べて安価で入手しやすいことで人気です。そんなもやしは、実は栄養豊富かつ低カロリーなとても魅力的な野菜でもあるのです。高カロリーな肉をも... 続きを読む

知っておこう!小児慢性特定疾患医療費助成制度

小児慢性特定疾患医療費助成制度とは?
「小児慢性特定疾患医療費助成制度」は子どもの健全な育成を目的とし疾患の治療方法の確立を目指す厚生労働省の『小児慢性特定疾患治療研究事業』の一環として施行されます。親は誰でも、赤ちゃんが誕生した瞬間か... 続きを読む

アーモンドミルクで栄養補給しながらダイエット

アーモンドミルク
ダイエット中に低脂肪の牛乳や豆乳を飲む事は必要な栄養素を補う上で良い方法の一つですが、牛乳を飲む場合には牛乳に含まれている乳糖による乳糖不耐症による下痢、豆乳を飲む場合には豆乳に含まれるマグネシウムによる下痢などを引... 続きを読む

痩せるだけではない断食ダイエット

断食
カロリーを摂取しなければ、体に蓄えていた脂肪を燃やしてくれるので、結果として体重が減っていきます。そんな単純な考え方から、断食をしようと思う人もいるかもしれません。
しかし断食とは、痩せるだけではないんです。もちろん断食によって... 続きを読む

ごちそうを見ると、生つばが出るのはなぜ? 1日に分泌される唾液の量

目の前においしそうなものがあると、生つばが出る。梅干しやレモンなどすっぱいものだと、想像しただけで生つばが──こんな経験は誰にでもあるでしょう。この現象は「条件反射」という言葉で説明されています。
理科の教科書に載っていたでしょうか、... 続きを読む