カタセ錠の効能・用量・副作用など

カタセ錠の基本情報

カタセ錠

カタセ錠

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 その他の滋養強壮保健薬
形状 錠剤
製造販売会社 全薬工業
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

カタセ錠の特徴

カルシウムは,丈夫な骨や歯をつくる上で必須の栄養素であるとともに,筋肉の運動や神経活動を調節するなど,
健康を維持する上でも重要な役割をはたしています。
カタセ錠は,身体にとって大切な栄養素でありながら食事で不足しがちなカルシウムを補給するとともに,酸性
体質,虚弱体質を改善するためにつくられた有核錠のカルシウム剤です。

カタセ錠の効能効果

酸性体質,虚弱体質,栄養補給,妊産婦及び授乳婦の栄養補給

カタセ錠の用法用量

次の量を1日2回服用してください。
15才以上:3錠
7才以上15才未満:2錠
5才以上7才未満:1錠
5才未満:服用しないこと
(用法関連注意)
(1)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。
(2)本剤は水またはぬるま湯で,服用してください。

カタセ錠の成分分量

6錠中
〔外皮〕 沈降炭酸カルシウム 1800mg (カルシウム720mg)
ヨクイニン末 250mg
〔内核〕 モルシン 100mg
ヨクイニン末 50mg
銅クロロフィリンナトリウム 10mg
トコフェロール酢酸エステル 10mg
(添加物)
D-ソルビトール,タルク,乳糖,ヒドロキシプロピルセルロース,グリチルリチン酸二カリウム,ケイ酸アルミ
ニウム,硬化油,ステアリン酸マグネシウム,セルロース,ヒドロキシプロピルスターチ,無水ケイ酸,無水ケ
イ酸水加物

カタセ錠の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
医師の治療を受けている人。
2.服用後、次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用
を中止し,この添付文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
便秘
3.長期連用する場合には,医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。

カタセ錠の保管上の注意

(1)直射日光のあたらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手のとどかない所に保管してください。
(3)他の容器に入れかえないでください。(誤用の原因になったり品質が変わる。)
(4)品質保持のため,錠剤をとりだすときはキャップにとり,手にふれた錠剤はビンに戻さないでください。
(5)ビンの中の詰め物(透明フィルム、クッション)は、錠剤の破損防止のために入れてあります。開封後、
透明フィルムはすててください。(開封後に詰め物を出し入れすると、湿気やホコリなどが入り込み、品質が
低下する原因になる。)
(6)使用期限を過ぎた製品は,服用しないでください。

カタセ錠が気になる人向けのコラム

痩せ体質へと変えられる朝活ダイエット

朝活
午前中は1日のうちでもっとも時間の融通がききやすく、習慣化しやすい時間帯です。また脂肪が燃焼されやすい時間帯でもあります。そのため朝食の時間を早めたり、早朝にストレッチや軽い運動をするといった朝活を行うことで、効率良く脂肪を燃やし... 続きを読む

体質に合ったお茶でダイエット!

お茶
ダイエットに向いているお茶としてあげられるのは、プーアル茶・ゴーヤ茶・ギムネマ茶・明日葉茶・ウコン茶などです。ダイエットに効くといっても、その効果はそれぞれですので自分の体質やダイエットの目的に合わせたお茶をセレクトすることが肝心... 続きを読む

大豆ペプチドで痩せ体質を手に入れる

大豆ペプチド
大豆や牛乳に豊富に含まれている「大豆ペプチド」は、体の基礎代謝を促進する効果のある栄養素です。
基礎代謝を挙げることができれば毎日の消費カロリーがアップし、じっとしていても効率的にカロリーを消費できる痩せ体質になること... 続きを読む

子宮筋腫になりやすい人とは 遺伝や体質や生活習慣によって違うの?

がんになりやすい体質を表す「がん家系」という言葉があるように、子宮筋腫になりやすい体質もあるのでしょうか? 子宮筋腫になりやすい体質はありません 母親が子宮筋腫に悩んでいたから、将来自分もそうなるはず……。と心配している人が多くいま... 続きを読む

韓国で見た『韓方(ハンバン)』の世界~体と心を診断する「四象体質」

梅雨に入り、じめじめとした天候が続きますが、体調はいかがですか?私は体に老廃物が溜まると、韓医学(韓方)でいう「水毒」に傾きがちな体質らしく、この季節は体がむくみがちになります。天気が悪くなると、頭痛がしたり、肩こりがひどくなることもありま... 続きを読む