アイスラブゲルの効能・用量・副作用など

アイスラブゲルの基本情報

アイスラブゲル

アイスラブゲル

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 鎮痛・鎮痒・収れん・消炎薬(パップ剤を含む)
形状 塗布剤
製造販売会社 ロート製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

アイスラブゲルの特徴

アイスラブゲルは,スポーツ等による筋肉や関節の疲労・痛みを改善する外用消炎鎮痛剤です。3種類の有効成分が,痛めた部位にすみやかに吸収され,筋肉や関節の痛みとハレをやわらげます。また,ライトブルーの冷たいゲルが患部に爽やかな清涼感を与えます。スポーツ等による打撲や捻挫,筋肉痛はアイスラブゲルで早めになおしましょう。

アイスラブゲルの効能効果

筋肉疲労,筋肉痛,打撲,捻挫,関節痛,腰痛,骨折痛,肩こり

アイスラブゲルの用法用量

1日数回,適量を手にとり,患部をよくマッサージしながらすり込んでください。
(用法関連注意)
(1)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(2)目に入らないようご注意ください。万一,目に入った場合には,すぐに水又はぬるま湯で洗ってください。なお,症状が重い場合には,眼科医の診療を受けてください。
(3)外用にのみご使用ください。

アイスラブゲルの成分分量

1g中
dl-メントール 60mg
サリチル酸グリコール 15mg
グリチルレチン酸 0.5mg
(添加物)
パラベン,1,3-ブチレングリコール,ヒプロメロース(ヒドロキシプロピルメチルセルロース),カルボキシビニルポリマー,アルギン酸プロピレングリコール,トリエタノールアミン,青色1号,エタノール

アイスラブゲルの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなる)
1.次の部位には使用しないでください。
(1)目の周囲,粘膜等
(2)湿疹,かぶれ,傷口
■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください。
(1)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この説明書を持って医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください。
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤,かゆみ
3.5?6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この説明書を持って医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください。

アイスラブゲルの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)本剤のついた手で,目や粘膜に触れないでください。
(4)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わる)
(5)使用期限(外箱に記載)を過ぎた製品は使用しないでください。
なお,使用期限内であっても,一度開封した後はなるべく早くご使用ください。

アイスラブゲルが気になる人向けのコラム

短い時間で楽々!筋肉緊張ダイエット

筋肉緊張
自分が痩せたいと思っている体の筋肉に力を入れる、これが筋肉緊張ダイエットです。脂肪を燃焼させることから常態変換法ダイエットととも呼ばれたりすることがあります。手順は至ってシンプルです。胸の筋肉の引き締めを行う場合は、胸を張り、... 続きを読む

筋肉に働きかける常態変換法ダイエット

常態変換法
痩せている人と太っている人では筋肉の緊張度が違っているといわれています。
常態変換法は筋肉の緊張状態に注目したダイエットであり、体一つで行えるとっても手軽なダイエットです。
方法は簡単で、全身の筋肉の適度な緊張状態を意識... 続きを読む

サラダチキンを食べて筋肉増量ダイエット!

サラダチキン
ダイエットの際の食事で脂肪の摂取を控えたり糖分の摂取を控える人は多いですが、ダイエットの時にたんぱく質の摂取について考える人は意外に少ないです。

たんぱく質は人間の身体の中でも代謝が最も行われると言われている筋肉の形... 続きを読む

家事を頑張れば運動不足も解消できちゃう? 一石二鳥のダイエット

まもなく年末の大掃除(そうじ)の季節。普段からきれいにしている人には楽勝でも、忙しさにかまけて放っておいた人にとっては、考えるだけ気が重くなってしまいます。しかしこの大掃除、実は健康づくりにも役立つ「生活活動」なのです。

厚生労働省... 続きを読む

二度と腰痛にならない【正しい座り方】を身につけよう

悪い座り方が腰痛を招いている 現代人は1日の半分近くを座って過ごすと言われています。現在、日本には2800万人の腰痛患者がいると言われていますが、その大きな原因の一つが「座り方」であると指摘するのは、腰痛の専門家である伊藤和磨さんです... 続きを読む