オーロラ-Sの効能・用量・副作用など

オーロラ-Sの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 その他の女性用薬
形状 塗布剤
製造販売会社 ヴィタリス製薬
販売会社 あかひげ薬局
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第「2」類医薬品

オーロラ-Sの特徴

女性ホルモン(エストロゲン)減少あるいは,分泌不全による様々な症状は,女性ホルモンを補充することで,症状の緩和が期待できます。
オーロラ-Sには,局所粘膜,皮膚の柔軟部から体内に吸収される,エチニルエストラジオール(卵胞ホルモン)やオットセイ油を配合しています。

オーロラ-Sの効能効果

卵胞ホルモン分泌不全による不感症,冷感症,婦人更年期障害及び神経衰弱。

オーロラ-Sの用法用量

1回0.15g?0.2g1日数回,特に浴後・就寝前,指頭にて患部に塗擦する。(15歳未満の小児は使用しないこと。)
(用法関連注意)
(1)定められた用法・用量を厳守してください。
(2)目に入らないように注意すること。万一,目に入った場合にはすぐに水又はぬるま湯で洗うこと。なお,症状が重い場合には,眼科医の診療を受けること。
(3)ご使用前後には,手指をよく洗うこと。
(4)塗布部を清潔にしてから使用すること。
(5)外用にのみ使用すること。

オーロラ-Sの成分分量

1g中
エチニルエストラジオール 0.5mg
(添加物)
精製オットセイ油,ローズ油,エタノール,流動パラフィン,白色ワセリン,香料

オーロラ-Sの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなる)
1.次の人は使用しないこと
(1)本剤又は本剤の成分によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(2)ご使用前に本剤をチューブから5mm程出し,内股などの皮膚の薄い所にすり込んで,翌日中に薬疹,発赤,かゆみ,かぶれ,はれなどの症状が現れた人。
(3)エストロゲン依存性腫瘍(乳ガン,子宮頸ガン,子宮体ガン),子宮筋腫,子宮内膜症及びその疑いのある患者。
(4)未治療の子宮内膜増殖症のある患者。
(5)妊婦又は妊娠していると思われる女性。
(6)15歳未満の小児。
2.次の部位には使用しないこと
(1)目や目の周囲,口腔,鼻孔。
(2)湿疹,ただれ,亀裂や外傷のひどい患部。
3.本剤を使用している間は,卵胞ホルモンを含んだいずれの医薬品も使用しないこと。
4.授乳中の人は本剤を使用しないか,本剤を使用する場合は授乳を避けること。
■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2.使用後,次の症状が現れた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
[関係部位:症状]
皮膚(塗った所):発疹・発赤,かゆみ,かぶれ,はれ,刺激感
乳房:痛み,張れ
3.1ヵ月程度使用しても症状の改善が見られない場合は使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること。
4.誤った使い方をしてしまった場合は,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること。

オーロラ-Sの保管上の注意

(1)直射日光をさけ,なるべく湿気の少ない所に密栓して保管すること。
(2)小児の手の届かないところに保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと。(誤用の原因になったり,品質が変わる)
(4)使用期限を過ぎた製品は使用しないこと。
(5)本剤が出過ぎた場合には,チューブに戻さないこと。

オーロラ-Sが気になる人向けのコラム

卵巣のはたらきとは? 生理とホルモンの関係|卵巣腫瘍について

卵巣は、子宮とともに月経、妊娠、出産にかかわる大変重要な臓器です。(子宮については「子宮―妊娠から出産まで、胎児を育てる部屋」をご参照ください。)子宮の両側に1つずつあり、長さ2~3cm程度、厚さ1cmほど、うずらの卵大ほどの大きさで、子... 続きを読む

生理不順は病気のサイン? 生理周期は長くても短くても安心できない

女性のみなさんは自分の月経が何日周期なのか、正確に言えますか?
毎月のことなのに、意外と正確なことを知らないのが月経に関すること。変だなと思っても、よほどのことでないと「病院へ行くのは面倒くさいし、人に聞くのも何だか……。」という人が多い... 続きを読む

女性のダイエットは生理周期を活用して-痩せやすいタイミングとは?

「食べてないのに、なぜ太る?」こんな疑問を感じるのは、たいてい月経の前かもしれません。女性の体重コントロールは、月経サイクル(周期)との関係なしには語れません。その理由を知ると、ダイエットの効果も出やすくなります!
女性の体は、月経サ... 続きを読む

卵巣のう腫ってどんな病気? 良性の場合がほとんど|治療は必要?

卵巣のう腫という病名は、女性ならどこかで聞いたことがあるかもしれません。身近にも卵巣腫瘍の検査や治療を受けた方がいらっしゃるかもしれませんが、実際にはどういう病気なのか、イメージがつかみにくいと思います。
卵巣のう腫はいったいどういう病... 続きを読む

子宮のはたらきとは? 女性ホルモンは妊娠にも病気にも関係してる?

1個の精子を受け入れた卵子(受精卵)を着床させ、出産までの長い時間、胎児を保護し育む部屋、それが子宮です。骨盤に囲まれた空間のほぼ中央、直腸と膀胱(ぼうこう)にはさまれ、左右を靭帯(じんたい)で支えられて浮かぶように位置しています。
... 続きを読む