アセモテーマSの効能・用量・副作用など

アセモテーマSの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 鎮痛・鎮痒・収れん・消炎薬(パップ剤を含む)
形状 塗布剤
製造販売会社 万協製薬
販売会社 ホーユー
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

アセモテーマSの特徴

皮膚は私達の体を覆っている厚さ1?4ミリの膜で,外部からのさまざまな刺激を受けとめ内部を保護しています。この膜は年齢はもちろんのこと,季節,気温,大気の状態,皮脂・汗の分泌などに影響を受けます。また,皮膚の状態は個人差があり,しっしん,かぶれ,あせもなどは症状が進むと患部がジクジクになり,治りにくく長期の治療が必要になることもあります。皮膚は体の中でも目につくところです。早めのお手当てと日頃の養生が大切です。
アセモテーマSは炎症や,かゆみに効果のあるアミノ安息香酸エチル,酸化亜鉛,ジフェンヒドラミンに殺菌作用のあるフェノールを配合したぬりやすい速乾性のパスタ剤です。

アセモテーマSの効能効果

あせも,ただれ,かぶれ,かゆみ,虫さされ,しもやけ,湿疹,皮膚炎,じんましん

アセモテーマSの用法用量

1日2?3回,患部に適量を塗布してください。
(用法関連注意)
(1)定められた用法・用量を厳守してください。
(2)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(3)目に入らないように注意してください。万一,目に入った場合には,すぐに水又はぬるま湯で洗ってください。なお,症状が重い場合には,眼科医の診療を受けてください。
(4)本剤は外用にのみ使用し,内服しないでください。
(5)本剤の使用後,患部をラップフィルム等の通気性の悪いもので覆わないでください。

アセモテーマSの成分分量

100g中
アミノ安息香酸エチル 1g
酸化亜鉛 37g
フェノール 0.5g
ジフェンヒドラミン 1g
(添加物)
ミツロウ,ゴマ油,スクワラン,バレイショデンプン,ハッカ油

アセモテーマSの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(3)患部が広範囲の人。
(4)湿潤やただれのひどい人。
(5)深い傷やひどいやけどの人。
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この添付文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ,はれ
3.5?6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この添付文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください

アセモテーマSの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わります。)
(4)使用期限を過ぎた製品は使用しないでください。なお,使用期限内であっても,開封後はなるべくはやく使用してください。(品質保持のため)

アセモテーマSに効果効能が似た薬

アセモテーマSが気になる人向けのコラム

あせも予防に大切なポイントとは

あせもができるメカニズム

大量発汗時に汗の管である汗管が閉塞し、汗が皮膚の外に出ずに汗管外(皮膚内)に漏出して発症する。浅いところでの閉塞は、水疱が主にでき水晶様汗疹(すいしょうようかんしん)という。痒みはない。一方、深いところでの... 続きを読む

何気ない動作で起こる「ぎっくり腰」!対処法と予防のためのストレッチ

ふと立ち上がった拍子に腰に激痛が!
息が止まるような痛みに襲われて、思わずしゃがみこんでしまう。少し体を動かしただけでも痛いので、動けない……こんな体験をした人はありますか?
これは、西洋では「魔女のひと突き」と呼ばれるぎっくり腰の症状で... 続きを読む

湿疹やじんましんとは違う!実は怖い多形滲出性紅斑

湿疹やじんましんの原因は?
湿疹の主な原因は、刺激物に肌が触れることです。

刺激物とは、アクセサリー類などに使われている金属(ニッケルなど)や、ぎんなんなどの植物、服に使用されているゴム、洗剤や化粧品などに配合されている界面活性剤... 続きを読む

食事の食べ合わせで栄養価UP-真似したい7つの食べ合わせ

昔から、「ウナギと梅干」「スイカと天ぷら」「シイタケとカニ」など、食べ合わせについては諸説論じられています。このような言い伝えは、一般的に、あまり科学的な根拠がないとされていました。
しかし最近では、複数の食品を組み合わせる食べ合わせ... 続きを読む

夏の冷えは女性の悩み-解消法と体の内側の「冷え」をチェック

女性は男性に比べ筋肉量が少なく、活動度が低いこと、月経前後のホルモンバランスの不調などから、一般に「冷え」の悩みは男性より女性に多く聞かれます。
「冷えと悩みに関する意識実態」の調査<花王(株)調べ>では、首都圏に住む10代~50代の... 続きを読む