牛宝の効能・用量・副作用など

牛宝の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 生薬主薬製剤
形状 カプセル剤
製造販売会社 日本医薬品製造
販売会社 オール薬品工業
医薬品区分 一般配置兼用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

牛宝の特徴

[牛宝]は日頃肉体疲労等で体力の消耗が激しい方,虚弱体質,胃腸障害等で体力が衰えている方,血色不良等で気力の衰えている方などに毎日の健康維持・増進のため是非牛宝をお奨めいたします。
[特徴]
[牛宝]は古来より強壮生薬として貴ばれて来た動物性生薬ゴオウ(牛黄)に二千年もの昔より万病の霊薬として珍重されてきた強壮生薬人参(高麗人参)を精選配合した生薬性の滋養強壮剤です。次の効能・効果を期待される方によく効くようになっております。

牛宝の効能効果

次の場合の滋養強壮:虚弱体質,肉体疲労,病中病後,胃腸虚弱,食欲不振,血色不良

牛宝の用法用量

15才以上1回1カプセル,1日2回食後温湯又は清水にて服用して下さい。
(用法関連注意)
■用法・用量を厳守して下さい。

牛宝の成分分量

2カプセル中
ゴオウ 200mg
ニンジン末 300mg
(添加物)
ラウリル硫酸ナトリウム,ゼラチン,青色1号,赤色3号,黄色5号

牛宝の使用上の注意と副作用

■相談すること
長期連用する場合には,医師又は薬剤師に相談して下さい。

牛宝の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管して下さい。
(2)小児の手の届かない所に保管して下さい。
(3)誤用をさけ,品質を保持するため,他の容器に入れ替えないでください。
(4)使用期限の過ぎた製品は使用しないで下さい。

牛宝が気になる人向けのコラム

肝臓水解物

スーパーにあるとても身近な食材から作られている成分です。原料は牛や豚の肝臓、つまりレバー。新鮮なレバーを加水分解酵素で分解し、エキスにしたのが肝臓水解物です。
これが今、女性の美と健康に効く成分として注目されています。 「もともとレバーに... 続きを読む

ヒスチジンを摂取して食欲コントロール

ヒスチジン
噛めば噛むほど満腹感が得られるので、減量にはよく噛むことが良いとされてきましたね。
これは、噛むことにより脳内からヒスタミンという成分が分泌され、食欲抑制に繋がるからだと最近の研究で分かりました。
よく噛むことはダイエッ... 続きを読む

サボテンダイエットなら食欲を抑制できる

サボテン
サボテンは乾燥地で良く見られる植物です。
たくさんの刺が付いている種が多いですが、そんなサボテンが近頃ダイエットに良いと話題になっています。
サボテンは乾燥地でも枯れないように中に多くの水分を取り込めるようになっています。... 続きを読む

肉体をあるべき姿に整える奇数チベット体操

奇数チベット体操
奇数チベット体操ダイエットは、ヒマラヤの奥地で編み出された神秘の健康術「チベット体操」によるダイエットです。
チベット体操は体を巡るチャクラのバランスを整え、乱れたエネルギーを正常な状態に戻すことで肉体本来の力を引... 続きを読む

温泉は海・山・森と効能が違う-体調にあわせた温泉の選び方

疲労回復や身心のリラックスを兼ねて、週末に、温泉旅行を計画している方も多いことでしょう。温泉につかるとリフレッシュできて、より健康になった気がしますね。これは、温泉がもつ4つの効能、「温熱」「水圧」「浮力」「含有成分」によるものです。 ... 続きを読む