アイラート40の効能・用量・副作用など

アイラート40の基本情報

アイラート40

アイラート40

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 一般点眼薬
形状 液剤
製造販売会社 全薬工業
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

アイラート40の特徴

アイラート40は,低下した目の機能の回復を早め,「かすみ目」,「疲れ目」に効果を発揮する目薬です。
1.目の調節機能の回復を早めるビタミンB12とネオスチグミンメチル硫酸塩を配合しています。
2.目の疲れに伴う炎症を鎮めます。

アイラート40の効能効果

目のかすみ(目やにの多いときなど),目の疲れ,結膜充血,紫外線その他の光線による
眼炎(雪目など),眼病予防(水泳のあと,ほこりや汗が目に入ったときなど),眼瞼炎
(まぶたのただれ),ハードコンタクトレンズを装着しているときの不快感,目のかゆみ

アイラート40の用法用量

1回1?3滴,1日3?6回点眼してください。
(用法関連注意)
(1)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(2)容器の先をまぶた,まつ毛に触れさせないでください。〔汚染や異物混入(目やにやホコリ等)の原因になる〕
また,混濁したものは使用しないでください。
(3)ソフトコンタクトレンズ及び酸素透過性ハードコンタクトレンズを装着したまま
使用しないでください。
(4)点眼用にのみ使用してください。

アイラート40の成分分量

10mL中
シアノコバラミン 2mg
酢酸d-α-トコフェロール 1.5mg
イプシロン-アミノカプロン酸 100mg
グリチルリチン酸二カリウム 10mg
ネオスチグミンメチル硫酸塩 0.5mg
L-アスパラギン酸カリウム 50mg
(添加物)
エデト酸ナトリウム,塩化ベンザルコニウム,クロロブタノール,パラベン,ポリオキシ
エチレン硬化ヒマシ油,ポリソルベート80,l-メントール,塩化ナトリウム,d-カンフル,ポビドン

アイラート40の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は使用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人。
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(3)次の症状のある人。
はげしい目の痛み
(4)次の診断を受けた人。
緑内障
2.使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに使用を中止し、
この添付文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
目:充血,かゆみ,はれ
3.次の場合は使用を中止し、この添付文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)目のかすみが改善されない場合。
(2)2週間位使用しても症状がよくならない場合。

アイラート40の保管上の注意

(1)直射日光のあたらない涼しい所に密栓して保管してください。
特に自動車等、高温になる所に放置しないでください。
(2)小児の手のとどかない所に保管してください。
(3)他の容器に入れかえないでください。(誤用の原因になったり品質が変わる。)
(4)他の人と共用しないでください。
(5)本品が衣類に付着したときは,直ちに石けん水で洗い落としてください。
(6)使用期限を過ぎた製品は,使用しないでください。

アイラート40が気になる人向けのコラム

ひどい生理痛は病気のサインかも? 放置してはいけない女性の病気

月経痛(生理痛)は誰にでもあるもの、そう思っていませんか?
違うんです。動けなくなる、痛み止めが効かない、学校を休んでしまう、そのような痛みは異常です。
30年ほど前までは、生理痛に対して痛み止め以外の方法はなく、「早く子どもを産みな... 続きを読む

「なんか疲れた」と思ったら体の疲労サイン-疲労回復に効く食事

環境が大きく変わった、仕事が忙しい、遊びすぎた、睡眠不足などで疲れを感じるのは当たり前ですね。ゆっくり休養して回復するなら問題はありません。しかし、ぐっすり眠ったのに次の日に疲れが残ったり、朝から体がだるくてやる気がでない、といった人も多... 続きを読む

目やまぶたの腫れ、ものもらいの対処方法

放置しがちな「ものもらい」の症状とは
たびたび、目がチカチカ痛くなったり、まぶたが重くなったりすることはありませんか?大抵の場合は、目の疲れや寝不足などのストレスが重なって症状が出るため、その日のうちか数日すれば自然に治っているというこ... 続きを読む

ウルトラマラソン完走でわかった「走った翌日に疲れを残さない食べ物」

マラソン大会のシーズンたけなわ。エントリーした大会の出場を控えている人も多いのではないでしょうか。 秋風そよぐ中、全国各地で魅力的なコースを走るマラソンの楽しみは格別ですが、忘れてならないのがラン前後のケア。ぶっつけ本番の人はもちろん、... 続きを読む

パソコン疲れのVDT症候群を予防するには? 改善のポイント

パソコン作業をしながら、「目が疲れた」「肩がこった」「背中が痛い」などともらしているあなたのために、「VDT(ビジュアル・ディスプレイ・ターミナル)症候群」を防ぐためのポイントを紹介しましょう。それにはまず、パソコン作業環境を整えることか... 続きを読む