アポスティーローションの効能・用量・副作用など

アポスティーローションの基本情報

アポスティーローション

アポスティーローション

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 殺菌消毒薬(特殊絆創膏を含む)
形状 液剤
製造販売会社 資生堂
販売会社 ゼリア新薬工業
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

アポスティーローションの特徴

通常,皮膚の表面には,多種類の細菌がバランスよく存在して,皮膚細菌叢をつくっています。
しかし,環境の変化などにより皮膚の細菌間のバランスがくずれてしまうと,特定の細菌が増殖してしまい,とびひ,おできや日常よく見られるにきび等のお肌のトラブルが起こります。
また,皮膚炎によるかゆみやお肌の乾燥症状などが原因で皮膚をかきこわしてしまい,かき傷ができると症状はさらに悪化してしまいます。
アポスティーローションは,健康な皮膚を取り戻すためにお使いいただく使用感の良い殺菌消毒ローション剤です。
本品の適量を手のひらにとるか脱脂綿にふくませ,顔や手足などの患部にお使いください。
〔特徴〕
○マイクロエマルション製剤なので,べとつかず使用感に優れています。
○保湿効果のある基剤を使っているので,使用後はしっとりします。
○皮膚と同じ弱酸性で,無着色,無香料の外用剤です。

アポスティーローションの効能効果

かき傷,創傷面の殺菌・消毒,とびひ・おでき等の感染皮膚面の消毒,切傷,すり傷,さし傷,靴ずれ

アポスティーローションの用法用量

1日数回,適量を患部に塗布してください。
(用法関連注意)
(1)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(2)目に入らないように注意してください。万一,目に入った場合には,すぐに水又はぬるま湯で洗ってください。なお,症状が重い場合には,眼科医の診療を受けてください。
(3)外用にのみ使用してください。
(4)定められた用法・用量を守ってください。

アポスティーローションの成分分量

100mL中
ベンゼトニウム塩化物 0.01g
グリチルリチン酸二カリウム 0.12g
アラントイン 0.12g
トコフェロール酢酸エステル 0.1g
(添加物)
エタノール,グリセリン,1,3-ブチレングリコール,セスキオレイン酸ソルビタン,ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油,クエン酸,クエン酸ナトリウム,パラベン

アポスティーローションの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(3)患部が広範囲の人。
(4)深い傷やひどいやけどの人。
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
3.5?6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください

アポスティーローションの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない涼しい所に密栓して立てて保管してください。
(2)小児の手のとどかない所に保管してください。
(3)他の容器に入れかえないでください。(誤用の原因になったり品質が変わることがあります。)
(4)使用期限を過ぎた製品は使用しないでください。

アポスティーローションに効果効能が似た薬

アポスティーローションが気になる人向けのコラム

厄介な乳幼児の皮膚トラブル「とびひ」を撃退

とびひってどんな病気
正式には「伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)」と言います。黄色ブドウ球菌や溶血性連鎖球菌(溶連菌)が肌の引っかき傷や、転んでできた傷などに感染して起こる皮膚病です。7歳以下の子どもがかかりやすいのは、黄色ブドウ... 続きを読む

すりごまふりかけダイエットとは

すりごまふりかけ
すりごまふりかけダイエットとは、ごはんの上に、すったごまをふりかけて食べるダイエットです。スプーン1杯のすりごまをごはんにかけるだけなので楽ちんなダイエットです。楽なだけではなく、ごまは抗酸化成分が豊富で健康食品として... 続きを読む

帯状疱疹と単純ヘルペスの違いとは? ヘルペスの治療法

ヘルペスとは小さな水ぶくれが集まった状態のことで、一般にヘルペスウイルスの感染によって発症する病気をさします。帯状疱疹(たいじょうほうしん)と単純ヘルペスに分けることができ、この二つはウイルスの種類が異なります。
帯状疱疹は、激しい痛... 続きを読む

1日に飲んで良いアルコールの量-飲みすぎ・食べすぎを防ぐコツ

12月から1月にかけて、パーティーや忘年会、新年会など、お酒を飲む機会が続きます。飛ぶように出ていく財布の中身も気になりますが、飲みすぎによる二日酔い、肝臓へのダメージ、エネルギーのとりすぎによる太りすぎにも注意が必要です。
意外にこう... 続きを読む

軽いケガなら消毒やガーゼはいらない? ケガの治療の新常識

「けがをしたら、傷口を消毒しないとばい菌が入る」。そう思っていませんでしたか?
ところが消毒薬を使うと、細菌と一緒に傷の表面の細胞も死んでしまい、傷口が痛む原因になってしまいます。またガーゼを使うと、傷を治す体液を吸い取り、傷口を乾燥さ... 続きを読む