ワグラスD錠の効能・用量・副作用など

ワグラスD錠の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 化膿性疾患用薬
形状 錠剤
製造販売会社 剤盛堂薬品
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

ワグラスD錠の特徴

◆ワグラスD錠は、 腫物(できもの・おでき)やリンパ腺炎といった化膿・炎症疾患を改善するために考え出された生薬製剤です。
◆ワグラスD錠中のキキョウ・キジツ・シャクヤクは排膿を促し炎症を鎮め、ショウキョウ・カンゾウ・タイソウは化膿・炎症疾患の病状回復を早めるように働きます。

ワグラスD錠の効能効果

化膿性疾患(フルンケル、カルブンケル、腫物、るいれき、リンパ腺炎、蓄膿症、歯槽膿漏、中耳炎、乳腺炎)の改善又は回復促進

ワグラスD錠の用法用量

次の量を随時、コップ半分以上のぬるま湯にて服用して下さい。
注)「随時服用」とは食前・食間(食後2?3時間)・食後のいつ服用してもよいことを指しますが、胃腸の弱い方は食後の服用がよいでしょう。
[年齢:1回量:1日服用回数]
成人(15歳以上):5錠:3回
12歳以上15歳未満:4錠:3回
7歳以上12歳未満:3錠:3回
5歳以上7歳未満:2錠:3回
5歳未満:服用しないこと
(用法関連注意)
(1)用法・用量を厳守すること。
(2)小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させること。

ワグラスD錠の成分分量

15錠(3.3g)中
エキス 0.441g (カンゾウ2.206g・キキョウ1.176g・キジツ0.018g・シャクヤク0.018g・ショウキョウ0.018g・タイソウ1.029g)
カンゾウ末 0.882g
シャクヤク末 0.882g
ショウキョウ末 0.206g
キジツ末 0.588g
(添加物)
ステアリン酸マグネシウム、乳糖、バレイショデンプン

ワグラスD錠の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師、歯科医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
(1)医師又は歯科医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)高齢者。
(4)今までに薬などにより発疹・発赤、かゆみ等を起こしたことがある人。
(5)次の症状のある人。
むくみ
(6)次の診断を受けた人。
高血圧、心臓病、腎臓病
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤、かゆみ
まれに下記の重篤な症状が起こることがある。その場合は直ちに医師の診療を受けること。
[症状の名称:症状]
偽アルドステロン症、ミオパチー:手足のだるさ、しびれ、つっぱり感やこわばりに加えて、脱力感、筋肉痛があらわれ、徐々に強くなる。
3.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って医師、歯科医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
4.長期連用する場合には、医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
5.他の医薬品等を併用する場合には、含有成分の重複に注意する必要があるので、医師、歯科医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること

ワグラスD錠の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと。(誤用の原因になったり品質が変わる。)
(4)分包品において1包を分割した残りを服用する場合には、袋の口を折り返して保管し、2日以内に服用すること。

ワグラスD錠に効果効能が似た薬

ワグラスD錠が気になる人向けのコラム

夏に増加!かゆい、痛いなど我慢しがちな女性器の病気

気温が高く蒸し暑くなってくると、デリケートゾーンにかゆみなどの違和感を覚えることはありませんか?
誰かに相談したり、病院に行くのがためらわれるかもしれませんが、放置すると危険。 そこで、注意したい女性器の症状について、ともこレディース... 続きを読む

腟の入り口の痛みやかゆみ、腫れの原因は?どの病院にいけばいい?

腟や尿道口(おしっこの出口)の周辺、つまり外陰部にできものがある、イボ(ブツブツ)がある、という理由で外来に来る人がいます。しかし困ったことに、自分の外陰部を見たことがないという人も珍しくないのです。
外陰部は他人と比べることは少ない... 続きを読む

塩揉みはダイエットと肌スベスベも

塩揉み
塩揉みダイエットを行う際一番にやることは自分の肌の状態を入念に確認することです。もしも肌に傷や腫れ炎症等が確認された場合は塩揉みダイエットを行ってはいけません。肌に異常が見られないことが確認できたならば塩と水を合わせてペースト状... 続きを読む

増え続けるエイズ患者・HIV感染者-検査は無料・正しく予防を

厚生労働省のエイズ動向委員会は四半期(3カ月)ごとに、新しく報告されたHIV(エイズウイルス)感染者・エイズ患者数をまとめており、このほど、平成19年第3四半期(7月2日~9月30日)の新しいHIV感染者数が274人と過去最高になったこと... 続きを読む

夏は眼のトラブルになりがち-子どもが罹りやすいウイルス感染とは


夏は目にとって、“受難”の季節です。ウイルスの感染による結膜炎がはやったり、強い紫外線によって角膜に急性の炎症が起きることがあります。また紫外線は白内障をもたらす原因にもなります。夏は日焼けだけでなく、目のトラブルにも注目しておきましょ... 続きを読む