ココの効能・用量・副作用など

ココの基本情報

ココ

ココ

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 鎮痛・鎮痒・収れん・消炎薬(パップ剤を含む)
形状 液剤
製造販売会社 三宝製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

ココの特徴

皮膚病は一般的に皮膚のかゆみを伴うことが多く,あせも,虫さされ,かぶれ,ただれ,じんましんなどにその傾向がみられます。中でもあせもは乳幼児に発生しやすく,かきこわしを起こしやすいので,速やかにかゆみを鎮める必要があります。
ココは,かゆみを鎮め,炎症を抑える成分や,殺菌剤をオリブ油とともに水に乳化分散させた乳剤性懸濁ローションですから,皮膚によくなじみ,あせもや虫さされなどの皮膚のかゆみに効果があります。
また,水によって容易に洗い落とせます。

ココの効能効果

あせも,皮膚のかゆみ,虫さされ,かぶれ,ただれ,じんましん

ココの用法用量

使用前によく振り混ぜ,その適量を1日数回患部に塗布または塗擦してください。
(用法関連注意)
(1)用法を守ってください。
(2)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(3)目に入らないよう注意してください。万一,目に入った場合には,すぐに水又はぬるま湯で洗ってください。なお,症状が重い場合には,眼科医の診療を受けてください。
(4)外用にのみ使用してください。
(5)使用前によく振とうしてください。

ココの成分分量

100g中
ジフェンヒドラミン 1g
イソプロピルメチルフェノール 0.05g
dl-カンフル 1g
酸化亜鉛 8g
(添加物)
ケイ酸アルミニウムマグネシウム,メチルセルロース,ラウロマクロゴール,ジオクチルソジウムスルホサクシネート,オリブ油,グリセリン,イソプロパノール

ココの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(3)湿潤やただれのひどい人。
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この説明書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ,はれ
3.5?6日間使用しても症状の改善がみられない場合は使用を中止し,この説明書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください

ココの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない,涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手のとどかない所に保管してください。
(3)誤用をさけ,品質を保持するため,他の容器に入れかえないでください。
(4)使用期限をすぎた製品は使用しないでください。

ココが気になる人向けのコラム

あせも予防に大切なポイントとは

あせもができるメカニズム

大量発汗時に汗の管である汗管が閉塞し、汗が皮膚の外に出ずに汗管外(皮膚内)に漏出して発症する。浅いところでの閉塞は、水疱が主にでき水晶様汗疹(すいしょうようかんしん)という。痒みはない。一方、深いところでの... 続きを読む

湿疹やじんましんとは違う!実は怖い多形滲出性紅斑

湿疹やじんましんの原因は?
湿疹の主な原因は、刺激物に肌が触れることです。

刺激物とは、アクセサリー類などに使われている金属(ニッケルなど)や、ぎんなんなどの植物、服に使用されているゴム、洗剤や化粧品などに配合されている界面活性剤... 続きを読む

【コレって病気?】みかんの食べ過ぎで皮膚が黄色くなる

黄色人種の黄疸は白目の部分で判定する 黄疸(おうだん)という症状を聞いたことがあるでしょうか。黄疸とは、ビリルビンという黄色い色素が血液中に増加し、全身の皮膚や粘膜に沈着した状態をいいます。 日本人のような黄色人種では、皮膚の色が黄色... 続きを読む

「百日ぜき」が大人に急増-子どもにうつると重症に発展する場合も

激しいせきがしつこく続く百日ぜきが大人に急増しています。これまでは、乳幼児を中心とした子どもの病気と考えられていましたが、最近は大学生の集団感染をはじめ、大人の感染例が急増しています。国立感染症研究所感染症情報センターの調べでは、患者数そ... 続きを読む

厄介な乳幼児の皮膚トラブル「とびひ」を撃退

とびひってどんな病気
正式には「伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)」と言います。黄色ブドウ球菌や溶血性連鎖球菌(溶連菌)が肌の引っかき傷や、転んでできた傷などに感染して起こる皮膚病です。7歳以下の子どもがかかりやすいのは、黄色ブドウ... 続きを読む