ラマストン液の効能・用量・副作用など

ラマストン液の基本情報

ラマストン液

ラマストン液

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 みずむし・たむし用薬
形状 液剤
製造販売会社 佐藤製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

ラマストン液の特徴

●ピリドン系の抗真菌剤シクロピロクスオラミンを配合しています。水虫・たむしの原因菌である白癬菌が寄生している角質層への親和性にすぐれ,強い抗菌作用をあらわします。
●乾きが早くベタつかない無色澄明の液剤です。

ラマストン液の効能効果

みずむし,いんきんたむし,ぜにたむし

ラマストン液の用法用量

患部を清潔にして1日2?3回,適量を塗布又は塗擦してください。
(用法関連注意)
(1)患部やその周囲が汚れたまま使用しないでください。
(2)目に入らないように注意してください。万一,目に入った場合には,すぐに水又はぬるま湯で洗い,直ちに眼科医の診療を受けてください。
(3)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(4)外用にのみ使用してください。

ラマストン液の成分分量

シクロピロクスオラミン 1w/v%
(添加物)
マクロゴール,アルコール

ラマストン液の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用・事故が起こりやすくなります)
次の部位には使用しないでください
(1)目や目の周囲,粘膜(例えば,口腔,鼻腔,膣等),陰のう,外陰部等。
(2)湿疹。
(3)湿潤,ただれ,亀裂や外傷のひどい患部。
■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)乳幼児。
(3)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(4)患部が顔面又は広範囲の人。
(5)患部が化膿している人。
(6)「湿疹」か「みずむし,いんきんたむし,ぜにたむし」かがはっきりしない人。
(陰のうにかゆみ・ただれ等の症状がある場合は,湿疹等他の原因による場合が多い。)
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので,直ちに使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ,かぶれ,はれ,刺激感,ただれ
3.2週間位使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください

ラマストン液の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わるおそれがあります。)
(4)使用期限をすぎた製品は,使用しないでください。
(5)本剤のついた手で,目や粘膜にふれないでください。
(6)火気に近づけないでください。

ラマストン液が気になる人向けのコラム

これってもしかして水虫?初期治療のコツと完治させるポイント

日本人の5人に1人は水虫にかかったことがある 水虫というと足が不潔な人がかかるもの、と思っている人もいると思いますが、日本で水虫にかかったことのある人は約2500万人といわれています。つまり、4~5人に1人は水虫経験者。家族で誰かが水... 続きを読む

高温多湿になる梅雨時は水虫に注意! 水虫にならない習慣とは

“おじさんの病気”というイメージがある水虫ですが、最近では女性の水虫患者が増えています。その原因は、冬のブーツにありました。
水虫は、カビの一種である“白癬菌”(はくせんきん)による感染症で、放っておくと1年中生きつづけています。カビは... 続きを読む

これは覚えておきたい-暑い季節の食中毒を予防するための8カ条

雨がしとしと降り続き気温も上昇、うっとうしい日本の梅雨。この時期から活発な活動を開始するのが食中毒菌です。
ちなみに食中毒とは、食中毒菌や食中毒菌の出す毒素に汚染された食品を食べることなどによって起こる中毒症状で、日本での発生が多いの... 続きを読む

水虫の正しい知識 Part5-増える女性の水虫、ケアの仕方とは

水虫は中年男性だけがかかるものと思っている方はいませんか。
2004年の12月にヤンセンファーマが首都圏在住の20~30歳代の働く女性519人に、インターネットを通じてアンケート調査を行ったところ、11.2%が「水虫と病院で診断されたこと... 続きを読む

ローズマリー

ラベンダー、セージ、タイムなどと並ぶ代表的なハーブのひとつ。地中海沿岸地方原産のシソ科の低木で1年中緑の葉をつけます。和名はマンネンロウ。 「ラテン語の学名では“海のしずく”という意味が込められています。明るい紫色や薄い青色の花と独特の香り... 続きを読む