バイランCaIIの効能・用量・副作用など

バイランCaIIの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 カルシウム主薬製剤
形状 液剤
製造販売会社 日水製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

バイランCaIIの特徴

バイランCaIIは,牛乳の約10倍の濃度のカルシウムがイオン化している液剤で,1日60mLの服用で牛乳ビン3本分のカルシウム(600mg)を摂取することが出来ます。加えてカルシウムの吸収を助けるアミノ酸やイオン化された鉄を配合したレモン味のカルシウム液剤です。

バイランCaIIの効能効果

次の場合のカルシウムの補給:妊娠・授乳期,発育期,老年期

バイランCaIIの用法用量

次の1回量を1日1?2回服用する。
(服用には添付の計量コップを使用ください。数字の単位はmLです。)
[年令:1回量]
成人(15才以上):30mL
15才未満:服用しないこと
(用法関連注意)

バイランCaIIの成分分量

60mL中
グルコン酸カルシウム 2400mg
乳酸カルシウム 3000mg
(カルシウムイオン600mg)
クエン酸鉄アンモニウム 30mg (鉄イオン5mg)
L-リシン塩酸塩 60mg
(添加物)
D-ソルビトール,還元麦芽糖水アメ,dl-リンゴ酸,グリチルリチン酸二カリウム,安息香酸,プロピレングリコール,pH調節剤,香料

バイランCaIIの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること。
医師の治療を受けている人。
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この説明書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:吐き気・嘔吐,腹痛,胃痛,胃部不快感,腹部膨満感,食欲不振,胸やけ
3.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,この説明書を持って,医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること。
下痢,便秘。
4.長期連用する場合には,医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること。

バイランCaIIの保管上の注意

1.直射日光の当たらない涼しい所に密栓して保管すること。
2.小児の手のとどかない所に保管すること。
3.他の容器に入れかえないこと(誤用の原因になったり品質が変わる)。
4.開栓後は冷蔵庫に立てて保管すること。
5.服用のつどフタをよくしめること。
6.雑菌などの汚染のおそれがあるので,ビンの口に直接口をつけて服用したり,計量コップに入れた薬液をビンにもどさないこと。
7.品質保持の点から開栓後3週間以内に服用すること。
8.開栓後,味,臭いに変化があり異常を感じた場合は直ちに服用を中止すること。
9.ビンの口,計量コップは常に清潔に保つこと。
10.ビンの口,キャップに白い結晶が現れたり,白い沈殿が生じることがありますが,これは内容成分のカルシウムの結晶です。
11.表示の使用期限を過ぎたものは服用しないこと。

バイランCaIIが気になる人向けのコラム

素敵なスタイルは骨からつくられる-カルシウムの正しい取り方

身体を支えているのは骨。いつまでも素敵なプロポーションで健康美人でいるためには、骨の健康を維持することが大切です。
とくに、女性は骨粗しょう症になりやすいといわれています。骨粗しょう症とは骨からカルシウムが溶け出し、骨がスカスカになって... 続きを読む

日本人にはカルシウムが足りない? カルシウムの効果的なとり方

「飽食の時代」と言われるようになって久しい日本ですが、長年「カルシウム不足」が指摘され続けています。日本人のカルシウム摂取量は、1970年代からほとんど増えていないばかりか、近年少しずつ減ってきていることが国の調査でわかりました。
カル... 続きを読む

ツイントース

ツイントースはミネラルの吸収を助ける新機能成分。たとえばカルシウムとツイントースを一緒に摂ると、カルシウムの吸収率が1.4倍に、体内キープ力が6.2倍にアップします。同様に鉄や亜鉛などの吸収率もアップ。野菜のチコリの根から作られる天然由来... 続きを読む

骨粗しょう症の予防のために摂りたい栄養-控えた方が良い食べ物

骨粗しょう症の予防は、まず1日3回の規則正しい食事から、骨の材料となるカルシウムをたっぷりとること。一般的に日本人はカルシウム摂取量が不足しがちなので、意識してとるようにしましょう。カルシウムの豊富な食品は乳製品や大豆製品、骨ごと食べられ... 続きを読む

高齢になると女性は骨粗しょう症になりやすい-今からできる予防策

骨粗しょう症は、骨からカルシウムが減ることで骨がスカスカになってもろくなり、ちょっとしたことでも骨折しやすくなる病気です。圧倒的に女性に多いのが特徴で、女性は閉経を機に急増、高齢になるにしたがって増えていきます。初期には自覚症状がなく、骨... 続きを読む