のどぬーるの効能・用量・副作用など

のどぬーるの基本情報

のどぬーる

のどぬーる

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 口腔咽喉薬(せき,たんを標榜しないトローチ剤を含む)
形状 液剤
製造販売会社 福地製薬
販売会社 小林製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

のどぬーるの特徴

殺菌・消毒効果の高い有効成分を自分で直接ぬることができます。

のどぬーるの効能効果

のどの殺菌・消毒

のどぬーるの用法用量

適宜,適量を患部に塗布してください
(用法関連注意)
(1)のどにぬるとき,綿などにしみこませ過ぎないように注意すること
(2)薬液を誤って大量に飲み込んだ時は,直ちに医師の診療を受けること
(3)小児に使用させる場合には特に注意し,保護者の指導監督のもとに使用させること

のどぬーるの成分分量

100mL中
ヨウ素 1g
(添加物)
ヨウ化カリウム,グリセリン,ハッカ水,香料(フェノール)

のどぬーるの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなる)
1.次の人は使用しないこと
(1)本剤またはヨウ素による過敏症状(発疹・発赤,かゆみ,浮腫など)を起こしたことのある人
(2)甲状腺疾患のある人
(3)2歳未満の乳幼児
2.長期連用しないこと
3.大量に使用しないこと
■相談すること
1.次の人は使用前に医師または薬剤師に相談すること
(1)医師または歯科医師の治療を受けている人
(2)妊婦,または妊娠していると思われる人
(3)授乳中の人
(4)本人または家族がアレルギー体質の人
(5)薬によりアレルギー症状を起こしたことがある人
(6)患部が広範囲の人または口内のただれがひどい人
2.次の場合は,直ちに使用を中止し,この説明書きを持って医師または薬剤師に相談すること
(1)使用中または使用後,次の症状があらわれた場合
[関係部位:症状]
口:あれ,しみる,灼熱感,刺激感
皮ふ:発疹・発赤,かゆみ
消化器:悪心,吐気
その他:胸苦しさ,不快感
まれに次の重篤な症状が起こることがあります
その場合は直ちに医師の診療を受けること
[症状の名称:症状]
ショック(アナフィラキシー):使用後すぐにじんましん,浮腫,胸苦しさなどとともに,顔色が青白くなり,手足が冷たくなり,冷や汗,息苦しさなどがあらわれる
アナフィラキシー様症状:胸苦しさ,むくみ,じんましん,発疹などがあらわれる
(2)5?6日間使用しても症状がよくならない場合

のどぬーるの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しいところに密栓して立てて保管すること
(2)小児の手の届かないところに保管すること
(3)他の容器に入れ替えないこと(誤用の原因になったり品質がかわる)
●使用中に液がこぼれ衣類などが着色したら,すぐに水洗いすること

のどぬーるが気になる人向けのコラム

肥満の基準BMI25以上で肥満は日本だけ-やせすぎも危険

「賢い健診講座」では、これまで一般健診や人間ドックで使われている検査項目の科学的根拠や基準値の意味について考えてきました。これからは、各検査項目について一つ一つ具体的にみていきましょう。今回はBMIと腹囲についてです。
BMI(bod... 続きを読む

健康診断の結果の見方-前年との推移も確認しよう

健康診断の中でも人間ドックは検査項目が多く、報告書が手元に届いてすべての項目が問題なしという人は少ないでしょう。しかし、それぞれの検査項目は前回の「賢い健診講座2」で示したように重要度が異なっています。今後それぞれの検査項目についてみてい... 続きを読む

災害時のストレスからくる不調はどうすればいい? 6つの対策法

3月11日に発生した東日本大震災は東北地方太平洋沿岸を中心に、広い範囲にわたって甚大な被害をもたらしました。地震後しばらくは、津波による被害を伝える映像がテレビなどでくり返し放映され、日本中に衝撃を与えました。頻発する余震と福島第一原発の... 続きを読む

緑茶の6つの健康効果-茶葉から淹れたお茶の方が栄養分は豊富

古くは中国から伝わったものですが、食後の一服や「ホッ」と一息というとき、また気分をしゃんとさせたいときにも、緑茶は私たち日本人にとって欠かせない飲みものとなっています。
緑茶は、かつては薬として貴族たちの間で珍重されていました。ビタミン... 続きを読む

いざというときに役立つ自分のカルテ「健康手帳」を作ってみよう

私は東京の総合病院で働く内科医です。これまで都市、地方、米国などの病院で働いた経験がありますが、どこで働いていたときも、私が病院でお目にかかることができるのは、健康に関してすでに何らかの問題がおきてしまった方々です。
内科医の仕事は、... 続きを読む