クリーンピットAZの効能・用量・副作用など

クリーンピットAZの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 口腔咽喉薬(せき,たんを標榜しないトローチ剤を含む)
形状 噴霧剤
製造販売会社 日本点眼薬研究所
販売会社 明治
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

クリーンピットAZの特徴

近頃,風邪だけではなくタバコの吸いすぎや,大気の汚染に伴い,のどに痛みや不快感を覚える人が多く見られます。汚れた空気中には目に見えない多くの刺激物質が存在していますから,このような環境の中で生活していると,のどの粘膜は知らず知らずのうちに汚れて,のどに炎症を起し,のどに痛みを生じたり,種々の不快な症状が現れます。この〔クリーンピットAZ〕は,そんな痛んだのどの炎症をしずめ,痛みを緩和し不快なのどを正常な状態に治します。また同様に,口内炎による炎症をしずめ,痛みを緩和します。
クリーンピットAZの特長
その1.主成分 水溶性アズレン
クリーンピットAZの主成分は,ヨーロッパで民間薬として古くから使用されてきたカミツレというハーブ系の薬草の研究から得られた成分で,すぐれた消炎作用を有する水溶性アズレン(アズレンスルホン酸ナトリウム水和物)という成分です。患部の炎症をしずめると同時に,傷んだ粘膜細胞の再生・修復を促進する作用により,患部の炎症をしずめ,のどの痛みや不快感を取り去ります。ですから,口内炎にもよく効きます。
その2.霧状に噴射されるミスト式スプレー
薬が霧状に噴射されるため,患部全体に薬が行き届きます。また,正確に適量の薬が患部に到達するようにノズルと噴射量の設計に工夫を施しました。
その3.おしゃれなデザイン
容器はコンパクトでおしゃれなデザインを採用しました。使いやすく収納や携帯に便利ですので,いつでもどこでも手軽に使用することができます。また,オーバーキャップ付きですのでいつでも清潔にご使用いただけます。
その4.さわやかな使用感
ハーブ系の薬草の研究から得られた水溶性アズレンにメントールを配合しているので,すっきりしたさわやかな使用感が得られます。

クリーンピットAZの効能効果

のどの炎症によるのどのあれ・のどのいたみ・のどのはれ・のどの不快感・声がれ,口内炎

クリーンピットAZの用法用量

1日数回適量を患部に噴射塗布して用いる。
(1)キャップをはずし,ノズルをのどに向けて2?3回噴射してください。
なお,初回使用時は,液が出るまで4?5回押してください。
(2)使用後はしっかりキャップを閉めてください。
(用法関連注意)
(1)のどの炎症がひどい場合には,のどの患部にノズルをむけて,軽く息をはきながら,3?5回直射してください。(息を吸いながら使用すると液が気管支や肺に入ることがあります)
(2)定められた用法,用量を厳守してください。
(3)塗布のみに使用し,内服しないでください。
(4)目に入らないように注意してください。万一目に入った場合には,すぐ水又はぬるま湯で洗い,直ちに眼科医の診察を受けてください。
(5)小児に使用する場合には,特に注意し,保護者の指導監督のもとに使用してください。

クリーンピットAZの成分分量

1mL中
アズレンスルホン酸ナトリウム水和物(水溶性アズレン) 0.2mg
(添加物)
グリセリン,クエン酸ナトリウム水和物,エタノール,l-メントール,香料

クリーンピットAZの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は使用前に医師,歯科医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)医師又は歯科医師の治療を受けている人。
(2)薬などによりアレルギー症状(例えば発熱,発疹,関節炎,ぜんそく,かゆみなど)を起こしたことがある人。
(3)口中のただれがひどい人。
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この文書を持って医師,歯科医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
〔関係部位:症状〕
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
口:刺激感
3.5?6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この文書を持って医師,歯科医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。

クリーンピットAZの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない涼しい場所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わることがあります)
(4)火気に近づけないでください。
(5)使用期限をすぎた製品は使用しないでください。
(6)本品使用後の一定時間は,呼気中に酒気帯び運転と判定される濃度以上のアルコール濃度が検出される可能性がありますので,運転中のご使用はお控えください。

クリーンピットAZが気になる人向けのコラム

美声の秘訣は免疫力にあるらしい|キレイな声は説得力がある?

ボイストレーナーとして、ビジネスマンや企業研修の場で、発声や話し方の指導を行う秋竹朋子さん。一児の母でもあり、子ども向けのリトミック教室も開くなど、エネルギッシュに活躍する秋竹さんのパワーの源は? 毎朝の深呼吸が免疫力アップのヒケツ ... 続きを読む

「ヨーグルト」が菌による膣の炎症に効果あり!

「カンジダ」とはどのような病気?

真菌(しんきん)(カビ)の一種であるカンジダは腟内の常在菌のひとつです。
カンジダが異常増殖することによって、外陰部の皮膚に症状を来す疾患を外陰カンジダ症といいます。通常、腟炎(ちつえん)を合併す... 続きを読む

バレリアン

「 最近、よく眠れない…」と感じたことありませんか?
でも、睡眠薬はちょっとイヤ、そんな時には、バレリアンというハーブがおすすめです。 「 バレリアンは、古代ギリシャ・ローマ時代から重宝されてきた薬草。名前の由来は、ラテン語で“健康になる”... 続きを読む

口内炎の3つのタイプ-口内炎だと思ったらがんだった3つのケース

口の中の小さなできもの「口内炎」。たとえ小さくても、舌で触れたり、食事をするたびに痛んで、とても気になりますね。
口内炎は口の中の粘膜に起こる炎症の総称で、舌や唇、歯ぐき、頬の内側など、さまざまな場所にできます。原因もいろいろですが、代... 続きを読む

パワーを秘めたミドリムシダイエット

ミドリムシ
ミドリムシを摂取してダイエットをする方法が話題になっています。
ミドリムシと言えば生物の授業で習ったイメージで食べられるの?とお思いの方も多いと思いますが、
健康効果があるとサプリメントや、パウダーとして販売されているん... 続きを読む