甘草瀉心湯の効能・用量・副作用など

甘草瀉心湯の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 甘草瀉心湯
形状 その他
製造販売会社 東洋漢方製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

甘草瀉心湯の特徴

本剤は,漢方の古典「傷寒論」「金匱要略」に収載されている甘草瀉心湯に準拠して製造された煎薬用の紙パック剤です。

甘草瀉心湯の効能効果

みぞおちがつかえた感じのある次の諸症:胃・腸炎,口内炎,口臭,不眠症,神経症

甘草瀉心湯の用法用量

大人(15才以上)は1包(1日量)につき水400mLを加えあまり強くない火にかけ200mLに煮つめ,紙袋とともに煎じかすを取り去り,食前1時間前又は食間空腹時に温服して下さい。小人(15才未満4才以上)は下記の量を食間空腹時に温服して下さい。
[年齢:1包(1日量)煎じ液:1日服用回数]
大人(15才以上):全量:3回?2回に分けて
15才未満7才以上:2/3量:3回に分けて
7才未満4才以上:1/2量:3回に分けて
4才未満:服用しないこと
(用法関連注意)
(1)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させること。
(2)定められた用法・用量を厳守すること。

甘草瀉心湯の成分分量

1包(20.5g)中
ハンゲ 5g
オウゴン 2.5g
チクセツニンジン 2.5g
カンゾウ 4.5g
タイソウ 2.5g
オウレン 1g
カンキョウ 2.5g
(添加物)
なし

甘草瀉心湯の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)高齢者。
(4)今までに薬などにより発疹・発赤,かゆみ等を起こしたことがある人。
(5)次の症状のある人。:むくみ
(6)次の診断を受けた人。:高血圧,心臓病,腎臓病
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
まれに次の重篤な症状が起こることがある。その場合は直ちに医師の診療を受けること。
[症状の名称:症状]
偽アルドステロン症,ミオパチー:手足のだるさ,しびれ,つっぱり感やこわばりに加えて,脱力感,筋肉痛があらわれ,徐々に強くなる。
3.1カ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること。
4.長期連用する場合は,医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること

甘草瀉心湯の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管すること。
(2)小児の手のとどかない所に保管すること。
(3)誤用をさけ,品質を保持するため,他の容器に入れかえないこと。
(4)煎じ薬は腐敗しやすいので,冷暗所又は冷蔵庫等に保管し,服用時に再加熱して服用すること。

甘草瀉心湯が気になる人向けのコラム

眠たいのに寝られない、これって不眠症?

不眠症とは?
眠りたいのに眠れない、これは本当につらい経験です。眠れないからイライラしたり焦ったりして、また余計に眠れない…なんていう悪循環に思い当たる人も多いでしょう。


不眠症とは、実際の睡眠時間の長短にかかわらず睡眠不足感... 続きを読む

口臭を引き起こす「ドライマウス」てどんな病気?

ドライマウスとは

唾液(だえき)分泌量が低下して唾液の質に異常を来し、のどが渇いたり口のなかが乾燥し、痛みや不快感が生じます。
口腔乾燥症(ドライマウス) - goo ヘルスケア


クッキーやクラッカーなど水分の少ない食品... 続きを読む

みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?

お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛?
それとも、ほかの病気?
どんな痛みがどの位置で起こったかで、疑われる病気がある程度わかります。自分の症状と照らし合わせてみましょう。 腹痛には重篤な病気の前兆かも お腹の上部には、特に重要... 続きを読む

時間がたつと恋愛がうまくいかなくなる理由-相手に魅かれた所は?

あなたは今、好きな人、いますか?好きになるって本当に不思議。どうして?いつのまに?韓国のドラマ『冬のソナタ』では、「本当に好きなときは、理由なんてない」というようなセリフがあります。心がきゅん、とした瞬間や「え?!」とそれまでと違った印象... 続きを読む

こころと体の関係-朝、おなかが痛いのはストレスが原因かも?

ストレスの時代といわれて久しくなりますが、その傾向はますます強くなっているのではないかと思います。人は生きている以上誰でも多かれ少なかれストレスを抱えており、適度なストレスはむしろ良いとさえ言われます。けれども目に見えにくいストレスは知ら... 続きを読む