カイゲンのどスプレーの効能・用量・副作用など

カイゲンのどスプレーの基本情報

カイゲンのどスプレー

カイゲンのどスプレー

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 口腔咽喉薬(せき,たんを標榜しないトローチ剤を含む)
形状 液剤
製造販売会社 池田薬品工業
販売会社 カイゲンファーマ
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

カイゲンのどスプレーの特徴

私たちが常に行っている呼吸。このときの空気の通り道を「気道」といいます。気道では,せん毛と粘液によって,吸い込んだ空気から,ほこりや細菌などを取り除くとともに,のどに適当な湿り気を与えています。ところが,のどを使いすぎたり,汚れた空気やタバコなどの刺激によって,この機能がおとろえ,のどが炎症をおこして,痛くなったり,はれたり,荒れたりします。のどが乾いてきたな,イガイガするな,と思ったら炎症の始まりです。こんなときにはカイゲンのどスプレーで早めにお手当してください。
カイゲンのどスプレーの,甘味と清涼感のある液体が,のど粘膜に直接作用して,荒れたのどをラクにします。本品はスリムなボトルで携帯にも便利です。

カイゲンのどスプレーの効能効果

のどの炎症によるのどの痛み・のどのあれ・のどのはれ・のどの不快感・声がれ

カイゲンのどスプレーの用法用量

1日数回適量をのどの粘膜面に噴射塗布してください。
(用法関連注意)
(1)ノズルをのどの患部に向けて,「アー」と声を出しながら2?3回直射してください。
(息を吸いながら使用すると,液が気管支や肺に入るおそれがあります。)
(2)本剤はのどの患部への直接噴射のみに使用し,キズややけどへの使用や内服はしないでください。
(3)目に入らないように注意してください。(噴射に際しては,軽く目を閉じてください。)万一目に入った場合には,すぐ水又はぬるま湯で洗い,ただちに眼科医の診療を受けてください。
(4)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(5)用法・用量を厳守してください。

カイゲンのどスプレーの成分分量

1mL中
ポビドンヨード 4.5mg
(添加物)
ヨウ化カリウム,アスパルテーム(L-フェニルアラニン化合物),プロピレングリコール,グリセリン,l-メントール,香料

カイゲンのどスプレーの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります)
1.次の人は使用しないでください
本剤又は本剤の成分によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2.長期連用しないでください
■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(2)授乳中の人。
(3)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(4)次の症状のある人。
口内のひどいただれ
(5)次の診断を受けた人。
甲状腺機能障害
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この説明文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
口:あれ,しみる,灼熱感,刺激感
消化器:吐き気
その他:不快感
まれに次の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
[症状の名称:症状]
ショック(アナフィラキシー):使用後すぐに,皮膚のかゆみ,じんましん,声のかすれ,くしゃみ,のどのかゆみ,息苦しさ,動悸,意識の混濁等があらわれる。
3.5?6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この説明文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください

カイゲンのどスプレーの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因となったり品質が変わります。)
(4)衣服等に付着したときは,すぐに水で洗い流してください。
(5)火気に近づけないでください。
(6)冬季(低温時)には,液の粘度が高くなり出にくいことがあります。
そのときは手のひらなどで温めてから使用してください。
(7)容器または外箱に表示の使用期限が過ぎた製品は使用しないでください。

カイゲンのどスプレーが気になる人向けのコラム

美声の秘訣は免疫力にあるらしい|キレイな声は説得力がある?

ボイストレーナーとして、ビジネスマンや企業研修の場で、発声や話し方の指導を行う秋竹朋子さん。一児の母でもあり、子ども向けのリトミック教室も開くなど、エネルギッシュに活躍する秋竹さんのパワーの源は? 毎朝の深呼吸が免疫力アップのヒケツ ... 続きを読む

耳そうじはどれぐらいの間隔でするべき? 正しい耳そうじの仕方

皆さんは耳そうじを定期的にしていますか?
定期的にといっても週に何回もやる必要はないのですが、かといって1年に1回とか2~3回などというのも、ちょっと問題かもしれません。そんなに放っておいて、耳の中がかゆくなったりすることはないのでしょう... 続きを読む

「ヨーグルト」が菌による膣の炎症に効果あり!

「カンジダ」とはどのような病気?

真菌(しんきん)(カビ)の一種であるカンジダは腟内の常在菌のひとつです。
カンジダが異常増殖することによって、外陰部の皮膚に症状を来す疾患を外陰カンジダ症といいます。通常、腟炎(ちつえん)を合併す... 続きを読む

O脚の予防になる!2つの簡単ストレッチでまっすぐ美脚を目指す

メイクや服装もバッチリきめて、いざ外出!
でも、歩く姿や立ち姿がO脚では素敵に見えません。
ところで、O脚とは脚をそろえてまっすぐ立ったとき、ひざ頭の間にすき間ができる状態。骨の変形が原因と思われがちですが、実は脚の内側の筋肉が弱るこ... 続きを読む

親の喫煙が子どもの健康に与える恐い影響

毎年5月31日は、WHO(世界保健機関)が定める世界禁煙デーです。2008年は、若者がタバコの常習使用者になることを防ぐために、「若者へのタバコの売り込みをやめさせよう」というテーマが掲げられました。
わが国では、未成年者の喫煙防止の... 続きを読む