ノアールAZの効能・用量・副作用など

ノアールAZの基本情報

ノアールAZ

ノアールAZ

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 一般点眼薬
形状 液剤
製造販売会社 佐藤製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

ノアールAZの特徴

●目の充血・炎症に効果をあらわす水溶性アズレンを配合しています。
●結膜充血,紫外線などによる目の炎症に効果をあらわすグリチルリチン酸二カリウム,塩酸テトラヒドロゾリンを配合しています。
●さわやかなさしごこちの紫色をした目薬です。

ノアールAZの効能効果

目の疲れ,結膜充血,目のかすみ(目やにの多いときなど),目のかゆみ,眼瞼炎(まぶたのただれ),紫外線その他の光線による眼炎(雪目など),眼病予防(水泳のあと,ほこりや汗が目に入ったときなど),ハードコンタクトレンズを装着しているときの不快感

ノアールAZの用法用量

1日3?6回,1回1?3滴ずつ点眼します。
(用法関連注意)
(1)定められた用法・用量を厳守してください。
(2)過度に使用しますと,異常なまぶしさを感じたり,かえって充血を招くことがあります。
(3)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(4)容器の先をまぶた,まつ毛に触れさせないでください。また,混濁したものは使用しないでください。
(5)ソフトコンタクトレンズを装着したまま使用しないでください。
(6)点眼用にのみ使用してください。

ノアールAZの成分分量

15mL中
アズレンスルホン酸ナトリウム水和物(水溶性アズレン) 3mg
塩酸テトラヒドロゾリン 3mg
グリチルリチン酸二カリウム 18mg
クロルフェニラミンマレイン酸塩 4.5mg
コンドロイチン硫酸エステルナトリウム 15mg
(添加物)
パラベン,エデト酸Na,dl-カンフル,l-メントール,ポリソルベート80,等張化剤,ホウ酸,pH調整剤

ノアールAZの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(3)次の症状のある人。
はげしい目の痛み
(4)次の診断を受けた人。
緑内障
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので,直ちに使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
目:充血,かゆみ,はれ
3.次の場合は使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください
(1)目のかすみが改善されない場合。
(2)5?6日間使用しても症状がよくならない場合。

ノアールAZの保管上の注意

(1)直射日光や蛍光灯の光に当たらないようにして,なるべく涼しい所に密栓して保管してください。
(アズレンスルホン酸ナトリウム水和物は,光に当たると分解して退色します。)
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
(誤用の原因になったり品質が変わるおそれがあります。)
(4)他の人と共用しないでください。
(5)使用期限をすぎた製品は,使用しないでください。なお,使用期限内であっても,開封後は速やかにご使用ください。
(6)温度40℃以上となる所に置かないでください。車の中(ダッシュボード等)や暖房器具の近くなどに放置すると,容器が変形することがあります。
(7)本剤は,紫色の目薬ですので,衣服につかないように注意してください。
もし衣服についたときは,すぐに水で洗い流していただければシミになりません。
(8)容器のネジ部に成分の紫色の結晶がつくことがありますが,このような場合には清潔なガーゼなどでふき取ってから使用してください。

ノアールAZが気になる人向けのコラム

目やまぶたの腫れ、ものもらいの対処方法

放置しがちな「ものもらい」の症状とは
たびたび、目がチカチカ痛くなったり、まぶたが重くなったりすることはありませんか?大抵の場合は、目の疲れや寝不足などのストレスが重なって症状が出るため、その日のうちか数日すれば自然に治っているというこ... 続きを読む

紫外線対策でシミ・シワを予防-紫外線は肌の老化の原因になる?

紫外線というと、まず気になるのは日焼けですが、シミやシワなどにも深くかかわっていることがわかっています。シミ・シワといえば、典型的な肌の老化現象。肌の老化を「光老化」と呼ぶように、肌の老化の約80%は紫外線が原因といわれています。日焼けが... 続きを読む

春から始めたい紫外線対策-おすすめの日焼け止めの選び方

紫外線と聞いて、何を連想するでしょうか。真夏の太陽?
それとも日焼けした肌?
紫外線量は、北半球では夏至のころ、6月に最も多くなります。4月ごろから増えはじめますから、5月のよく晴れた日などは要注意です。真夏の7月、8月ともなると、大な... 続きを読む

最近流行りのパープル・フードダイエットとは?

パープル・フード
パープルフードダイエットとは、一週間に三回紫色の食べ物だけを食べるダイエット方法で、なぜ紫色の食材を食べると痩せるのかと言いますと、抗酸化物質が含まれているからなのです。
果物や野菜の赤色や青紫色を呈するアントシアニ... 続きを読む

4月から9月は紫外線対策を!シミ・シワを防ぐ4つのポイント

日焼けといえば夏のイメージですが、油断はできません。4月から9月ごろまでは強い紫外線が降り注いでいます。特に5月のよく晴れた日は、紫外線量が多い割に肌は日差しに慣れていないため、ダメージを受けやすいので注意しましょう。
オゾン層の破壊... 続きを読む