じょとくの効能・用量・副作用など

じょとくの基本情報

じょとく

じょとく

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 婦人薬
形状 錠剤
製造販売会社 牛津製薬
販売会社 日邦薬品工業
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

じょとくの特徴

女性が40才から50才位になりますと,卵巣の働きが衰え,各種ホルモンの分泌に異常をきたして,色々な身体の変調が出てきます。これを更年期障害といいますが,最近では,更年期に達していない20才代あるいは30才代の女性も更年期障害様症候群(種々の神経症状あるいは精神症状等)があらわれる人がかなり多くなっています。神経症状としては,どうき,息ぎれ,めまい,のぼせ,頭痛,便秘等が,また,この他にも血の道症,月経痛,月経不順,こしけあるいは冷え症,血色不良等の症状があらわれる人が多い様です。
じょとくは,この様な症状に改善効果のある生薬やビタミン等を配合した女性保健薬です。

じょとくの効能効果

血の道症,冷え症,手足のしびれ,月経不順,こしけ,動悸,息切れ,めまい,のぼせ,頭痛,腰痛,肩こり,むくみ,血色不良,便秘,月経痛

じょとくの用法用量

[年齢:1回量:1日服用回数]
大人(15才以上):5錠:3回毎食後
15才未満:服用しないこと
(用法関連注意)
用法・用量を厳守すること。

じょとくの成分分量

15錠中
ダイオウ末 200mg
カノコソウ末 200mg
ケイヒ末 150mg
チョウジ末 50mg
ビャクジュツ末 100mg
シャクヤク末 300mg
ニンジン末 50mg
ブクリョウ末 200mg
トウキ末 300mg
チアミン硝化物(ビタミンB1) 10mg
ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6) 5mg
シアノコバラミン(ビタミンB12) 3μg
トコフェロール酢酸エステル(ビタミンE) 10mg
含糖酸化鉄 100mg
アスパラギン酸カリウム・マグネシウム 100mg
フイチン「ウシズ」 100mg
コンドロイチン硫酸エステルナトリウム 50mg
(添加物)
白糖,炭酸カルシウム,タルク,ゼラチン,バレイショデンプン,赤色102号

じょとくの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなる)
授乳中の人は本剤を服用しないか,本剤を服用する場合は授乳を避けること
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(4)次の診断を受けた人。
腎臓病
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:食欲不振,胃部不快感,吐き気・嘔吐
3.しばらく服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること

じょとくの保管上の注意

(1)本剤を服用する場合,湿った手・ぬれた手で取扱わないこと。(水分が錠剤に触れると,表面の糖衣が変色したり,脱色したり,あるいは亀裂を生じることがある。)
(2)容器を冷たい場所から出した時は,室温にもどしてから開栓すること。
(3)品質を保持するために,服用の都度キャップをしっかりしめること。
(4)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管すること。
(5)小児の手の届かない所に保管すること。
(6)他の容器に入れ替えないこと。(誤用の原因になったり品質が変わる。)
(7)使用期限を過ぎた製品は服用しないこと。なお,使用期限内であっても,開栓後は品質を保持するため用法・容量を守りなるべく早く服用すること。
(8)容器の落下等の衝撃により錠剤に亀裂が入り,品質に影響を与えることがあるので,外箱に入れて保管する等取扱いに注意すること。

じょとくに効果効能が似た薬

じょとくが気になる人向けのコラム

放置できない月経不順の恐ろしさと対策

月経不順の提議とは?
通常の月経は30日前後のサイクルで繰り返されています。しかし、月経は生活環境やストレス、体調などの変化を受けやすいのです。周期が一定の人でも、その時々で早くなったり遅くなったりすることもあります。これを月経不順と言... 続きを読む

誰もが危険。寿命を縮める恐怖の「しびれ」

しびれのメカニズム
日常生活でまれに体がしびれることがありますが、この程度のしびれであれば隠れた病気の心配をする必要はありません。しびれは主に次のようなことが原因で起こります。


しびれとは、触覚、痛覚、温度覚などの知覚神経の障... 続きを読む

誰でも簡単!リンパマッサージでむくみ解消

「リンパ」っていったい何?
「リンパマッサージ」という言葉はよく聞きますが、そもそも「リンパ」とはいったい何なのでしょうか?


ヒトの体の中には血管のほかにもリンパ管が全身に広がっています。全身の組織中の細胞と細胞との間の組織... 続きを読む

いつも手足が冷たい…【女性の冷え】には病気が隠れているかも?

男性より女性の方が冷えるのはなぜ? 冷えに悩む女性は多いもの。いつも体が冷えている気がする、朝起きたときに手足がこわばる、足の先が冷えるなど……。しかし、なぜ女性の方が冷えやすいのでしょうか。 日常のあらゆる行動をするとき、人は筋肉... 続きを読む

動悸や息切れで分かる不整脈の危険性

不整脈とは

正常な脈は、眠ったり休息しているときにはゆっくりうち、運動したり精神的興奮や発熱があると速くうちます。何の誘因もないのに、脈がゆっくりうったり、速くうったり、不規則にうったりするのが、不整脈です。
脈拍(みゃくはく)が... 続きを読む