フレッシングアクネクリームの効能・用量・副作用など

フレッシングアクネクリームの基本情報

フレッシングアクネクリーム

フレッシングアクネクリーム

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 化膿性疾患用薬
形状 塗布剤
製造販売会社 久光製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

フレッシングアクネクリームの特徴

「フレッシング アクネクリーム」は有効成分のイブプロフェンピコノールを含有したニキビ治療薬です。
●お肌にやさしい弱酸性・低刺激タイプ
●患部にすっとのびるので,白いあとが残りません
●使用後,お肌がしっとりして,つっぱりにくいクリームです
●イブプロフェンピコノールのW作用
1.アクネ菌によるコメド*の成長をおさえる。(コメドの成長抑制)
2.ニキビの炎症をおさえる。(抗炎症作用)
コメド*=角質層と皮脂が混ざって毛穴のつまった状態

フレッシングアクネクリームの効能効果

ニキビ,吹き出物

フレッシングアクネクリームの用法用量

1日数回,石けんなどで洗顔後,適量を患部に塗布してください。
(用法関連注意)
(1) 小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(2) ニキビのある部分にのみ使用し,周辺の広い部分や目・目の周辺には使用しないでください。
(3) 目に入らないように注意してください。万一,目に入った場合には,すぐに水又はぬるま湯で洗ってください。なお,症状が重い場合には,眼科医の診察を受けてください。
(4) 本剤は外用にのみ使用してください。

フレッシングアクネクリームの成分分量

1g中
イブプロフェンピコノール 30mg
(添加物)
感光素201号,香料,ジメチルポリシロキサン,ステアリルアルコール,セタノール,トリイソオクタン酸グリセリン,パラベン,1,3-ブチレングリコール,モノステアリン酸グリセリン,流動パラフィン,その他2成分

フレッシングアクネクリームの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください。
(1) 医師の治療を受けている人。
(2) 薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(3) 湿潤やただれのひどい人。
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので,直ちに使用を中止し,この説明書を持って医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ,刺激感(ヒリヒリ感),はれ,乾燥化(つっぱり感)
3.1ヶ月位使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この説明書を持って医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください。

フレッシングアクネクリームの保管上の注意

(1) 直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2) 小児の手の届かない所に保管してください。
(3) 他の容器に入れ替えないでください(誤用の原因になったり,品質が変わることがあります)。
(4) 表示の使用期限を過ぎた商品は使用しないでください。

フレッシングアクネクリームが気になる人向けのコラム

ニキビのできる場所でからだの不調がわかるかも

ニキビは思春期と大人とでは違う

過剰な皮脂分泌により、ひたいやほお、あご、胸、背中などにあらわれる皮膚疾患で、男性ホルモンの影響によって思春期にできやすい。初期には、毛穴がふさがって皮脂がたまり、面ぽうという湿疹ができ、ここに細菌が... 続きを読む

ニキビができるメカニズム-予防する4つのポイント|処方薬の効能

ニキビなんて病気のうちに入らない――と考えていませんか。しかしニキビは、「尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)」という病名の、れっきとした皮膚の病気です。
自然に治ったり、生活習慣の改善や市販薬、ニキビ用化粧品などで治るケースもありますが... 続きを読む

背中の開いた服が着られない…。背中ニキビの原因と治し方

背中の大きく開いたドレスを着て、いざ出かけようと振り返って鏡を見たら、赤く腫れたニキビがブツブツ!
そんな経験はありませんか?
思春期のホルモンの影響でできる10代の顔のニキビに対し、背中のニキビは20代以降に増えてきます。
顔のニ... 続きを読む

大人のニキビを治す方法-毛穴のつまりを解消する4つのコツ

10代なら青春のシンボルと言われるニキビも、20歳を過ぎたら吹き出物。最近は、大人になってからできるニキビをアダルトニキビと呼ぶことが多くなっています。
ニキビは、毛穴がふさがって皮脂がつまり、そこにアクネ菌が増殖して炎症を起こしたも... 続きを読む

肌トラブルを改善するツボマッサージ イラストで分かりやすく解説

肌のトラブルは健康上重大な問題とはならなくても、とても気になるものですね。肌荒れやかゆみ、シミ・そばかす、ニキビ・吹き出物、湿疹、じんま疹、アトピー性皮膚炎など、肌のトラブルは千差万別。
肌のトラブルを起こす原因には、紫外線や乾燥、植物... 続きを読む