ゴルファンGの効能・用量・副作用など

ゴルファンGの基本情報

ゴルファンG

ゴルファンG

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 皮膚軟化薬(吸出しを含む)
形状 貼付剤
製造販売会社 福井製薬
販売会社 日邦薬品工業
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

ゴルファンGの特徴

本品は,サリチル酸の角質軟化溶解作用を利用した絆創膏タイプの角質剥離剤です。厚く堅くなった皮膚をやわらかくし,うおのめ,たこ,いぼを取り去ります。又,保護用パッドにより患部を守り,外部からの刺激による痛みをやわらげます。

ゴルファンGの効能効果

魚の目,たこ,いぼ

ゴルファンGの用法用量

被覆してある剥離紙をはぎとり,中央部のサリチル酸絆創膏が患部を覆うように貼りつけてください。
●1日毎に交換してください。
特に,ご入浴後の使用は,よりいっそう効果的です。
●交換の際には白くなった角質部を消毒したピンセットなどで取り除き,引き続き完全に取り切るまで本品の使用を繰り返してください。特に,うおのめはまん中の堅くなった角質の「しん」を完全に取り除かないと再発します。
(用法関連注意)
(1)定められた用法を守ってください。
(2)目には入らないように注意してください。万一,目に入った場合には,すぐに水又はぬるま湯で洗い,直ちに眼科医の診療を受けてください。
(3)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(4)外用にのみ使用してください。
(5)患部の周りの皮膚につかないよう,よく注意して使用してください。
(6)入浴時には必ず取りはずしてください。

ゴルファンGの成分分量

100g(1000cm2)中
サリチル酸 50g
(添加物)
精製ラノリン,ロジンエステル

ゴルファンGの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用・事故が起こりやすくなる)
1.次の部位には使用しないこと
(1)目の周囲,粘膜,やわらかい皮膚面(首の回り等),顔面等。
(2)炎症又は傷のある患部。
■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
(1)乳幼児。
(2)本人又は家族がアレルギー体質の人。
(3)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(4)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(5)糖尿病の治療を受けている人(糖尿病患者は感染抵抗力が低下しています。角質を取る際に皮膚を傷つけてしまった場合,感染しやすくなります)。
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ

ゴルファンGの保管上の注意

1.直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
2.小児の手のとどかない所に保管してください。
3.他の容器に入れ替えないでください(誤用の原因になったり品質が変わることがあります)。

ゴルファンGが気になる人向けのコラム

足裏のたこや魚の目-原因や除去の仕方|日常のケアで再発防止

たこや魚の目は、皮膚の正常な反応が原因で起こります。つまり、歩き方にくせがあったり、靴と足のミスマッチで、靴の中で足にくり返し力が加わると、その力に負けないように皮膚が厚くなってたこや魚の目ができるのです。したがって、たこや魚の目がある位... 続きを読む

そうめんのアレンジレシピ-涼しげな盛り付け方から美肌レシピまで

休日は外出するよりも自宅でのんびり過ごしたい、外食よりおうちカフェやプチ贅沢ごはん、外飲みより家飲み、そんな人が増えています。おうち時間を楽しむには、お金よりもアイデアが大事。ちょっとした工夫で、プライベートな時間が充実します。
このシ... 続きを読む

さまざまな足のトラブルと予防法-快適な歩行を支えるフットケア術

足病(そくびょう)という言葉をご存じでしょうか?
足病には、(1)足裏のたこ、魚の目などの足裏や足指にできる皮膚の硬化、(2)外反拇趾、内反小指などの骨格の変形、(3)巻爪・陥入爪・爪の厚化などの変形や変色、(4)爪白癬(爪水虫)、白癬(... 続きを読む

お花見にもって行きたい! お弁当のアレンジ-ピンチョスレシピ

春到来!
春の始まりはなんと言ってもお花見ですね。今年、桜の開花は早め、関東から西では満開を迎えたところも多いですが、北国ではこれからが本番。そして桜のあとは、新緑とともにつつじやれんげ、チューリップ、ポピーなど美しい春の花々が次々と見ご... 続きを読む

二日酔いを防ぐお酒の飲み方-シーフードを一緒に食べるといい?

忘年会やクリスマス、お正月や新年会と、年末年始はお酒を飲む機会が多くなる季節です。一年の感謝や新年の希望を願いながら親しい人と飲むお酒は心も和み、リラックス効果も期待できます。ただ、お酒の飲みすぎは肝臓に負担をかけ、翌日は二日酔いで苦しむ... 続きを読む