アクテオン1.0%ゲルクリームの効能・用量・副作用など

アクテオン1.0%ゲルクリームの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 鎮痛・鎮痒・収れん・消炎薬(パップ剤を含む)
形状 塗布剤
製造販売会社 池田模範堂
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

アクテオン1.0%ゲルクリームの特徴

アクテオン1.0%ゲルクリームは
●筋肉や関節の痛みをとります
 有効成分インドメタシンが皮ふから吸収され,痛みや炎症のもとに直接作用します。
●心地よい清涼感が持続します
 有効成分l-メントールが3%配合され,スーッとした清涼感で痛みをやわらげます。
●使用感に優れています
 サーッと良くのび,べたつかないゲルクリームです。

アクテオン1.0%ゲルクリームの効能効果

腰痛,関節痛,肩こりに伴う肩の痛み,筋肉痛,肘の痛み(テニス肘など),打撲,捻挫,腱鞘炎(手・手首の痛み)

アクテオン1.0%ゲルクリームの用法用量

1日4回を限度として適量を患部に塗擦してください。
(用法関連注意)
(1)定められた用法・用量を守ってください。
(2)11才以上の小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(3)11才未満の小児には使用させないでください。
(4)目に入らないように注意してください。万一目に入った場合には,すぐに水又はぬるま湯で洗ってください。なお,症状が重い場合(充血や痛みが持続したり,涙が止まらない場合等)には,眼科医の診療を受けてください。
(5)本剤は外用にのみ使用し,内服しないでください。
(6)1週間あたり50gを超えて使用しないでください。

アクテオン1.0%ゲルクリームの成分分量

100g中
インドメタシン 1000mg
l-メントール 3000mg
(添加物)
ラウリン酸マクロゴール,チオ硫酸ナトリウム,エデト酸ナトリウム,ジイソプロパノールアミン,パラベン,ベンジルアルコール,カルボキシビニルポリマー,オクチルドデカノール

アクテオン1.0%ゲルクリームの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります)
1.次の人は使用しないでください
 (1)本剤によるアレルギー症状(発疹・発赤,かゆみ,かぶれ等)を起こしたことがある人。
 (2)ぜんそくを起こしたことがある人。
2.次の部位には使用しないでください
 (1)目の周囲,粘膜等。
 (2)湿疹,かぶれ,傷口。
 (3)みずむし,たむし等又は化膿している患部。
3.長期連用しないでください
■相談すること
1.次の人は使用前に医師又は薬剤師に相談してください
 (1)医師の治療を受けている人。
 (2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
 (3)本人又は家族がアレルギー体質の人。
 (4)薬や化粧品等によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2.次の場合は,直ちに使用を中止し,この説明文書をもって医師又は薬剤師に相談してください
 (1)使用後,次の症状があらわれた場合。
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤,かゆみ,はれ,ヒリヒリ感,熱感,乾燥感
 (2)5〜6日間使用しても症状がよくならない場合。

アクテオン1.0%ゲルクリームが気になる人向けのコラム

肩が痛い、だるい時に役立つ解消法!

やっぱりツボ押しが効く!
肩コリを感じたときどんなことをしますか?

パソコン前にずっと座るなどの長時間の同一姿勢を原因にして起こりやすいのが肩こりです。
肩こりの症状や原因など - goo ヘルスケア


肩周りの筋肉が収... 続きを読む

その肩の痛み病院に行かなくてはならないかも

なぜ肩こりが起こるのか

肩こりの原因のほとんどは、姿勢の悪さや運動不足、ストレスなどふだんの生活習慣です。
肩こりの悪循環を断ち切るために - gooヘルスケア

一般的な肩こりは、生活習慣からきています。長時間同じ姿勢でいる... 続きを読む

女性に多い腱鞘炎-手首と指に起こる主な2つのタイプ|改善法

腱鞘炎(けんしょうえん)は、キーパンチャーやピアニスト、漫画家などの職業病として知られています。腱鞘炎の文字どおり、指を動かす腱と、それを包み込む腱鞘がこすれて炎症が発生している状態をいい、手首や指が痛んだり、スムーズに動かせなくなったり... 続きを読む

【医師が回答!】皮がめくれるほどの手荒れ。どうすればいい?

私は二年前から手荒れに悩んでいます。皮膚科では、「スポンジに洗剤を付けて水を足して洗うと荒れちゃうからね」と言われました。飲食店で手が荒れていると不衛生ですよね・・・。パックりと皮がめくれています。 (質問者
aiai_5858さん) ... 続きを読む

成人の4.4人に1人が慢性的な痛みを抱えている-上手く付き合う方法

梅雨どきになると腰痛や関節痛、肩こりがひどくなるという人は多いでしょう。慢性的な痛みをもつ人にとってはつらい季節です。
厚生労働省では、慢性的な痛み(慢性疼痛)の定義を、「一定期間(月単位)以上続く痛み、かつ痛みの存在が身体的、社会的に... 続きを読む