小太郎漢方婦人薬の効能・用量・副作用など

小太郎漢方婦人薬の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 加味逍遙散
形状 錠剤
製造販売会社 小太郎漢方製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 先発薬: 加味逍遙散   

小太郎漢方婦人薬の特徴

昨今の社会生活では,ゆとりを持つことが難しく,冷えや便通などを我慢しがちです。こういった積み重ねからリズムをくずし,肩がこる,疲れやすい,落ち着きがなくなるといったいわゆる不定愁訴に悩む女性が増えています。
小太郎漢方婦人薬は,生理不順,月経困難といった女性特有の症状のほか,冷え症に効果があります。また,更年期障害にも用いられます。

小太郎漢方婦人薬の効能効果

体質虚弱な婦人で,肩がこり,疲れやすく,精神不安などの精神神経症状,ときに便秘の傾向のある次の諸症:月経不順,月経困難,冷え症,更年期障害,血の道症,虚弱体質

小太郎漢方婦人薬の用法用量

食前または食間に服用してください。
食間とは……食後2?3時間を指します。
[年齢:1回量:1日服用回数]
大人(15歳以上):3錠:3回
15歳未満:服用しないでください
(用法関連注意)

小太郎漢方婦人薬の成分分量

9錠中
水製エキス 2.25g (トウキ・シャクヤク・ビャクジュツ・ブクリョウ・サイコ各1.5g,ボタンピ・サンシシ・カンゾウ各1g,ショウキョウ・ハッカ各0.5g)
(添加物)
酸化チタン,ステアリン酸マグネシウム,タルク,ヒドロキシプロピルメチルセルロース2910,粉末飴,メタケイ酸アルミン酸マグネシウム,カラメル,カルナウバロウ,サラシミツロウ

小太郎漢方婦人薬の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師または薬剤師に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦または妊娠していると思われる人。
(3)胃腸の弱い人。
(4)高齢者。
(5)今までに薬により発疹・発赤,かゆみ等を起こしたことがある人。
(6)次の症状のある人。
むくみ
(7)次の診断を受けた人。
高血圧,心臓病,腎臓病
2.次の場合は,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師または薬剤師に相談してください
(1)服用後,次の症状があらわれた場合
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤,かゆみ
消化器:悪心・嘔吐,食欲不振,胃部不快感
まれに次の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
[症状の名称:症状]
偽アルドステロン症:尿量が減少する,顔や手足がむくむ,まぶたが重くなる,手がこわばる,血圧が高くなる,頭痛等があらわれる。
肝機能障害:全身のだるさ,黄疸(皮ふや白目が黄色くなる)等があらわれる。
(2)1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合
3.長期連用する場合には,医師または薬剤師に相談してください
4.次の症状があらわれることがありますので,このような症状の継続または増強が見られた場合には,服用を中止し,医師または薬剤師に相談してください
下痢

小太郎漢方婦人薬の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
(誤用の原因になったり品質が変わる場合があります。)
(4)水分が錠剤に付きますと,品質の劣化をまねきますので,誤って水滴を落したり,ぬれた手で触れないでください。
(5)湿気などにより薬が変質することがありますので,服用後は,ビンのフタをよくしめてください。
(6)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。

小太郎漢方婦人薬が気になる人向けのコラム

発達障害の一つ ADHDとは? 問題児と誤解される症状と対処法

もしもお子さんや身近な子どもたちのなかに、授業中教室を歩き回るとか、カッとしてすぐ手が出るといった行動で本人も周囲も困っているようなことがあったら、それはADHDによるものかもしれません。
ADHDは日本語では注意欠如多動性障害(注意... 続きを読む

在宅介護で利用できるサービスの種類は?手続きの流れや料金など

このシリーズではこれまで、初めて家族に介護が必要になった場合を想定し、まず何を知っておくべきか、高齢期にはどんな住まい(生活の場)を選択できるのか、在宅介護にはどんな準備が必要か、遠距離介護に役立つ情報は、などをお伝えしてきました。
そ... 続きを読む

痩せ体質へと変えられる朝活ダイエット

朝活
午前中は1日のうちでもっとも時間の融通がききやすく、習慣化しやすい時間帯です。また脂肪が燃焼されやすい時間帯でもあります。そのため朝食の時間を早めたり、早朝にストレッチや軽い運動をするといった朝活を行うことで、効率良く脂肪を燃やし... 続きを読む

体質に合ったお茶でダイエット!

お茶
ダイエットに向いているお茶としてあげられるのは、プーアル茶・ゴーヤ茶・ギムネマ茶・明日葉茶・ウコン茶などです。ダイエットに効くといっても、その効果はそれぞれですので自分の体質やダイエットの目的に合わせたお茶をセレクトすることが肝心... 続きを読む

放置できない月経不順の恐ろしさと対策

月経不順の提議とは?
通常の月経は30日前後のサイクルで繰り返されています。しかし、月経は生活環境やストレス、体調などの変化を受けやすいのです。周期が一定の人でも、その時々で早くなったり遅くなったりすることもあります。これを月経不順と言... 続きを読む