コーチゾン雪の元の効能・用量・副作用など

コーチゾン雪の元の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 鎮痛・鎮痒・収れん・消炎薬(パップ剤を含む)
形状 塗布剤
製造販売会社 雪の元本店
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第「2」類医薬品

コーチゾン雪の元の特徴

本剤は皮膚の炎症とかゆみをおさえる副腎皮質ホルモン剤ヒドロコルチゾン酢酸エステルと,抗ヒスタミン剤を配合しておりますので,かゆみがひどく,炎症を伴うしっしんなどの皮膚病に効果的です。

コーチゾン雪の元の効能効果

アレルギー性皮膚炎,疱疹状皮膚炎,あかぎれ,かゆみ止め,くさ,しっしん,しもやけ,ひび,凍傷,やけど,痔疾,あせも,皮膚掻痒症,肛門掻痒症,虫さされ

コーチゾン雪の元の用法用量

1日2?3回患部に適当量を塗擦してください。
あるいは症状に応じガーゼに延ばして患部に貼付してください。
(用法関連注意)
(1)定められた用法・用量を守ってください。
(2)目に入らないように注意してください。万一,目に入った場合には,すぐに水又はぬるま湯で洗ってください。なお,症状が重い場合には,眼科医の診療を受けてください。
(3)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(4)外用にのみ使用し,内服しないでください。

コーチゾン雪の元の成分分量

100.3g中
ヒドロコルチゾン酢酸エスエル 0.5g
ジフェンヒドラミン 0.5g
酸化亜鉛 8.73g
(添加物)
バレイショデンプン,dl-カンフル,d-ボルネオール,パラフィン,ワセリン

コーチゾン雪の元の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなる)
1.次の部位には使用しないこと
水痘(水ぼうそう),みずむし・たむし等又は化膿している患部。
2.顔面には,広範囲に使用しないこと
3.長期連用しないこと
■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(4)患部が広範囲の人。
(5)湿潤やただれのひどい人。
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ,はれ
皮膚(患部):みずむし・たむし等の白癬,にきび,化膿症状,持続的な刺激感
3.5?6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること

コーチゾン雪の元の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わります。)
(4)開封後は品質保持の点からなるべく早くご使用ください。

コーチゾン雪の元に効果効能が似た薬

コーチゾン雪の元が気になる人向けのコラム

あせも予防に大切なポイントとは

あせもができるメカニズム

大量発汗時に汗の管である汗管が閉塞し、汗が皮膚の外に出ずに汗管外(皮膚内)に漏出して発症する。浅いところでの閉塞は、水疱が主にでき水晶様汗疹(すいしょうようかんしん)という。痒みはない。一方、深いところでの... 続きを読む

冬場に増える低温やけど-痛みを感じなくても重症の場合がある

暖房器具が欠かせない季節、気をつけたいのが「低温やけど」です。使い捨てカイロやこたつ、電気あんか、湯たんぽ、ホットカーペットなど、ふだん危険を感じることなく使っているものが原因になります。
「温かくて快適」と感じる温度でも、長時間、体... 続きを読む

アウトドアで虫に刺されたときの対処法-蜂は二度目が危険、予防法

この夏、キャンプやハイキング、山登りなど、アウトドアで楽しもうと考えている人も多いことでしょう。忙しい日常から開放され、自然と触れ合うのはとても楽しいものですが、自然の中には、蚊やブユ、ハチ、ムカデ、マダニなど、人を刺す虫もたくさんいます... 続きを読む

冬の乾燥からお肌を守るセルフケア|バリア機能を高める4つのコツ

冬は皮膚が乾燥し、肌荒れやかゆみなどの皮膚トラブルが増える季節です。冬は元々空気が乾燥しているのに加え、暖房器具の使用により室内の空気はますます乾燥します。また、気温が低いと血行が悪くなって新陳代謝が低下し、皮脂の分泌が減ります。寒いと手... 続きを読む

おへそのゴマを取るとお腹が痛くなるのは本当? お手入れの仕方

子どものころ、「おへそのゴマを取ってはダメ」と言われた記憶はありませんか?
言われると余計に気になって、恐る恐る取ってみた!
という人もいるのではないでしょうか。そもそも「へそのゴマ」ってなんでしょう?
その前に、おへそって何のためにある... 続きを読む