オイラックス潤乳液の効能・用量・副作用など

オイラックス潤乳液の基本情報

オイラックス潤乳液

オイラックス潤乳液

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 皮膚軟化薬(吸出しを含む)
形状 液剤
製造販売会社 ホシエヌ製薬
販売会社 第一三共ヘルスケア
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

オイラックス潤乳液の特徴

1.尿素の作用により,角質の水分保持力を増加させ,カサカサした皮膚に潤いをあたえます。
2.クロタミトン,ジフェンヒドラミン,グリチルレチン酸の作用により不快なかゆみをしずめます。
3.少量で広い範囲に塗れる乳液です。
4.Water in Oilタイプ(W/O型)の乳液なので,皮脂膜(W/O型)となじみやすく,効果的にはたらきます。
(1)かゆみ止め成分が浸透
(2)尿素が水分をとりこむ

オイラックス潤乳液の効能効果

かゆみを伴う乾燥性皮膚(老人・成人の乾皮症,小児の乾燥性皮膚)

オイラックス潤乳液の用法用量

1日数回,適量を患部に塗布して下さい。
(用法関連注意)
(1)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させて下さい。
(2)目に入らないように注意して下さい。万一,目に入った場合には,すぐに水又はぬるま湯で洗って下さい。なお,症状が重い場合には,眼科医の診療を受けて下さい。
(3)外用にのみ使用して下さい。
(4)使用前によく振って下さい。

オイラックス潤乳液の成分分量

100g中
尿素 10g
クロタミトン 5g
ジフェンヒドラミン 1g
グリチルレチン酸 0.3g
(添加物)
グリセリン脂肪酸エステル,ラウリン酸ヘキシル,2-エチルヘキサン酸セチル,オレイン酸デシル,メチルポリシロキサン,パルミチン酸デキストリン,塩化アンモニウム,リン酸二水素カリウム,リン酸水素二ナトリウム,l-メントール

オイラックス潤乳液の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります)
次の部位には使用しないで下さい。
(1)目の周囲,粘膜等
(2)傷口又は赤く腫れている所
(3)ただれやひび割れのひどい所
■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
(1)医師の治療を受けている人
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので,直ちに使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ,はれ,かぶれ,刺激感(痛み,熱感,ぴりぴり感),かさぶたの様に皮膚がはがれる
3.2週間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。

オイラックス潤乳液の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない涼しい所に密栓して保管して下さい。
(2)小児の手の届かない所に保管して下さい。
(3)他の容器に入れ替えないで下さい。(誤用の原因になったり品質が変わります)
(4)表示の使用期限を過ぎた製品は使用しないで下さい。

オイラックス潤乳液が気になる人向けのコラム

【コレって病気?】みかんの食べ過ぎで皮膚が黄色くなる

黄色人種の黄疸は白目の部分で判定する 黄疸(おうだん)という症状を聞いたことがあるでしょうか。黄疸とは、ビリルビンという黄色い色素が血液中に増加し、全身の皮膚や粘膜に沈着した状態をいいます。 日本人のような黄色人種では、皮膚の色が黄色... 続きを読む

自分に合った食材を知る血液型ダイエット

血液型
アルコールの分解能力に個人差があるように、人それぞれに消化酵素などの働きは違います。これを「血液型によってタイプ分けできるのではないか?」という考えから生まれたのが血液型ダイエットです。

たとえば、農耕民族がルーツとされる... 続きを読む

知っておこう!小児慢性特定疾患医療費助成制度

小児慢性特定疾患医療費助成制度とは?
「小児慢性特定疾患医療費助成制度」は子どもの健全な育成を目的とし疾患の治療方法の確立を目指す厚生労働省の『小児慢性特定疾患治療研究事業』の一環として施行されます。親は誰でも、赤ちゃんが誕生した瞬間か... 続きを読む

厄介な乳幼児の皮膚トラブル「とびひ」を撃退

とびひってどんな病気
正式には「伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)」と言います。黄色ブドウ球菌や溶血性連鎖球菌(溶連菌)が肌の引っかき傷や、転んでできた傷などに感染して起こる皮膚病です。7歳以下の子どもがかかりやすいのは、黄色ブドウ... 続きを読む

30代でもなる五十肩-2つのセルフチェックポイントと予防法

「ある日突然、肩が上がらなくなった」「肩の痛みで眠れない」「じっとしていても肩が痛む」といった症状が出たら、それは五十肩かもしれません。五十肩といっても実際は40代から50代にかけての発症が多く、最近では30代でもみられるなど若年化する傾... 続きを読む