ウチダのサフランの効能・用量・副作用など

ウチダのサフランの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 婦人薬
形状 その他
製造販売会社 ウチダ和漢薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

ウチダのサフランの効能効果

冷え症,血色不良

ウチダのサフランの用法用量

次の1回量を1日3回,食前または食間に服用する。
[年齢:1回量]
大人(15歳以上):0.3gに熱湯100?150mLを加え,5?10分後にそのまま服用する。
15歳未満:服用しないこと
(用法関連注意)
定められた用法・用量を厳守すること。

ウチダのサフランの成分分量

1日量(0.9g)中
日本薬局方サフラン 0.9g
(添加物)
無し

ウチダのサフランの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること。
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
2.2週間位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この製品を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること。

ウチダのサフランの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと。(誤用の原因になったり品質が変わる。)

ウチダのサフランが気になる人向けのコラム

絶対冷え性を治したい! 冷えを改善する4つの生活ポイント

厳しい寒さが続くなか、体が冷えてつらい思いをしている方も多いのではないでしょうか?
冷え症は圧倒的に女性に多く、女性の2人に1人は冷え症という調査結果もあるほど。それほど女性に多い冷え症ですが、問題なのは、寒い、手足が冷たいといった体の冷... 続きを読む

冷え性の原因は自律神経失調症にあるかも-万病の元、冷え性を治す

女性たちを悩ませる冷え症。冷え症とは、手や足、あるいは腰などに異常な冷感がある状態のこと。
西洋医学では、冷え症そのものは治療の対象になりませんが、だからといって、決してあなどらないでください。
体の冷え以外の症状がつらくて病院で診... 続きを読む

冷え症を解決するには筋トレが一番? 筋トレとストレッチで血流UP

冬が近づき寒くなり始めると、あちらこちらで聞かれる「冷え性」の話題。男性に比べて、圧倒的に女性のほうが冷え性の悩みを抱えている傾向にありますが、それは筋肉量と脂肪量が関わっています。
筋肉量が高いと基礎代謝がアップし体温も上がります。... 続きを読む

美人メイクのポイント-チーク&リップメイクのコツ|癒し系とデキル系

今回の「健康美人をつくるメイクのコツ」は、「癒し系」と「デキル女系」のいよいよ仕上げです。1回目はベースづくり、2回目は眉と目元のメイクのコツを紹介しました。仕上げは、健康美に欠かせない血色や、女性らしいニュアンスを加えるチーク&リップメ... 続きを読む

女性の体の悩みには東洋医学がいい? 漢方や鍼灸で体質改善

女性の体は、ストレスや加齢、季節の変化などにより、ホルモンバランスが崩れやすく、とてもデリケート。だから冷え症、月経不順、月経痛のほか、自律神経の乱れからくる頭痛や肌あれ、動悸(どうき)、イライラ、不眠など、さまざまな症状に悩まされること... 続きを読む