橙色ペークミンの効能・用量・副作用など

橙色ペークミンの基本情報

橙色ペークミン

橙色ペークミン

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 鎮痛・鎮痒・収れん・消炎薬(パップ剤を含む)
形状 塗布剤
製造販売会社 全薬工業
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

橙色ペークミンの特徴

橙色ペークミンは,しっしん,皮ふ炎による腫れ・発赤,かゆみ,かぶれ,ただれなどを改善する外皮用軟膏です。
1.低刺激性の油脂性基剤を使用しているため,ジュクジュク(湿潤)型にもカサカサ(乾燥)
型にもお薦めします。
2.炎症を抑えるグリチルレチン酸,患部を保護し,回復を促すアルクロキサとカラミン,
患部を殺菌するアクリノール水和物を配合しています。
3.ステロイド剤は配合していません。

橙色ペークミンの効能効果

湿疹,皮ふ炎,かぶれ,ただれ,あせも,かゆみ,しもやけ,虫さされ

橙色ペークミンの用法用量

1日1?4回直接患部へ塗布するか,ガーゼ又はリント布等に適当にのばして貼付してください。
(用法関連注意)
(1)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(2)目に入らないように注意してください。万一,目に入った場合には,すぐに水又はぬるま湯で洗ってください。
なお,症状が重い場合には,眼科医の診療を受けてください。
(3)外用にのみ使用してください。

橙色ペークミンの成分分量

1g中
アルクロキサ 5mg
グリチルレチン酸 10mg
カラミン 100mg
アクリノール水和物 0.5mg
(添加物)
流動パラフィン,ステアリン酸グリセリル,ワセリン

橙色ペークミンの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は使用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人。
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(3)湿潤やただれのひどい人。
2.使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに使用を中止し、
この添付文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
3.5?6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し、この添付文書を持って
医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。

橙色ペークミンの保管上の注意

(1)高温になると溶けることがありますので,直射日光のあたらない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手のとどかない所に保管してください。
(3)他の容器に入れかえないでください。(誤用の原因になったり品質が変わる。)
(4)寒さで軟膏が出にくいときは,チューブを手の中でしばらくあたためてからお使いください。
(5)使用期限を過ぎた製品は,使用しないでください。

橙色ペークミンが気になる人向けのコラム

あせも予防に大切なポイントとは

あせもができるメカニズム

大量発汗時に汗の管である汗管が閉塞し、汗が皮膚の外に出ずに汗管外(皮膚内)に漏出して発症する。浅いところでの閉塞は、水疱が主にでき水晶様汗疹(すいしょうようかんしん)という。痒みはない。一方、深いところでの... 続きを読む

地中海式ダイエットのメリットとは

地中海式
植物性油脂の油であるオリーブオイルを摂る事でほとんどの油分を賄っている地中海式食生活は、動物性油脂を摂るより肥満や心臓疾患などをずっと減らす事ができると証明されています。
植物性脂肪の油である「オリーブオイル」でほとんどの油... 続きを読む

湿疹やじんましんとは違う!実は怖い多形滲出性紅斑

湿疹やじんましんの原因は?
湿疹の主な原因は、刺激物に肌が触れることです。

刺激物とは、アクセサリー類などに使われている金属(ニッケルなど)や、ぎんなんなどの植物、服に使用されているゴム、洗剤や化粧品などに配合されている界面活性剤... 続きを読む

ウォーターオーブンで油を落とした料理を

ウォーターオーブン
ダイエットをしているときに気になるのが、料理のカロリーではないでしょうか?頑張って運動をしてカロリーを消費しても、脂っこい食事をしてしまったら、その努力が水の泡となってしまいます。
ウォーターオーブンは、加熱水蒸気... 続きを読む

甲状腺がんの基礎知識 病気の特徴と進行の仕方|主な検査方法

甲状腺は、いわゆる「のどぼとけ」の下に、蝶が羽を広げたような形で気管を取り囲むように位置する10~20gほどの小さな臓器です。甲状腺の働きは、主に食べ物から取り込んだ「ヨード(ヨウ素)」を材料に甲状腺ホルモンを合成し、血液中に分泌すること... 続きを読む