金粒牛黄鹿茸丸の効能・用量・副作用など

金粒牛黄鹿茸丸の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 生薬主薬製剤
形状 錠剤
製造販売会社 北日本製薬
医薬品区分 一般配置兼用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

金粒牛黄鹿茸丸の効能効果

次の場合の滋養強壮:虚弱体質,肉体疲労,病中病後,胃腸虚弱,食欲不振

金粒牛黄鹿茸丸の用法用量

次の量を白湯にて服用
[年齢:1回量:1日服用回数]
成人(15才以上):3丸:2回
11才以上15才未満:2丸:2回
11才未満:服用しないこと
(用法関連注意)
11才以上の小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させること。

金粒牛黄鹿茸丸の成分分量

1日量(6丸)中
ゴオウ 50mg
ロクジョウ末 300mg
(添加物)
バレイショデンプン,リン酸水素カルシウム,炭酸カルシウム,カルボキシメチルスターチナトリウム,アルファー化デンプン,セラック,パラベン,金箔

金粒牛黄鹿茸丸の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2.服用後,次の症状があらわれた場合は直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:吐き気,胃部不快感
3.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること

金粒牛黄鹿茸丸の保管上の注意

1.直射日光の当たらない,湿気の少ない涼しい所に密栓して保管すること。
2.小児の手の届かない所に保管すること。
3.他の容器に入れ替えないこと。
(誤用の原因になったり品質が変わる)

金粒牛黄鹿茸丸が気になる人向けのコラム

サボテンダイエットなら食欲を抑制できる

サボテン
サボテンは乾燥地で良く見られる植物です。
たくさんの刺が付いている種が多いですが、そんなサボテンが近頃ダイエットに良いと話題になっています。
サボテンは乾燥地でも枯れないように中に多くの水分を取り込めるようになっています。... 続きを読む

ヒスチジンを摂取して食欲コントロール

ヒスチジン
噛めば噛むほど満腹感が得られるので、減量にはよく噛むことが良いとされてきましたね。
これは、噛むことにより脳内からヒスタミンという成分が分泌され、食欲抑制に繋がるからだと最近の研究で分かりました。
よく噛むことはダイエッ... 続きを読む

肉体をあるべき姿に整える奇数チベット体操

奇数チベット体操
奇数チベット体操ダイエットは、ヒマラヤの奥地で編み出された神秘の健康術「チベット体操」によるダイエットです。
チベット体操は体を巡るチャクラのバランスを整え、乱れたエネルギーを正常な状態に戻すことで肉体本来の力を引... 続きを読む

次の食事から始められる胃袋ダイエット

胃袋
何度ダイエットに挑戦して良い結果が得られなかった方に、トライしてもらいたいのが胃袋ダイエットです。どうしてダイエットに成功しないかというと、食べすぎで胃が伸びやすくなっているからです。しかし、減食トレーニングで大きくなった胃袋を縮... 続きを読む

食物繊維で食欲抑制、通便になる

食物繊維
食物繊維は消化が遅く、血糖値を上昇させにくいため腹持ちを良くする効果があり過剰に食べるのを防ぐ効果があります。
食物繊維には2種類あり、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維があります。食欲抑制には水溶性食物繊維、便秘解消には不溶性... 続きを読む