ピロットDの効能・用量・副作用など

ピロットDの基本情報

ピロットD

ピロットD

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 鎮痛・鎮痒・収れん・消炎薬(パップ剤を含む)
形状 液剤
製造販売会社 全薬工業
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第「2」類医薬品

ピロットDの特徴

ピロットDは,広い患部や毛髪部位のしっしん,皮ふ炎,あせも,かぶれなどの皮ふ病の
治療に適した,のびがよく,ベトつかないローション剤です。
しっしん,皮ふ炎などの炎症を抑え、かゆみやかぶれを改善する抗炎症剤・デキサメタゾ
ン酢酸エステルと、細菌の感染を防ぐ殺菌剤・ベンザルコニウム塩化物を配合しています。

ピロットDの効能効果

あせも,かぶれ,かゆみ,虫さされ,しもやけ,湿疹,皮膚炎,じんましん

ピロットDの用法用量

1日数回,患部に塗布又は塗擦してください。
(用法関連注意)
(1)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(2)目に入らないように注意してください。万一,目に入った場合には,すぐに水又は
ぬるま湯で洗ってください。なお,症状が重い場合には,眼科医の診療を受けてください。
(3)外用にのみ使用してください。

ピロットDの成分分量

1g中
デキサメタゾン酢酸エステル 0.25mg
ベンザルコニウム塩化物液(10%) 0.005mL
(添加物)
ジブチルヒドロキシトルエン(BHT),ステアリン酸ソルビタン,トリエタノールアミン,
パラベン,ポリソルベート60,オクチルドデカノール,カルボキシビニルポリマー,
グリセリン,中鎖脂肪酸トリグリセリド,ポリオキシエチレンセチルエーテルリン酸ナト
リウム,ラウロマクロゴール

ピロットDの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなる。)
1.次の部位には使用しないでください。
水痘(水ぼうそう),みずむし・たむし等又は化膿している患部。
2.顔面には、広範囲に使用しないでください。
3.長期連用しないでください。
■相談すること
1.次の人は使用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(4)患部が広範囲の人。
(5)湿潤やただれのひどい人。
2.使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに使用を中止
し、この添付文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
皮膚(患部):みずむし・たむし等の白せん,にきび,化膿症状,持続的な刺激感
3.5?6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し、この添付文書を持って
医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。

ピロットDの保管上の注意

(1)直射日光のあたらない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手のとどかない所に保管してください。
(3)他の容器に入れかえないでください。(誤用の原因になったり品質が変わる。)
(4)使用期限を過ぎた製品は,使用しないでください。

ピロットDが気になる人向けのコラム

ストレスで一気に白髪になることってあるの? 白髪に有効な食べ物

歳をとるにつれ、髪に白いものが混じり始めるのは誰にでもあること。しかしそれが、あるとき髪全体が一気に白くなってしまう、などということが起こり得るものでしょうか。
歴史的に有名なエピソードに18世紀のフランス王妃、マリーアントワネットの... 続きを読む

あせも予防に大切なポイントとは

あせもができるメカニズム

大量発汗時に汗の管である汗管が閉塞し、汗が皮膚の外に出ずに汗管外(皮膚内)に漏出して発症する。浅いところでの閉塞は、水疱が主にでき水晶様汗疹(すいしょうようかんしん)という。痒みはない。一方、深いところでの... 続きを読む

湿疹やじんましんとは違う!実は怖い多形滲出性紅斑

湿疹やじんましんの原因は?
湿疹の主な原因は、刺激物に肌が触れることです。

刺激物とは、アクセサリー類などに使われている金属(ニッケルなど)や、ぎんなんなどの植物、服に使用されているゴム、洗剤や化粧品などに配合されている界面活性剤... 続きを読む

毛髪ミネラル検査

血液検査、尿や便の検査など、体内を調べる検査はいろいろありますが、有害なミネラルの蓄積量がわかると注目されているのが、「毛髪ミネラル検査」。 ... 続きを読む

胎児に危険な水銀も!髪の毛で有害物質がわかる「毛髪検査」とは

妊娠したら、食べるのを控えるべきもののひとつに“魚”があります。「魚って体にいいはずでは?」と素朴なギモンが湧きますが、気をつけなくてはいけないのは、魚に含まれる“水銀”。厚生労働省は、「魚は健康的な食生活を営む上で重要な食材ですが、魚... 続きを読む