新スピード膏Sの効能・用量・副作用など

新スピード膏Sの基本情報

新スピード膏S

新スピード膏S

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 鎮痛・鎮痒・収れん・消炎薬(パップ剤を含む)
形状 貼付剤
製造販売会社 常盤薬品工業
医薬品区分 一般配置兼用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

新スピード膏Sの特徴

無臭性の温感プラスターである新スピード膏Sは,トウガラシの辛味成分と同じ温感刺激作用により血行を促進するノニル酸ワニリルアミドと,鎮痛・消炎作用がある無臭性のサリチル酸グリコールを配合した貼り薬(プラスター)で,肩こり,腰痛,筋肉痛などにすぐれた効果をあらわします。
●温感タイプのプラスター
●無臭性でにおいが気にならない
●目立たない肌色・小型タイプ

新スピード膏Sの効能効果

肩こり,腰痛,筋肉痛,打撲,捻挫,関節痛,筋肉疲労,しもやけ

新スピード膏Sの用法用量

1.膏面を覆っているライナーをはがし,患部に直接貼り,四隅はよくおさえてください。
2.1日数回,お貼りください。
(用法関連注意)
(1)用法・用量を厳守してください。
(2)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(3)貼った患部をコタツや電気毛布等で温めないでください。
(4)皮ふの弱い人は同じ部位へ続けて使用しないでください。
(5)患部が汗などでぬれている時は,よくふきとってから使用してください。
(6)貼ったまま入浴されますと痛みを感じることがありますので,入浴の30分?1時間位前にはがしてください。また入浴後はしばらく時間をおいてから使用してください。

新スピード膏Sの成分分量

1m2中
ノニル酸ワニリルアミド 0.15g
サリチル酸グリコール 3.00g
(添加物)
ハイシスポリイソプレンゴム,ポリスチレン・ポリイソプレン・ポリスチレンゴム,脂肪族系炭化水素樹脂,炭酸カルシウム,酸化亜鉛,BHT,酸化鉄,三二酸化鉄

新スピード膏Sの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります。)
次の部位には使用しないでください
(1)目の周囲,粘膜など。
(2)湿疹,かぶれ,傷口。
■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師または登録販売者に相談してください
薬によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤,かゆみ,痛み
3.5?6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談してください

新スピード膏Sの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手のとどかない所に保管してください。
(3)他の容器に入れかえないでください。(誤用の原因になったり品質が変わります。)
(4)開封後は,袋の口を折りまげ,箱に入れて保管してください。
(5)期限を過ぎた製品は使用しないでください。

新スピード膏Sに効果効能が似た薬

新スピード膏Sが気になる人向けのコラム

短い時間で楽々!筋肉緊張ダイエット

筋肉緊張
自分が痩せたいと思っている体の筋肉に力を入れる、これが筋肉緊張ダイエットです。脂肪を燃焼させることから常態変換法ダイエットととも呼ばれたりすることがあります。手順は至ってシンプルです。胸の筋肉の引き締めを行う場合は、胸を張り、... 続きを読む

ジンゲロール

日本の食卓に欠かせない食材「しょうが」。冷え取り効果が有名ですが、からだにうれしい働きはそれだけではありません。しょうがには辛味成分が約250種類、揮発(香り)成分が約50種類も含まれています。さまざまな優れた薬効があるため、漢方薬の約7... 続きを読む

サラダチキンを食べて筋肉増量ダイエット!

サラダチキン
ダイエットの際の食事で脂肪の摂取を控えたり糖分の摂取を控える人は多いですが、ダイエットの時にたんぱく質の摂取について考える人は意外に少ないです。

たんぱく質は人間の身体の中でも代謝が最も行われると言われている筋肉の形... 続きを読む

筋肉に働きかける常態変換法ダイエット

常態変換法
痩せている人と太っている人では筋肉の緊張度が違っているといわれています。
常態変換法は筋肉の緊張状態に注目したダイエットであり、体一つで行えるとっても手軽なダイエットです。
方法は簡単で、全身の筋肉の適度な緊張状態を意識... 続きを読む

二度と腰痛にならない【正しい座り方】を身につけよう

悪い座り方が腰痛を招いている 現代人は1日の半分近くを座って過ごすと言われています。現在、日本には2800万人の腰痛患者がいると言われていますが、その大きな原因の一つが「座り方」であると指摘するのは、腰痛の専門家である伊藤和磨さんです... 続きを読む