フェミニーナ軟膏Sの効能・用量・副作用など

フェミニーナ軟膏Sの基本情報

フェミニーナ軟膏S

フェミニーナ軟膏S

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 鎮痛・鎮痒・収れん・消炎薬(パップ剤を含む)
形状 塗布剤
製造販売会社 小林製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

フェミニーナ軟膏Sの効能効果

かゆみ,かぶれ,湿疹,虫さされ,皮ふ炎,じんましん,あせも,ただれ,しもやけ

フェミニーナ軟膏Sの用法用量

1日数回,患部に適量を塗布してください
(用法関連注意)

フェミニーナ軟膏Sの成分分量

100g中
リドカイン 2.0g
酢酸トコフェロール 0.3g
塩酸ジフェンヒドラミン 2.0g
イソプロピルメチルフェノール 0.1g
(添加物)
エデト酸ナトリウム,濃グリセリン,パラベン,ベヘニルアルコール,ポリオキシエチレンステアリルエーテル,ポリオキシエチレンセチルエーテル,ミリスチン酸イソプロピル,モノステアリン酸グリセリン,ラノリンアルコール,流動パラフィン

フェミニーナ軟膏Sが気になる人向けのコラム

お腹が痛い!どこがどんな風に痛い? 痛む場所から疑われる病気をイラストで解説

「腹痛」といっても、痛みの種類や痛む場所によって原因はさまざま。ときには、その腹痛が病気の前兆の場合もあります。腹痛で疑われる病気をまとめてご紹介します。 腹痛から原因の病気が特定できる 腹部は、体の中心で重要な臓器が集まっている場所... 続きを読む

女性がなりやすい!膀胱炎と腎盂腎炎とは?

そもそも膀胱炎ってどんな病気?
膀胱炎とは尿道から細菌が侵入し膀胱が炎症を起こす病気です。

主に大腸からの細菌が膀胱内に侵入し、増殖して炎症を起こす細菌感染症です。
急性膀胱炎は、10代後半から20〜30代の女性に多く発症しま... 続きを読む

あせも予防に大切なポイントとは

あせもができるメカニズム

大量発汗時に汗の管である汗管が閉塞し、汗が皮膚の外に出ずに汗管外(皮膚内)に漏出して発症する。浅いところでの閉塞は、水疱が主にでき水晶様汗疹(すいしょうようかんしん)という。痒みはない。一方、深いところでの... 続きを読む

湿疹やじんましんとは違う!実は怖い多形滲出性紅斑

湿疹やじんましんの原因は?
湿疹の主な原因は、刺激物に肌が触れることです。

刺激物とは、アクセサリー類などに使われている金属(ニッケルなど)や、ぎんなんなどの植物、服に使用されているゴム、洗剤や化粧品などに配合されている界面活性剤... 続きを読む

生理用品の選び方-生理中のかぶれやムレはナプキンが原因?

ナプキンとタンポンはどう使い分けるの?
自分に合ったナプキンはどう選ぶの?
布ナプキンは何がいいの?
そんな生理用品にまつわる疑問にお答えします。 ナプキン選びは体感や快適性にこだわって 半数以上がタンポン派といわれる欧米と異なり、... 続きを読む