デルマパール軟膏の効能・用量・副作用など

デルマパール軟膏の基本情報

デルマパール軟膏

デルマパール軟膏

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 鎮痛・鎮痒・収れん・消炎薬(パップ剤を含む)
形状 塗布剤
製造販売会社 廣昌堂
販売会社 コーア製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第「2」類医薬品

デルマパール軟膏の特徴

*主成分のヒドロコルチゾン酪酸エステルはすぐれた抗炎症作用があります。
*日常よく発生する、しっしん、皮膚炎、かぶれなどのいろいろな症状に、すぐれた効果を発揮します。
*のびのよいゲル状の基剤ですので、患部がカサカサ・ジュクジュクしているときにもソフトな使用感の軟膏です。

デルマパール軟膏の効能効果

湿疹、皮膚炎、あせも、かぶれ、かゆみ、虫さされ、じんましん

デルマパール軟膏の用法用量

1日数回、患部に適量を塗布してください。
(用法関連注意)
●小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させてください。
●目に入らないよう注意してください。万一、目に入った場合には、すぐに水又はぬるま湯で洗ってください。なお、症状が重い場合には、眼科医の診察を受けてください。
●外用のみに使用してください。

デルマパール軟膏の成分分量

100g中
ヒドロコルチゾン酪酸エステル 0.05g
(添加物)
ゲル化炭化水素

デルマパール軟膏の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなります)
1.次の部位には使用しないでください。
水痘(水ぼうそう)、みずむし・たむし等又は化膿している患部。
2.顔面には広範囲に使用しないでください。
3.長期連用しないでください。
■相談すること
1.次の人は、使用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(4)患部が広範囲の人。
(5)湿潤やただれのひどい人。
2.使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに使用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤、かゆみ
皮ふ(患部):みずむし・たむし等の白癬、にきび、化膿症状、持続的な刺激感
3.5?6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。

デルマパール軟膏の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
(誤用の原因になったり、品質が変わることがあります。)
(4)外箱に表示の使用期限を過ぎた製品は使用しないでください。
(5)開封時に、基剤の一部が液状となってわずかに流れ出ることがありますが、品質の劣化ではありませんので、そのままご使用ください。

デルマパール軟膏に効果効能が似た薬

デルマパール軟膏が気になる人向けのコラム

あせも予防に大切なポイントとは

あせもができるメカニズム

大量発汗時に汗の管である汗管が閉塞し、汗が皮膚の外に出ずに汗管外(皮膚内)に漏出して発症する。浅いところでの閉塞は、水疱が主にでき水晶様汗疹(すいしょうようかんしん)という。痒みはない。一方、深いところでの... 続きを読む

湿疹やじんましんとは違う!実は怖い多形滲出性紅斑

湿疹やじんましんの原因は?
湿疹の主な原因は、刺激物に肌が触れることです。

刺激物とは、アクセサリー類などに使われている金属(ニッケルなど)や、ぎんなんなどの植物、服に使用されているゴム、洗剤や化粧品などに配合されている界面活性剤... 続きを読む

疲労をためない体をつくる part2-つかれない座り方とは

朝、起きたときに、なんとなくだるいのは、脳の覚醒レベルが低い状態になっているからです。リズム運動でこうした状態をスッキリさせましょう。
自分で一定のリズムをつくりながら、腹式呼吸やウォーキングなど特定パターンの運動をくりかえすことがポ... 続きを読む

あなたの筋力は大丈夫? 脚の筋力とバランス力を簡単チェック

仕事はデスクワークで運動習慣なし、階段よりもエレベーターやエスカレーターという人、多いのではないでしょうか。でもこんな生活を送っていると、脚力(脚の筋力)が低下して、ちょっとしたことで転びやすくなったり、転んだときの反応も鈍くなって危険な... 続きを読む

足裏のたこや魚の目-原因や除去の仕方|日常のケアで再発防止

たこや魚の目は、皮膚の正常な反応が原因で起こります。つまり、歩き方にくせがあったり、靴と足のミスマッチで、靴の中で足にくり返し力が加わると、その力に負けないように皮膚が厚くなってたこや魚の目ができるのです。したがって、たこや魚の目がある位... 続きを読む