イソジンのどフレッシュFの効能・用量・副作用など

イソジンのどフレッシュFの基本情報

イソジンのどフレッシュF

イソジンのどフレッシュF

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 口腔咽喉薬(せき,たんを標榜しないトローチ剤を含む)
形状 噴霧剤
製造販売会社 MeijiSeikaファルマ
販売会社 明治
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

イソジンのどフレッシュFの特徴

(1)イソジンのどフレッシュFは,有効成分ポビドンヨードをのどの患部に直接噴射する「のど用治療薬」です。
(2)風邪やタバコ等で,のどの炎症が気になる時,携帯に便利なオーバーキャップ式の使いやすい容器なので,いつでもどこでも手軽に使用することができます。
(3)ツインノズル(2つの噴射口)だから,痛んだのどの広い範囲に薬液が直射し,のどスッキリさわやかです。

イソジンのどフレッシュFの効能効果

のどの炎症によるのどあれ・のどの痛み・のどのはれ・のどの不快感・声がれ

イソジンのどフレッシュFの用法用量

1日数回適量をのどの粘膜面に噴射塗布してください。
(用法関連注意)
(1)ノズルをのどの患部にむけて,アーッと声を出しながら2?3回直射してください。(息を吸いながら使用すると,液が気管支や肺に入ることがあります。)
(2)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(3)本剤はのどの患部への噴射塗布だけに使用し,キズややけどへの使用や,内服はしないでください。
(4)目に入らないように注意してください。万一,目に入った場合には,すぐに水又はぬるま湯で洗ってください。なお,症状が重い場合には,眼科医の診療を受けてください。
(5)定められた用法,用量を厳守してください。

イソジンのどフレッシュFの成分分量

1mL中
ポビドンヨード 4.5mg (有効ヨウ素0.45mg)
(添加物)
l-メントール,ユーカリ油,グリセリン,エタノール,香料,その他2成分

イソジンのどフレッシュFの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります)
1.次の人は使用しないでください。
本剤又は本剤の成分によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2.長期連用しないでください。
■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(2)授乳中の人。
(3)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(4)次の症状のある人。
口内のひどいただれ
(5)次の診断を受けた人。
甲状腺機能障害
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
口:あれ,しみる,灼熱感,刺激感
消化器:吐き気
その他:不快感
まれに次の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
[症状の名称:症状]
ショック(アナフィラキシー):使用後すぐに,皮膚のかゆみ,じんましん,声のかすれ,くしゃみ,のどのかゆみ,息苦しさ,動悸,意識の混濁等があらわれる。
3.5?6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。

イソジンのどフレッシュFの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わることがあります。)
(4)衣服等に付着すると着色しますので注意してください。なお,付着した場合にはすぐに水でよく洗い落としてください。
(5)火気に近づけないでください。
(6)ノズルの先端を針等で突くと折れた時に大変危険ですので,絶対にやめてください。
(7)本剤を使用していると最後に噴射しきれずに容器内に薬液が残りますが,表示された内容量を噴射できるよう考慮した量を入れてあります。
(8)使用期限を過ぎた製品は使用しないでください。

イソジンのどフレッシュFに効果効能が似た薬

イソジンのどフレッシュFが気になる人向けのコラム

美声の秘訣は免疫力にあるらしい|キレイな声は説得力がある?

ボイストレーナーとして、ビジネスマンや企業研修の場で、発声や話し方の指導を行う秋竹朋子さん。一児の母でもあり、子ども向けのリトミック教室も開くなど、エネルギッシュに活躍する秋竹さんのパワーの源は? 毎朝の深呼吸が免疫力アップのヒケツ ... 続きを読む

親の喫煙が子どもの健康に与える恐い影響

毎年5月31日は、WHO(世界保健機関)が定める世界禁煙デーです。2008年は、若者がタバコの常習使用者になることを防ぐために、「若者へのタバコの売り込みをやめさせよう」というテーマが掲げられました。
わが国では、未成年者の喫煙防止の... 続きを読む

30代でもなる五十肩-2つのセルフチェックポイントと予防法

「ある日突然、肩が上がらなくなった」「肩の痛みで眠れない」「じっとしていても肩が痛む」といった症状が出たら、それは五十肩かもしれません。五十肩といっても実際は40代から50代にかけての発症が多く、最近では30代でもみられるなど若年化する傾... 続きを読む

女性にとって喫煙はこんなに怖い-タバコ顔や妊娠にも影響

1989年、世界保健機関(WHO)が5月31日を世界禁煙デーと定めてから20年近くたっていますが、日本でも最近は公共の場や職場の禁煙化がどんどん進み、今年に入ってからは一部の新幹線では全面禁煙の列車が出ています。名古屋地区では5月からタク... 続きを読む

「ヨーグルト」が菌による膣の炎症に効果あり!

「カンジダ」とはどのような病気?

真菌(しんきん)(カビ)の一種であるカンジダは腟内の常在菌のひとつです。
カンジダが異常増殖することによって、外陰部の皮膚に症状を来す疾患を外陰カンジダ症といいます。通常、腟炎(ちつえん)を合併す... 続きを読む