活寿内服液の効能・用量・副作用など

活寿内服液の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 ビタミン含有保健薬(ビタミン剤等)
形状 液剤
製造販売会社 犬伏製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

活寿内服液の特徴

滋養強壮・肉体疲労・発熱性消耗性疾患などの栄養補給に

活寿内服液の効能効果

滋養強壮,虚弱体質,肉体疲労・病中病後・食欲不振・栄養障害・発熱性消耗性疾患・産前産後などの場合の栄養補給

活寿内服液の用法用量

大人(15歳以上)1日1回1瓶(30mL)を服用してください。
(用法関連注意)
○小児(15歳未満)は服用しないでください。
○定められた用法・用量を厳守してください。

活寿内服液の成分分量

1瓶(30mL)中
ゴオウチンキ 0.4mL (牛黄4mg)
ニンジン流エキス 0.6mL (人参600mg)
チアミン硝化物 10mg
リボフラビンリン酸エステルナトリウム 12mg
ピリドキシン塩酸塩 30mg
ニコチン酸アミド 50mg
アミノエチルスルホン酸(タウリン) 500mg
イノシトール 100mg
無水カフェイン 50mg
(添加物)
クエン酸,白糖,D-ソルビトール,安息香酸ナトリウム,香料,グリセリン,アルコール0.6mL以下

活寿内服液の使用上の注意と副作用

■相談すること
次の場合は,服用を中止し,この製品を持って医師又は薬剤師にご相談ください。
1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合

活寿内服液の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。
(4)本剤は生薬エキスを配合しているため沈殿を生じることもありますが,薬効にはかわりありません。よく振って服用してください。

活寿内服液に効果効能が似た薬

活寿内服液が気になる人向けのコラム

疲労をためない体をつくるには-適度な運動と正しい姿勢が重要

運動や肉体労働で体を動かした後だけでなく、1日中オフィスワークをしていた日にも、筋肉の疲労を感じることはよくあります。筋肉疲労はどんなメカニズムで起こるのでしょうか。
筋肉は内臓と同じく、体内のエネルギーを使って働きます。その結果、排... 続きを読む

疲労をためない体をつくる part2-つかれない座り方とは

朝、起きたときに、なんとなくだるいのは、脳の覚醒レベルが低い状態になっているからです。リズム運動でこうした状態をスッキリさせましょう。
自分で一定のリズムをつくりながら、腹式呼吸やウォーキングなど特定パターンの運動をくりかえすことがポ... 続きを読む

ヘルシーで栄養もとれるもやし炒めダイエット

もやし炒め
もやしは独特のシャキシャキとした食感が食欲を誘う、炒めものでは定番の食材です。他の野菜と比べて安価で入手しやすいことで人気です。そんなもやしは、実は栄養豊富かつ低カロリーなとても魅力的な野菜でもあるのです。高カロリーな肉をも... 続きを読む

アーモンドミルクで栄養補給しながらダイエット

アーモンドミルク
ダイエット中に低脂肪の牛乳や豆乳を飲む事は必要な栄養素を補う上で良い方法の一つですが、牛乳を飲む場合には牛乳に含まれている乳糖による乳糖不耐症による下痢、豆乳を飲む場合には豆乳に含まれるマグネシウムによる下痢などを引... 続きを読む

代謝のいい体とは? 心と体の代謝のセルフチェックして健康管理

私たちは普段の生活のなかで、「代謝」とか「新陳代謝」という言葉をときどき目にしたり使ったりすることがあります。どちらも一般的な意味では「古いものが新しいものに入れ替わること」と説明されます。健康や体の働きをテーマとするときは、もう少し絞り... 続きを読む