パルモアーの効能・用量・副作用など

パルモアーの基本情報

パルモアー

パルモアー

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 鎮痛・鎮痒・収れん・消炎薬(パップ剤を含む)
形状 塗布剤
製造販売会社 三宝製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

パルモアーの特徴

パルモアーは,新鮮な動物胎盤からの抽出物プラセンターリキッドと,ジパルミチン酸ピリドキシン(脂溶性ビタミンB6)を配合した皮膚の新陳代謝を高める軟膏です。
本剤は進行性指掌角皮症などの角化症や湿疹,皮膚炎に効果をしめすほか,皮膚の栄養や保護にも使用できる,応用範囲の広い軟膏です。

パルモアーの効能効果

進行性指掌角皮症,脂漏性皮膚炎,湿疹,粃糠疹,日光皮膚炎,口唇炎,にきび,酒さ,皮膚の栄養及び保護,肌あれ,ひび,あかぎれ,口唇乾燥症,口唇き裂,その他皮膚乾燥及び角化症

パルモアーの用法用量

通常1日2?3回,適量を患部に塗布または塗擦してください。必要によりガーゼなどに塗布し,患部に貼付してください。
(用法関連注意)
(1)用法を守ってください。
(2)患部やその周囲が汚れたまま使用しないでください。
(3)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(4)目に入らないように注意してください。万一,目に入った場合には,すぐに水またはぬるま湯で洗ってください。なお,症状が重い場合には,眼科医の診療を受けてください。
(5)外用にのみ使用してください。

パルモアーの成分分量

100g中
プラセンターリキッド 5g
ジパルミチン酸ピリドキシン 1g
(添加物)
パラベン,リノール酸エチル,グリセリン,セトステアリルアルコール,ラルリル硫酸ナトリウム,ワセリン

パルモアーの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(3)湿潤やただれのひどい人。
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この説明書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
3.5?6回使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この説明書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください

パルモアーの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない,涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手のとどかない所に保管してください。
(3)誤用をさけ,品質を保持するため,他の容器に入れかえないでください。
(4)使用期限をすぎた製品は使用しないでください。また開封後は使用期限内であってもなるべく速やかに使用してください。

パルモアーが気になる人向けのコラム

【医師が回答!】皮がめくれるほどの手荒れ。どうすればいい?

私は二年前から手荒れに悩んでいます。皮膚科では、「スポンジに洗剤を付けて水を足して洗うと荒れちゃうからね」と言われました。飲食店で手が荒れていると不衛生ですよね・・・。パックりと皮がめくれています。 (質問者
aiai_5858さん) ... 続きを読む

日光を避けすぎると不健康? がん予防のための日光浴とビタンミンD

紫外線を浴びることでシミやそばかすになることを恐れ、日光を避けた生活を送っていませんか?
確かに美白のためには紫外線は大敵ですが、日光をあまりに避けすぎると、かえって健康を害するリスクが…。健康のためにも、適度に日光に当たることは必要です。... 続きを読む

黒豆の黒い皮が重要です!黒豆ダイエット

黒豆
黒豆ダイエットとは、1日に70gの黒豆を摂取するというダイエット方法です。黒豆は黒い皮の付いた大豆のことです。生のままでは食べられないので、一晩水に浸した黒大豆を15分ほど蒸します。そうすることで、いろいろな料理に活用することがで... 続きを読む

30代でもなる五十肩-2つのセルフチェックポイントと予防法

「ある日突然、肩が上がらなくなった」「肩の痛みで眠れない」「じっとしていても肩が痛む」といった症状が出たら、それは五十肩かもしれません。五十肩といっても実際は40代から50代にかけての発症が多く、最近では30代でもみられるなど若年化する傾... 続きを読む

女性の大事な体を支える「骨盤底」とは? 生活の質に大きく影響

「骨盤底」と聞いても、「ナニ?それ」と首をかしげる人が多いのではないでしょうか。
骨盤底は女性の体にとって、とても重要な役割を果たしています。骨盤底は骨盤の底にあり、腹部臓器を支えている部分で、筋肉や繊維組織で形成されています。
骨... 続きを読む