ホノミビスキンの効能・用量・副作用など

ホノミビスキンの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 その他の耳鼻科用薬
形状 カプセル剤
製造販売会社 剤盛堂薬品
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

ホノミビスキンの特徴

◆ホノミビスキンは、蓄膿症といった鼻づまりの症状や鼻炎を改善するために考え出された生薬製剤です。
◆ホノミビスキン中のキキョウ・キジツ・シャクヤクは鼻腔・副鼻腔内に溜まった膿汁を排泄するように働き、ケイガイ・ビャクシ・シンイは鼻に生じる不快な症状を改善します。レンギョウ・ジュウヤク・ソウジは蓄膿症や鼻炎の改善を早めるように働き、センキュウは蓄膿症や鼻炎の回復を手助けするように働きます。

ホノミビスキンの効能効果

蓄膿症(慢性副鼻腔炎、上顎洞化膿症)、急性副鼻腔炎(急性上顎洞炎)、急性慢性鼻カタル、鼻茸の初期

ホノミビスキンの用法用量

次の量を随時、コップ半分以上のぬるま湯にて服用して下さい。
注)「随時服用」とは食前・食間(食後2?3時間)・食後のいつ服用してもよいことを指しますが、胃腸の弱い方は食後の服用がよいでしょう。
[年齢:1回量:1日服用回数]
大人:3カプセル:1?3回
15歳未満10歳迄:2カプセル:1?3回
10歳未満5歳迄:1カプセル:1?3回
5歳未満:服用しないこと
(用法関連注意)
(1)用法・用量を厳守すること。
(2)小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させること。

ホノミビスキンの成分分量

9カプセル(3600mg)中
濃縮エキス 100mg (ケイガイ500mg・レンギョウ500mg)
ビスキンサン 3500mg (キキョウ2000mg・キジツ1000mg・ジュウヤク1500mg・センキュウ1000mg・ソウジ3000mg・ビャクシ1000mg・シャクヤク末1500mg・シンイ末1000mg)
(添加物)
青色1号、赤色3号、黄色5号、酸化チタン、ゼラチン、ラウリル硫酸ナトリウム

ホノミビスキンの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)胃腸の弱い人。
(4)高齢者。
(5)次の症状のある人。
高熱
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤、かゆみ
消化器:吐き気・嘔吐、食欲不振、胃部不快感
3.1ヵ月位(急性副鼻腔炎、急性鼻カタルに服用する場合には1週間位)服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
4.他の医薬品等を併用する場合には、含有成分の重複に注意する必要があるので、医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること

ホノミビスキンの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと。(誤用の原因になったり品質が変わる。)

ホノミビスキンに効果効能が似た薬

ホノミビスキンが気になる人向けのコラム

吉田沙保里さんも…おとなの「喘息(ぜんそく)」にご用心

「霊長類最強の女」と呼ばれるレスリングの吉田沙保里さんが、喘息を発症したという報道がありました。 2015年9月の世界選手権の前からその症状が出ていたようで、どんどん病状が悪化して、ようやく12月に入って受診、判明したそうです。 スパー... 続きを読む

見逃さないで「妊娠超初期」のサイン

ホルモンの影響で起こる「こんな症状」

ゲスタージェン(gestagen)とは子宮内膜に着床性増殖を引き起こす物質の総称。
黄体ホルモン、ゲスターゲン、プロゲスターゲンとも呼ばれる。
代表的な物質としてプロゲステロンが知られている... 続きを読む

妊娠初期の運動はどのくらいなら大丈夫? おすすめと注意点

まだ体調が不安定な妊娠初期。無理に動く必要はありませんが、適度な運動は胎児の発育のサポートにもなります。おすすめの運動と、注意すべき点をまとめました。 妊娠初期の運動で流産の心配なし 妊娠初期は、特に6〜7週目に流産が起こりやすく、その... 続きを読む

健康で美しい歯とは? 噛み合わせが悪いとなぜいけないのか

健康な歯をしている人は、実は見た目も自然と美しくなります。ここでいう「美しい」とは、つくられた美しさではなく、自然な美しさのことをいいます。自然な美しさは、実は「機能美」でもあります。この「機能美」が確立されていないと、顎関節症、歯ぎしり... 続きを読む

鼻血の止め方-よく鼻血が出る原因|まれに重大な病気の可能性も

誰でも一度は鼻血を経験したことがあるでしょう。しかし、頻繁に出血したりなかなか血が止まらない場合は心配なものです。何か病気が原因で鼻血が出ることもあるので、どういうときにどれくらいの量が出るのか、出血が止まりにくいかどうかなどについて、チ... 続きを読む