ハイスキールの効能・用量・副作用など

ハイスキールの基本情報

ハイスキール

ハイスキール

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 しもやけ・あかぎれ用薬
形状 塗布剤
製造販売会社 佐藤製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

ハイスキールの特徴

白色?微黄白色のクリームで,しもやけ,ひび,あかぎれに効果があります。

ハイスキールの効能効果

しもやけ,ひび,あかぎれ

ハイスキールの用法用量

通常1日2?3回,患部に塗擦します。
(用法関連注意)
(1)定められた用法・用量を厳守してください。
(2)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(3)目に入らないように注意してください。万一,目に入った場合には,すぐに水又はぬるま湯で洗ってください。
なお,症状が重い場合には,眼科医の診療を受けてください。
(4)外用にのみ使用してください。

ハイスキールの成分分量

ビタミンE酢酸エステル 0.01
ニコチン酸ベンジルエステル 0.0002
ジフェンヒドラミン 0.01
グリチルリチン酸二カリウム 0.01
(添加物)
ポリオキシエチレンセチルエーテル,セタノール,自己乳化型ステアリン酸グリセリン,パラベン,pH調整剤,スクワラン,ステアリン酸,ステアリン酸バチル,流動パラフィン,パラフィン,プロピレングリコール,ベヘン酸,香料(フェニルエチルアルコールを含む)

ハイスキールの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください
(1)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(2)湿潤やただれのひどい人。
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので,直ちに使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ,はれ

ハイスキールの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わるおそれがあります。)
(4)使用期限をすぎた製品は,使用しないでください。

ハイスキールが気になる人向けのコラム

風邪に似てる大人も気をつけたい溶連菌感染症

溶連菌感染症ってかかるとどうなるの
溶連菌感染症とは、色々な種類がある溶連菌に感染しておこる病気の総称であり特に問題になりやすいのがA群β型溶連菌という溶連菌です。A群β型溶連菌に感染しておこる溶連菌感染症にも様々な種類があります。
... 続きを読む

つらい手荒れを治す-症状別対策法・症状にあったハンドクリーム

気温が低く空気が乾燥した日が続くと、肌も乾燥します。顔も気になりますが、“手”はどうでしょうか?
ちょっとかさかさする程度から、ひび、あかぎれ、ささくれ、しもやけ、手湿疹など、“手あれ”に悩まされている人は多いのではないでしょうか。
... 続きを読む

ダイエットや便秘に効く水ってあるの? 効果を高める飲むタイミングは

人間の体内で水の占める割合は、新生児で約80%、成人でも約60%といわれます。体重の約6%の水分が失われると脱水症状が現われ、15~20%を失うと生命の危険があるといいますから、私達の体にとって、水は非常に重要なものです。
ところで、... 続きを読む

パソコン&スマホの長時間使用にご用心-いつの間にかたまる疲労

パソコンやケータイは、いまや生活必需品、これなしでは生きていけないという人も珍しくありません。しかし、どんなに便利なものでも、使いすぎたり頼りすぎたりしていると、思わぬ落とし穴にはまってしまいます。

毎日、長時間にわたってパソコンに... 続きを読む

冷たいものが歯にしみる「知覚過敏症」-歯ブラシや歯ぎしりが原因

冷たいものを飲んだりうがいをすると歯にしみてズキンとする、歯ブラシがふれただけで痛いという人はいませんか?
そんなとき、むし歯かなと思って歯科医を受診すると「知覚過敏症」といわれることがあります。知覚過敏症とは、むし歯ではないのに歯がしみ... 続きを読む