リトスペール軟膏の効能・用量・副作用など

リトスペール軟膏の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 その他の外皮用薬
形状 塗布剤
製造販売会社 東宝製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

リトスペール軟膏の特徴

紫根(シコン)は,古くから生薬,染料として用いられ,これを医薬品として利用した例の中でも有名なものには「紫雲膏(しうんこう)」という漢方製剤があります。リトスペール軟膏も同様に紫根を用いております。紫根とは読んで字の如し,ムラサキ属の“ムラサキ””という植物の根のことで,赤紫色をしています。これを成分とする本品も同じ色をしています。この色素が紫根中の主成分であるシコニン及びアセチルシコニンであり,皮膚創傷,火傷面の新生や肉芽形成に効果をあらわします。つまり,皮膚自身の治癒力を高めて助ける働きがありますので,切り傷,やけど,しもやけなどの症状改善を促進してくれます。

リトスペール軟膏の効能効果

外科創傷(切傷),火傷,一般潰瘍(ただれ),凍傷(しもやけ),きれ痔

リトスペール軟膏の用法用量

本品を適宜患部に塗布する。
(用法関連注意)
(1)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(2)目に入らないよう注意してください。万一,目に入った場合には,すぐに水またはぬるま湯で洗ってください。なお,症状が重い場合には,眼科医の診療を受けてください。
(3)外用にのみ使用してください。

リトスペール軟膏の成分分量

1350g中
抽出油 950g (シコン100g,大豆油1000g)
ミツロウ 400g
(添加物)
なし

リトスペール軟膏の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります)
次の人は使用しないでください
(1)本剤または本剤の成分によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(2)湿潤・ただれ・やけど・外傷のひどい人。
(3)傷口が化膿している人。
(4)患部が広範囲の人。
■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師または登録販売者に相談してください
・医師の治療を受けている人。
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
その他:刺激感
3.5?6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談してください

リトスペール軟膏の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わります。)
(4)軟膏が冷たくなりすぎるとチューブから出なくなる場合があります。その場合には,温かい場所に移してしばらくしてから使用してください。
(5)本剤は日時の経過とともに色調の変化が幾分見られますが,有効成分の効果には変わりありません。
(6)使用期限を過ぎた製品は使用しないでください。

リトスペール軟膏に効果効能が似た薬

リトスペール軟膏が気になる人向けのコラム

健診と人間ドックの違いは? 一般検診はがんの早期発見は難しい

健康に関心が高い人は、毎年何らかの健康診断を受けていると思います。それが人間ドックか一般健診か、個人で受けるか職場や自治体が行う健診を受けるかなどの違いはあっても、毎年受診されている人も多いでしょう。しかし、実際に自分で受けておられる健康... 続きを読む

頼れる「専門医」はどこにいる? 日本の医療が抱える専門医の課題


前回(2009年5月7日配信)の「Zoom
ヘルスケア」コラム『検討される専門家としての「家庭医」養成』では、皆さんがお住まいの地域でどんな医師を望んでいるのかという視点で、これからの総合診療を支える人材をどうやって養成すればいいのかに... 続きを読む

健康診断はあてにならない?検査項目には科学的根拠が乏しい

前回は、人間ドックは一般健診に比べ、がん検診の項目が多く含まれていることを説明しました(「賢い健診講座1
一般健診と人間ドック」)。がんの検査以外でも一般健診に比べ、より多くの検査項目が含まれていますが、それらはエビデンス(科学的根拠)に... 続きを読む

最近流行りのパープル・フードダイエットとは?

パープル・フード
パープルフードダイエットとは、一週間に三回紫色の食べ物だけを食べるダイエット方法で、なぜ紫色の食材を食べると痩せるのかと言いますと、抗酸化物質が含まれているからなのです。
果物や野菜の赤色や青紫色を呈するアントシアニ... 続きを読む

大腸がんを早期発見-便潜血反応検査って知ってる?

近年、大腸がん(結腸、直腸、肛門のがん)による死亡者数が急増しています。厚生労働省の統計によると、平成19年の日本人の死因の約3分の1は「がん」です。このうち男性の大腸がんの死亡者数は10年前の約1.2倍となり、初めて肝臓がんを抜いて3番... 続きを読む