龍虎春の効能・用量・副作用など

龍虎春の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 ビタミン含有保健薬(ビタミン剤等)
形状 カプセル剤
製造販売会社 薬王製薬
医薬品区分 一般配置兼用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

龍虎春の特徴

龍虎春は現代人のために処方された滋養強壮剤で,肉体疲労時の栄養補給とスタミナをつけるためのすぐれたききめがある医薬品です。男性・女性の方は活力を与えるために御愛用下さい。
製品の特徴
龍虎春は,5種の動物性強壮生薬,7種の植物性強壮生薬,8種のビタミン等あわせて20成分を,バランスよく配合することにより,薬効成分が血液とともに体内を巡り,新陳代謝を活発にし,滋養強壮剤として体力,抵抗力をつけ,低下した体の働きを改善します。

龍虎春の効能効果

滋養強壮,虚弱体質,肉体疲労・病中病後・胃腸障害・栄養障害・発熱性消耗性疾患・妊娠授乳期などの場合の栄養補給

龍虎春の用法用量

次の量を,食後服用して下さい。
[年齢:1回量:1日服用回数]
成人(15歳以上):2カプセル:3回
15歳未満:服用しないこと
(用法関連注意)
(1)定められた用法・用量を厳守すること。
(2)カプセル剤の取り出し方
カプセル剤の入っているPTPシートの凸部を指で強く押して,裏側のアルミ箔を破り,取り出して服用すること。(誤ってそのまま飲み込んだりすると食道粘膜に突き刺さる等思わぬ事故につながる。)

龍虎春の成分分量

6カプセル中
カイクジン末 20mg
ゴオウ 2mg
ロクジョウ末 20mg
ハンピ末 100mg
シベット散 30mg (シベット1.5mg)
イカリソウ乾燥エキス 30mg (イカリソウ300mg)
加工大蒜 60mg
ニンジン末 330mg
カシュウ末 230mg
オウセイ末 250mg
ニクジュヨウ末 200mg
トチュウ末 250mg
チアミン硝化物 5mg
リボフラビン 2mg
ピリドキシン塩酸塩 5mg
パントテン酸カルシウム 5mg
ニコチン酸アミド 12mg
トコフェロール酢酸エステル 10mg
無水カフェイン 50mg
ガンマ-オリザノール 10mg
(添加物)
バレイショデンプン,デヒドロ酢酸ナトリウム,乳糖水和物,カルメロースカルシウム(CMC-Ca),ヒドロキシプロピルセルロース,ゼラチン,酸化チタン,青色1号,赤色3号,黄色5号,マクロゴール,ラウリル硫酸ナトリウム

龍虎春の使用上の注意と副作用

■相談すること
しばらく服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること

龍虎春の保管上の注意

(1)服用に際しては,説明文書をよく読むこと。
(2)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管すること。
(3)小児の手の届かない所に保管すること。
(4)他の容器に入れ替えないこと(誤用の原因になったり品質が変わる。)。
(5)使用期限を過ぎた製品は使用しないこと。

龍虎春に効果効能が似た薬

龍虎春が気になる人向けのコラム

乳がんのリスクが高い人は? 15の危険因子|検診や検査方法

近年、日本での乳がん罹患率は急増し、毎年新しく6万人近い人が乳がんにかかっています。年齢別に見ると、乳がんの罹患率は30歳代後半から増え始めて40歳代に急増し、40歳代後半でピークに達します。続いて、50歳代、60歳代が乳がんにかかりやす... 続きを読む

生活に取り入れたいアロマテラピー 乾燥しょうがは万能ハーブ

春の訪れは突然にやってきます。ふと気がつくと梅の花が咲き、桜の花が開き始めます。暖かな日差しを受け、春を迎える喜びを感じるその日は、新たな1年のスタートのように思われます。まずは体の準備が必要です。冬の間の寒さから体を守ってくれた肌や粘膜... 続きを読む

疲れやストレスにはグレープフルーツのアロマオイルがおすすめ

ストレスや疲れがたまったときは、理由もなく無気力になったり、集中力が低下したり、精神的にも不安定になりがちです。
フルーツでおなじみのグレープフルーツの学名はCitrus paradisiといい、「パラダイスのシトロン(ミカン)」という... 続きを読む

肌が荒れやすい春のスキンケアのコツ|シンプル&低刺激がポイント

冬ごもりから一転、活動的になる春。春は出会いの季節、スタートの季節、なんていうとウキウキ気分に聞こえるけれど、実際には冬眠から目覚めた熊よろしく、お天気や気温の変化の様子をうかがいながら、体温が、毛穴が、自律神経が調整を始めたところで、全... 続きを読む

「色」が人の心に影響する理由-カラーパワーでストレス対策を

新緑のまぶしい季節になりました。木々の緑を見ていると、心身が安らぐ感じがします。森の中なら樹木の香り「フィトンチッド」の効果がありますが、それだけではなく、色がもたらす効果もたいへん大きいものがあります。
色が人の心理に作用することは... 続きを読む