ピルケの効能・用量・副作用など

ピルケの基本情報

ピルケ

ピルケ

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 抗ヒスタミン薬主薬製剤
形状 錠剤
製造販売会社 ジェーピーエス製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

ピルケの特徴

アレルギー性疾患は、その人の体質、健康状態によっておこるアレルギー反応にもとづくものといわれております。この疾患の原因がヒスタミン、アセチルコリン等に基因することが知られており、この考え方により抗ヒスタミン剤、抗アセチルコリン剤が出現しました。
ピルケはサリチル酸ジフェンヒドラミン(抗ヒスタミン剤)、ビタミン類を配合しアレルギー性疾患の改善にすぐれた効果をあらわします。

ピルケの効能効果

じんましん、湿疹、かぶれ、かゆみ、皮膚炎

ピルケの用法用量

次の量を食後に水又はお湯にて服用してください。
[年齢:1回量:1日服用回数]
成人(15才以上):3錠:3回
11才以上15才未満:2錠:3回
5才以上11才未満:1錠:3回
5才未満:服用しないこと
(用法関連注意)
(1)用法・用量を厳守してください。
(2)小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させてください。

ピルケの成分分量

9錠中
サリチル酸ジフェンヒドラミン 100mg
リボフラビン 10mg
ピリドキシン塩酸塩 40mg
ニコチン酸アミド 40mg
(添加物)
ステアリン酸マグネシウム,タルク,カルメロース(CMC),トウモロコシデンプン,セルロース,デキストリン,メタケイ酸アルミン酸マグネシウム,乳糖水和物,ポリビニルアセタールジエチルアミノアセテート,マクロゴール,アラビアゴム,ゼラチン,炭酸カルシウム,酸化チタン,リン酸水素カルシウム,白糖,カルナウバロウ

ピルケの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用・事故が起こりやすくなります)
1.本剤を服用している間は、次のいずれの医薬品も服用しないでください。
他のアレルギー用薬、抗ヒスタミン剤を含有する内服薬等(かぜ薬、鎮咳去痰薬、鼻炎用内服薬、乗物酔い薬等)
2.服用後、乗物又は機械類の運転操作をしないでください
(眠気等があらわれることがあります)
3.授乳中の人は本剤を服用しないか、本剤を服用する場合には授乳を避けてください
4.長期連用しないでください
■相談すること
1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(4)次の症状のある人。
排尿困難
(5)次の診断を受けた人。
緑内障
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに服用を中止し、この添付文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤、かゆみ
消化器:吐き気・嘔吐、食欲不振
泌尿器:排尿困難
3.服用後、次の症状があらわれることがありますので、このような症状の持続又は増強が見られた場合には、服用を中止し、この添付文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
口のかわき、眠気
4.5?6日間服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この添付文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
その他の注意
本剤に配合されているリボフラビンにより尿が黄色になることがありますが、心配ありません。

ピルケの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わることがあります。)
(4)本剤をぬれた手で扱わないでください。水分が錠剤につくと、錠剤表面が変色したり、亀裂を生じることがあります。
(5)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。

ピルケが気になる人向けのコラム

湿疹やじんましんとは違う!実は怖い多形滲出性紅斑

湿疹やじんましんの原因は?
湿疹の主な原因は、刺激物に肌が触れることです。

刺激物とは、アクセサリー類などに使われている金属(ニッケルなど)や、ぎんなんなどの植物、服に使用されているゴム、洗剤や化粧品などに配合されている界面活性剤... 続きを読む

長引く咳に要注意!あなたも咳ぜんそくかも

こんな時は咳ぜんそくを疑ってみよう

ぜんそくというと子どもに多いと思われるかもしれませんが、実は大人のぜんそく患者が増えています。
大人のぜんそくが増えている(1) - goo ヘルスケア

風邪が治った後も1カ月以上頑固な... 続きを読む

グルテンフリーダイエットは痩せるためのもの?

脱タンパク
今、欧米ではグルテンフリーダイエットが流行っています。
このグルテンフリーダイエット、そもそもはアレルギーの患者さんへの対処法でした。
グルテンは小麦・大麦・ライ麦・オーツ麦等に含まれ、欧米では主食ともなる食品です。この... 続きを読む

赤ちゃんのお肌は生まれた直後からの保湿が大事!しっかりケアでアレルギー予防も

赤ちゃんの肌はツルツル、スベスベのイメージがあり、スキンケアなどしなくても大丈夫だと誤解されがち。しかし、赤ちゃんの時期こそ、しっかりした保湿ケアが大切です。 最新の研究では、新生児期からしっかり保湿ケアをすることで、アトピー性皮膚炎... 続きを読む

副作用なし!【アレルギー抑制食材】でクシャミ鼻水をストップ

花粉前線が着々と北上中!
ティッシュとマスクが手放せない花粉症の季節がついに到来します。薬を飲めば、鼻水や涙は止まるけど、喉が乾く、眠くなるといった悩みも。今年は、副作用なしの食事で花粉症対策をはじめてみませんか? 医学的研究で明らか... 続きを読む