ねつ,はれ,いたみ,漢方しっぷ薬喜世効の効能・用量・副作用など

ねつ,はれ,いたみ,漢方しっぷ薬喜世効の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 鎮痛・鎮痒・収れん・消炎薬(パップ剤を含む)
形状 散剤
製造販売会社 チベン製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

ねつ,はれ,いたみ,漢方しっぷ薬喜世効の特徴

ねつ,はれ,いたみ,漢方しっぷ薬 喜世効は,消炎作用のあるオウバク・サンシン等を配合した外用散剤です。
用時,必要量をとり,温湯か水を加え,練ってパップ剤にして使用します。

ねつ,はれ,いたみ,漢方しっぷ薬喜世効の効能効果

神経痛・リウマチ・関節炎・肩のこり・肋膜炎・肺炎・筋肉痛・腰痛・打ち身・くじきの消炎・鎮痛

ねつ,はれ,いたみ,漢方しっぷ薬喜世効の用法用量

患部の大小に応じ,本剤の適量を茶碗かガラスの器に入れ,温湯か水を加えて軟らかく練り,ヘラを用いてネル地のような厚みの布に5ミリぐらいの厚さにのばし,患部によく密着するように貼り,その上から包帯をしてください。
貼ってから8?10時間ぐらい効力が持続しますが,熱の程度により乾ききらないうちに張り替えてください。
入浴後に貼ると,より効果的です。
同封の「ヘラ」は,布に本剤をひろげるときにご利用ください。
(用法関連注意)
1.小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。
2.目に入らないよう注意してください。万一,目に入った場合には,すぐに水またはぬるま湯で洗ってください。なお,症状が重い場合には,眼科医の診療を受けてください。
3.外用にのみ使用してください。
4.貼った患部をコタツや電気毛布等で温めないでください。

ねつ,はれ,いたみ,漢方しっぷ薬喜世効の成分分量

100g中
オウバク末 33g
トウガラシ末 5g
サンシシ末 15g
モクテンリョウ末 15g
カンキョウ末 10g
dl-カンフル 2g
コメデンプン 20g
(添加物)
なし

ねつ,はれ,いたみ,漢方しっぷ薬喜世効の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと,現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります。)
次の部位には使用しないでください。
(1)目の周囲,粘膜等
(2)湿疹,かぶれ,傷口
■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師または登録販売者に相談してください。
薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この添付文書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談してください。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ,痛み
3.5?6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この添付文書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談してください。

ねつ,はれ,いたみ,漢方しっぷ薬喜世効の保管上の注意

1.直射日光の当たらない,湿気の少ない涼しい所に保管してください。
2.小児の手の届かない所に保管してください。
3.他の容器に入れ替えないでください(誤用の原因になったり,品質が変わることがあります。)。

ねつ,はれ,いたみ,漢方しっぷ薬喜世効に効果効能が似た薬

ねつ,はれ,いたみ,漢方しっぷ薬喜世効が気になる人向けのコラム

肩が痛い、だるい時に役立つ解消法!

やっぱりツボ押しが効く!
肩コリを感じたときどんなことをしますか?

パソコン前にずっと座るなどの長時間の同一姿勢を原因にして起こりやすいのが肩こりです。
肩こりの症状や原因など - goo ヘルスケア


肩周りの筋肉が収... 続きを読む

高齢者に致命的になる肺炎-予防のための生活改善6カ条

日本では1年間に12万人近くもの人が肺炎で亡くなっており、肺炎はがん、心疾患、脳血管疾患に次いで日本人の死因の第4位となっています(「2010年人口動態統計(確定数)の概況」より)。しかも肺炎による死亡率は増え続け、近い将来、横ばいから減... 続きを読む

指のこわばりは関節リウマチの初期症状かも? 早期発見が大事

起床時、手の指が曲げづらくありませんか?
この「朝のこわばり」は、関節リウマチの初期症状としてよく知られています。
関節リウマチとは、複数の関節に慢性的な炎症が起こり、関節が腫れたり、痛みが生じる病気です。症状がよくなったり悪くなっ... 続きを読む

お腹が痛い!そんな時の5つのチェックポイント

お腹が痛い原因とは
腹痛の原因は様々です。腸内にガスが貯まっていることから引き起こされるものから、消化器や泌尿器といった腹腔内にある臓器の異常や、血管や筋肉、腹膜などの変化、また、心臓疾患等によっても腹痛が引き起こされることもあります。... 続きを読む

呼吸は吐くときを意識して!自律神経の乱れを呼吸でコントロール

呼吸の力を利用すれば、いつでもどこでもリラックスできる 1日2万回も行っている呼吸は、交感神経と副交感神経を切り替えるスイッチ。活用すればストレスにも強くなれる。 呼吸は自分でコントロールできる“自律神経のスイッチ” 私たちが行っ... 続きを読む