小太郎漢方胃腸薬の効能・用量・副作用など

小太郎漢方胃腸薬の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 安中散
形状 錠剤
製造販売会社 小太郎漢方製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 先発薬: 安中散   

小太郎漢方胃腸薬の特徴

多忙な現代は,ストレス社会ともいわれ,胃痛,腹痛,はきけなど胃の調子でお悩みの方が増えています。
小太郎漢方胃腸薬は,食欲不振,はきけなどを伴う神経性の胃炎,また慢性的に経過している胃炎に効果があります。
なお,冷たい物や刺激物を控えるなど食生活にも気をつけましょう。

小太郎漢方胃腸薬の効能効果

やせ型で腹部筋肉が弛緩する傾向にあり,胃痛または腹痛があって,ときに胸やけ,げっぷ,食欲不振,はきけなどを伴う次の諸症:神経性胃炎,慢性胃炎,胃アトニー

小太郎漢方胃腸薬の用法用量

食前または食間に服用してください。
食間とは……食後2?3時間を指します。
[年齢:1回量:1日服用回数]
大人(15歳以上):3錠:3回
15歳未満5歳以上:2錠:3回
5歳未満:服用しないでください
(用法関連注意)
小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。

小太郎漢方胃腸薬の成分分量

9錠中
水製エキス 0.85g (ケイヒ・ブクリョウ各2.5g,エンゴサク・ボレイ各2g,ウイキョウ1g,シュクシャ・カンゾウ各0.75g,リョウキョウ0.35g)
(添加物)
酸化チタン,ステアリン酸マグネシウム,タルク,トウモロコシデンプン,乳糖水和物,ヒドロキシプロピルメチルセルロース2910,メタケイ酸アルミン酸マグネシウム,カラメル,カルナウバロウ,サラシミツロウ

小太郎漢方胃腸薬の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師または薬剤師に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦または妊娠していると思われる人。
(3)今までに薬により発疹・発赤,かゆみ等を起こしたことがある人。
2.次の場合は,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師または薬剤師に相談してください
(1)服用後,次の症状があらわれた場合
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤,かゆみ
(2)1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合

小太郎漢方胃腸薬の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
(誤用の原因になったり品質が変わることがあります)
(4)ぬれた手や湿気を帯びた手で取り扱わないでください。水分は錠剤の色や形が変わる原因になります。
(5)ビンのフタのしめ方が不十分な場合,湿気等の影響で錠剤の品質が変わることがありますので,服用のつどフタをよくしめてください。
(6)ビンの中の詰めものは,フタをあけた後はすててください。
(詰めものは,輸送中に錠剤が破損することを防ぐためのものですので,再使用されると異物の混入や湿気により品質が変わる原因になることがあります)
(7)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。
(8)箱とビンの「開封年月日」記入欄に,ビンを開封した日付を記入してください。

小太郎漢方胃腸薬が気になる人向けのコラム

辛い胸やけやげっぷ【逆流性食道炎】の対策

脂っこい食べ物を控える

胃酸の過剰な分泌はげっぷを起こしやすくし、げっぷが出るときは下部食道括約筋が緩みますから胃液などが逆流しやすくなるのです。
胃液が逆流して胸焼けを起こす胃食道逆流症


肥満の解消、油ものやチョコレー... 続きを読む

ローフードダイエットでデトックスやせ!

ローフード
「ローフード」という言葉を皆さんはご存知でしょうか。

ローフードは英語で「Raw Food」と書き、そのまま「生の食材」という意味です。

ローフード、つまり生の食材には酵素がふんだんに含まれており、身体の外から食... 続きを読む

レッグマジックで目指せ足やせ!

レッグマジック
下半身太りの悩みというのはなかなか解消できるものではありません。食事制限などをしても痩せていくのはバストだけ、といった悩みを抱えているかたも多いと思われます。そういった方にお勧めなのがレッグマジックを使ったダイエット方法... 続きを読む

GI値のこんにゃくで低インシュリンやせ!

こんにゃく 低GI値
ダイエットに取り組む際の食事制限をする時に、脂肪分などの脂質を控える人や炭水化物などの糖質の摂取量を控える人は多いですが、炭水化物のGI値を気にする人はあまり居ないのが現状です。

今回ご紹介する「こんにゃく ... 続きを読む

認知症の治療に効果的な方法とは-予防するための10の習慣

認知症といえば、本人の記憶力をはじめとする認知機能の変化に気をとられがちです。これに対して最近では、本人の心身の状態から生活の質(QOL)全体を見据えた対応、さらには本人だけでなく介護者をはじめとする家族のQOLまで含めた対応が重要視され... 続きを読む