加味帰脾湯エキス顆粒KMの効能・用量・副作用など

加味帰脾湯エキス顆粒KMの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 加味帰脾湯
形状 散剤
製造販売会社 カーヤ
販売会社 一元製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

加味帰脾湯エキス顆粒KMの効能効果

体力中等度以下で,心身が疲れ,血色が悪く,ときに熱感を伴うものの次の諸症:貧血,不眠症,精神不安,神経症

加味帰脾湯エキス顆粒KMの用法用量

食前又は食間に服用する。
[年齢:1回量:1日服用回数]
大人(15歳以上):3.0g:3回
小児 15歳未満7歳以上:2.0g(約2/3匙):3回
7歳未満4歳以上:1.5g(約1/2匙):3回
4歳未満2歳以上:1.0g(約1/3匙):3回
2歳未満:0.75g(約1/4匙)以下:3回
(用法関連注意)
(1)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させること。
(2)1歳未満の乳児には,医師の診療を受けさせることを優先し,やむを得ない場合にのみ服用させること。

加味帰脾湯エキス顆粒KMの成分分量

9g中
加味帰脾湯水製乾燥エキス 5g (サイコ・サンソウニン・ニンジン・ソウジュツ・ブクリョウ・リュウガンニク各3g,オウギ・サンシシ・トウキ各2g,オンジ・タイソウ各1.5g,カンゾウ・モッコウ各1g,ショウキョウ0.5g)
(添加物)
乳糖,ステアリン酸マグネシウム

加味帰脾湯エキス顆粒KMの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなる)
次の人は服用しないこと
生後3ヵ月未満の乳児。
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)高齢者。
(4)今までに薬などにより発疹・発赤,かゆみ等を起こしたことがある人。
(5)次の症状のある人。
むくみ
(6)次の診断を受けた人。
高血圧,心臓病,腎臓病
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
まれに次の重篤な症状が起こることがある。その場合は直ちに医師の診療を受けること。
[症状の名称:症状]
偽アルドステロン症:手足のだるさ,しびれ,つっぱり感やこわばりに加えて,脱力感,筋肉痛があらわれ,徐々に強くなる。
ミオパチー:手足のだるさ,しびれ,つっぱり感やこわばりに加えて,脱力感,筋肉痛があらわれ,徐々に強くなる。
3.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
4.長期連用する場合には,医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること

加味帰脾湯エキス顆粒KMの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと。(誤用の原因になったり品質が変わる。)

加味帰脾湯エキス顆粒KMが気になる人向けのコラム

【アラフォー妊娠ライフ】妊娠5ヵ月・心身ともに安定し、前向きな気分です!

マタニティライフも5ヵ月、待ちに待った安定期に突入しました!
一般的にはつらいつわりも終わり、体調が安定してくる時期。妊娠してから疲れやすく休日は寝倒していた私も、友達に会ったり、ショッピングセンターに行く元気が出てきました! おなか... 続きを読む

眠たいのに寝られない、これって不眠症?

不眠症とは?
眠りたいのに眠れない、これは本当につらい経験です。眠れないからイライラしたり焦ったりして、また余計に眠れない…なんていう悪循環に思い当たる人も多いでしょう。


不眠症とは、実際の睡眠時間の長短にかかわらず睡眠不足感... 続きを読む

ウルトラマラソン完走でわかった「走った翌日に疲れを残さない食べ物」

マラソン大会のシーズンたけなわ。エントリーした大会の出場を控えている人も多いのではないでしょうか。 秋風そよぐ中、全国各地で魅力的なコースを走るマラソンの楽しみは格別ですが、忘れてならないのがラン前後のケア。ぶっつけ本番の人はもちろん、... 続きを読む

精神的な落ち着きや血圧低下も?チョコレートの意外な効能

チョコレートに含まれるカカオポリフェノールには、美白効果や動脈硬化の予防など、体に良いはたらきがあることが知られています。その効果を検証する大規模な実証研究が行われ、チョコレートの健康効果が明らかになりました。 血圧低下や善玉コレステ... 続きを読む

脳の疲れには休むより「運動」が効果的!? おすすめの運動法

進学や就職、職場の異動などで環境が変わった人も、新しい環境に慣れたころでしょうか。それでもまだ緊張続きでストレスがたまっている人、あるいは環境は変わらないけれど、人間関係や仕事上の悩みで精神的に疲れているという人も少なくないでしょう。そし... 続きを読む