ビーモンK軟膏の効能・用量・副作用など

ビーモンK軟膏の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 鎮痛・鎮痒・収れん・消炎薬(パップ剤を含む)
形状 塗布剤
製造販売会社 新生薬品
販売会社 新新薬品工業
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第「2」類医薬品

ビーモンK軟膏の特徴

本剤は,炎症の患部では高い効果を持ちながら,役目を終えた後は,効果の低い物質に分解するという,治療効果と,副作用低減の両立を意図して開発された新しいタイプの副腎皮質ホルモン剤(アンテドラッグ)を主成分とし,かゆみ,皮膚炎等に確実な効果をあらわします。

ビーモンK軟膏の効能効果

湿疹,皮膚炎,ただれ,あせも,かぶれ,かゆみ,虫さされ,じんましん

ビーモンK軟膏の用法用量

1日数回,適量を患部に塗擦してください。
(用法関連注意)
(1)使用量は必要最小限にとどめてください。
(2)定められた用法,用量を守ってください。
(3)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(4)目に入らないようにご注意ください。万一目に入った場合には,すぐに水又はぬるま湯で洗い,症状が重い場合には,眼科医の診療を受けてください。
(5)外用にのみ使用し,内服しないでください。
(6)塗擦後,その部位をラップフィルム等の通気性の悪いもので覆わないでください。

ビーモンK軟膏の成分分量

1g中
プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル 1.5mg
クロタミトン 50mg
トコフェロール酢酸エステル 5mg
イソプロピルメチルフェノール 1mg
(添加物)
トリエタノールアミン,クエン酸水和物,ステアリン酸グリセリン,ワセリン

ビーモンK軟膏の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
守らないと症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります。
1.次の部位には使用しないでください。
(1)水痘,みずむし,たむし等又は化膿している患部
(2)目や目の周囲
2.顔面には広範囲又は長期間使用しないでください。
3.他の部位には長期連用しないでください。
■相談すること
1.次の方は使用の前に医師又は薬剤師にご相談ください。
(1)今までに薬や化粧品等によるアレルギー症状(例えば発疹・発赤,かゆみ,かぶれ等)を起こしたことがある方
(2)患部が広範囲の方
(3)湿潤やただれのひどい方
(4)妊婦又は妊娠している可能性のある方
(5)医師の治療を受けている方
2.次の場合は,直ちに使用を中止し,この文書を持って医師又は薬剤師にご相談下さい。
(1)使用後,発疹・発赤,かゆみ等の症状があらわれた場合
(2)使用後,患部にみずむし・たむし等の白癬症,にきび,化膿症状又は持続的な刺激感,発疹等の症状があらわれた場合
(3)数日間使用しても症状の改善がみられない場合

ビーモンK軟膏の保管上の注意

(1)小児の手の届かない所に保管してください。
(2)直射日光を避け,なるべく涼しい所に密栓して保管してください。
(3)誤用を避け,品質を保持するため,他の容器に入れかえないでください。
(4)使用期限(外袋記載)を過ぎた製品は使用しないでください。

ビーモンK軟膏が気になる人向けのコラム

ファイトケミカルス

ファイトケミカルスの「ファイト(phyto)」はギリシャ語で植物、「ケミカルス(chemicals)」は英語で化学成分という意味。つまりファイトケミカルスとは、植物が作り出す天然の化学成分のこと。... 続きを読む

あせも予防に大切なポイントとは

あせもができるメカニズム

大量発汗時に汗の管である汗管が閉塞し、汗が皮膚の外に出ずに汗管外(皮膚内)に漏出して発症する。浅いところでの閉塞は、水疱が主にでき水晶様汗疹(すいしょうようかんしん)という。痒みはない。一方、深いところでの... 続きを読む

湿疹やじんましんとは違う!実は怖い多形滲出性紅斑

湿疹やじんましんの原因は?
湿疹の主な原因は、刺激物に肌が触れることです。

刺激物とは、アクセサリー類などに使われている金属(ニッケルなど)や、ぎんなんなどの植物、服に使用されているゴム、洗剤や化粧品などに配合されている界面活性剤... 続きを読む

生理用品の選び方-生理中のかぶれやムレはナプキンが原因?

ナプキンとタンポンはどう使い分けるの?
自分に合ったナプキンはどう選ぶの?
布ナプキンは何がいいの?
そんな生理用品にまつわる疑問にお答えします。 ナプキン選びは体感や快適性にこだわって 半数以上がタンポン派といわれる欧米と異なり、... 続きを読む

アソコのかゆみはカンジタ膣炎かも

性感染症ではない!カンジダ膣炎の原因

カンジダは不完全菌に属する酵母の代表的なものであり、もともと性器周辺やその他の体表に存在している菌、いわゆる常在菌で、健康な人体は免疫により過度の増殖を防いでいるが、体調の悪化などで免疫力が落ち... 続きを読む