ケラチナミンコーワ乳状液10の効能・用量・副作用など

ケラチナミンコーワ乳状液10の基本情報

ケラチナミンコーワ乳状液10

ケラチナミンコーワ乳状液10

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 皮膚軟化薬(吸出しを含む)
形状 液剤
製造販売会社 興和
販売会社 興和新薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

ケラチナミンコーワ乳状液10の特徴

エアコンの普及をはじめとする生活環境の変化により,皮膚は乾燥しやすい状態におかれています。それに伴い,皮膚の乾燥によるかゆみで悩む人も,お年寄りをはじめ,お子様や成人層にまで広がってきております。ケラチナミンコーワ乳状液10は,こうしたかゆみを伴う乾燥性皮膚にすぐれた効きめをあらわす乳状液タイプの治療薬です。
保湿成分の尿素10%に,かゆみ止め成分のジフェンヒドラミン塩酸塩を同時処方しました。しかも,かゆみに伴い発生しがちな炎症を鎮める成分グリチルレチン酸も配合されています。
お使いになりますと,かゆみが鎮まっていき,カサカサ肌もしっとりしてまいります。大人はもちろんお子様にもご使用ください。
■かゆみを伴う乾燥性皮膚になる要因
●大気の乾燥
●エアコン・暖房器具の使用による室内の乾燥
●年齢・体質
●体の洗いすぎ・こすりすぎ
●体温の上昇
●衣類などによる刺激

ケラチナミンコーワ乳状液10の効能効果

かゆみを伴う乾燥性皮膚(成人・老人の乾皮症,小児の乾燥性皮膚)

ケラチナミンコーワ乳状液10の用法用量

1日数回適量を患部に塗擦してください。
(用法関連注意)
(1)用法・用量を守ってください。
(2)目に入らないように注意してください。万一,目に入った場合には,すぐに水又はぬるま湯で洗ってください。
なお,症状が重い場合には,眼科医の診療を受けてください。
(3)小児(15歳未満)に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(4)外用にのみ使用してください。
(5)化粧品ではありませんので,効能・効果で定められた患部のみに使用し,基礎化粧等の目的で顔面には使用しないでください。

ケラチナミンコーワ乳状液10の成分分量

100g中
尿素 10g
ジフェンヒドラミン塩酸塩 1g
グリチルレチン酸 0.3g
(添加物)
ワセリン,セタノール,ステアリルアルコール,マクロゴール,ステアリン酸グリセリン,流動パラフィン,カルボキシビニルポリマー,キサンタンガム,スクワラン,ポリソルベート60,ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油,エデト酸ナトリウム,パラベン,グリシン,リン酸二水素カリウム,水酸化ナトリウム

ケラチナミンコーワ乳状液10の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります)
次の部位には使用しないでください
(1)目のまわり,粘膜等。
(2)きずぐち又は赤くはれているところ。
(3)ただれやひび割れのひどいところ。
■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので,直ちに使用を中止し,この添付文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ,刺激感(いたみ,熱感,ぴりぴり感),はれ,かさぶたの様に皮膚がはがれる状態
3.2週間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この添付文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください

ケラチナミンコーワ乳状液10の保管上の注意

(1)本剤のついた手で,目など粘膜に触れないでください。
(2)高温をさけ,直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(3)小児の手の届かない所に保管してください。
(4)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わります。)
(5)使用期限(外箱及び容器に記載)をすぎた製品は使用しないでください。
なお,使用期限内であっても,開封後は品質保持の点からなるべく早く使用してください。

ケラチナミンコーワ乳状液10が気になる人向けのコラム

【コレって病気?】みかんの食べ過ぎで皮膚が黄色くなる

黄色人種の黄疸は白目の部分で判定する 黄疸(おうだん)という症状を聞いたことがあるでしょうか。黄疸とは、ビリルビンという黄色い色素が血液中に増加し、全身の皮膚や粘膜に沈着した状態をいいます。 日本人のような黄色人種では、皮膚の色が黄色... 続きを読む

真夏でも快適に節電しながら過ごす方法-おすすめひんやりグッズ

7月1日、政府は東北電力と東京電力管内の大口需要家(契約電力500kwを超える企業など)に対し、7~9月の平日午前9時から午後8時までの間、使用電力の15%削減を義務づける電力使用制限令を出しました。これは、東日本大震災の影響で電力供給量... 続きを読む

冬場に増える低温やけど-痛みを感じなくても重症の場合がある

暖房器具が欠かせない季節、気をつけたいのが「低温やけど」です。使い捨てカイロやこたつ、電気あんか、湯たんぽ、ホットカーペットなど、ふだん危険を感じることなく使っているものが原因になります。
「温かくて快適」と感じる温度でも、長時間、体... 続きを読む

知っておこう!小児慢性特定疾患医療費助成制度

小児慢性特定疾患医療費助成制度とは?
「小児慢性特定疾患医療費助成制度」は子どもの健全な育成を目的とし疾患の治療方法の確立を目指す厚生労働省の『小児慢性特定疾患治療研究事業』の一環として施行されます。親は誰でも、赤ちゃんが誕生した瞬間か... 続きを読む

熱中症は屋内にいてもなる? オフィスや家庭でも対策方法

昨年の夏は平均気温が観測史上最高、熱中症で救急搬送された人の数も過去最高という記録的な猛暑でした。今年は、梅雨も明けないうちから猛暑日を記録するなど、6月の暑さは昨年以上で、その後も暑い日が続いています。東日本大震災による電力不足対策で節... 続きを読む