サロンシップの効能・用量・副作用など

サロンシップの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 鎮痛・鎮痒・収れん・消炎薬(パップ剤を含む)
形状 貼付剤
製造販売会社 久光製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

サロンシップの特徴

●優れた冷却・鎮痛・消炎効果
ここちよい冷却効果とすぐれた鎮痛・消炎効果を発揮する鎮痛・消炎シップ剤です。
●クルッと巻いて貼っても重なり部分がはがれにくい
特殊な基布を採用しておりますので巻いて貼っても重なり部分がはがれにくく手首などの細い部位に最適です。
●さわやかな使用感
気温や湿度の変化に強く,ダレ・ベタツキがなく使いごこちがとてもさわやかです。
●保湿チャック付き
内袋には,シップ剤の乾燥を防ぐための,保管に便利な保湿チャックがついています。

サロンシップの効能効果

打撲,捻挫,筋肉痛,筋肉疲労,腰痛,肩こり,関節痛,骨折痛,しもやけ

サロンシップの用法用量

1日1?2回患部に貼付してください。
(用法関連注意)
(1)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(2)患部の皮膚は清潔にして貼ってください。

サロンシップの成分分量

膏体100g中
サリチル酸グリコール 1.25g
l-メントール 1.00g
酢酸トコフェロール 1.00g
dl-カンフル 0.30g
(1枚:ショートサイズ5cm×10cm,ロングサイズ5cm×20cm)
(添加物)
イソプロピルメチルフェノール,エタノール,グリセリン,ケイ酸アルミニウム,香料,酸化チタン,ゼラチン,ポリアクリル酸部分中和物,ポリビニルアルコール(部分けん化物),その他3成分

サロンシップの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります。)
次の部位には使用しないでください。
(1)目の周囲,粘膜等。
(2)湿疹,かぶれ,傷口。
■相談すること
1.次の人は使用前に医師、薬剤師又は登録販売者にご相談ください。
薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2.使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに使用を中止し、この箱を持って医師、薬剤師又は登録販売者にご相談ください。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ,かぶれ,色素沈着
3.5?6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し、この箱を持って医師、薬剤師又は登録販売者にご相談ください。

サロンシップの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3) 他の容器に入れ替えないでください(誤用の原因になったり、品質が変わることがあります)。
(4) 開封後はチャックをしっかり閉めて保管してください。

サロンシップが気になる人向けのコラム

肌がかゆいのは乾燥肌が原因? かゆみを防ぐ4つのセルフケア法

冬になるとすねや腕がかゆくてたまらないという人、結構多いのではないでしょうか。その原因の多くは肌の乾燥です。特に高齢者は肌が乾燥しやすいため、かゆみに悩まされる人が多いのですが、最近では、若い人にも乾燥によるかゆみを訴える人が増えています... 続きを読む

短い時間で楽々!筋肉緊張ダイエット

筋肉緊張
自分が痩せたいと思っている体の筋肉に力を入れる、これが筋肉緊張ダイエットです。脂肪を燃焼させることから常態変換法ダイエットととも呼ばれたりすることがあります。手順は至ってシンプルです。胸の筋肉の引き締めを行う場合は、胸を張り、... 続きを読む

冬場によく眠れない人の快眠術-眠りにちょうど良い室温は何度?

暖房の普及で、冬は寒くて眠れない、などということはほとんどなくなったでしょうが、一部の人、例えば冷え性の人などにとっては歓迎されない季節かもしれません。冬でも“春眠”なみの快適な眠りを確保するには、この季節なりの工夫が必要です。
まず... 続きを読む

意外に疲れがたまってる、腕や手釘のリフレッシュ方法とは

パソコン作業や家事などで連続して手を使う作業が続くと、肩こり・首こりだけでなく、腕から指先まで重だるく感じられることがあるでしょう。これは、長い時間手を酷使することで首・肩から腕、手にかけての筋肉が疲れ、血液循環が悪くなったために起こって... 続きを読む

温泉は海・山・森と効能が違う-体調にあわせた温泉の選び方

疲労回復や身心のリラックスを兼ねて、週末に、温泉旅行を計画している方も多いことでしょう。温泉につかるとリフレッシュできて、より健康になった気がしますね。これは、温泉がもつ4つの効能、「温熱」「水圧」「浮力」「含有成分」によるものです。 ... 続きを読む